Return to年代順邦画備忘録Top pageHOME PAGE
平成五年(1993)
ソナチネ そなちね
監督 北野武
公開年 1993年
評点[A’]
感想
Amazon
ソナチネ
ソナチネ

 今日は、北野武監督のソナネチ!……もとい、『ソナチネ』を観た。平成五年(1993)の作品。

 暴力団幹部の村川(北野武)は、ある日突然、友誼関係にある沖縄の組への助っ人として子分たちと共に沖縄行きを命ぜられるが、向こうではかえって厄介者あつかいされ、海岸近くの廃屋に身を隠す。しかし、それには裏があった。

 この作品では、かなり“キタノ・ブルー”の色調が意識的に用いられ、沖縄がトロピカルな南国ムードではなく、非常に乾いた冷ややかなところとしてとらえられている。廃屋での紙相撲や、海岸で相撲をして遊ぶシーンなども有名で、ここは映像的にも非常に面白かった。もちろん暴力描写も健在。
 巷間では、これを北野作品のベストとする人が多いようだ。確かに、映像美は素晴らしい。ただ、あまりにも登場人物の行動が淡々としており、イメージ・ショットも少々多すぎるように見え、私にはちょっと難しかったかも。

 この作品が公開時には不入りだったのは、題名が「コマネチ!」を連想させたのが大きな原因だろう(爆)。あと、魚が串刺しになっている妙なポスターも、まずかったのかもしれない(笑)。(2000/11/20)

機動警察パトレイバー2 the Movie きどうけいさつぱとれいばあつうざむうびい
監督 押井守
公開年 1993年
評点[A’]
感想
Amazon
機動警察パトレイバー2 the Movie
パトレイバー2
the Movie
Amazon
機動警察パトレイバー2 the Movie Limited Edition
パトレイバー2
the Movie
Limited Edition
Amazon
PATLABOR MOVIE ARCHIVES
PATLABOR
MOVIE
ARCHIVES

 今日は、押井守監督のアニメ映画『機動警察パトレイバー2 the Movie』を観た。平成五年(1993)の作品。『パトレイバー』の劇場版第2弾。脚本は伊藤和典、キャラクターデザインは高田明美&ゆうきまさみ。

 2002年、突然の横浜ベイブリッジ爆破に始まる一連の事件により、東京は事実上の戒厳令下におかれた。自衛隊情報部の荒川(声:竹中直人)の依頼によって密かに捜査を開始した後藤喜一(声:大林隆介)と南雲しのぶ(声:榊原良子)は、柘植行人(声:根津甚八)という男が全ての事件の背後にいることを知る。混乱に陥った東京で、かつての特車二課第二小隊の仲間たちが再び集結する。

 アニメとしては異色の社会派タッチのストーリーで注目を集めた。前作以上に押井色が全編を覆っている。しかも、南雲と柘植という中年男女のメロドラマが一つの柱となっていて、篠原遊馬(声:古川登志夫)・泉野明(声:冨永みーな)などの元特車二課の面々が脇役になっているのも異例のことだった。
 前作から4年を経て、さらに映像表現が進歩している。初めて観たときは、本当に驚いた。特に、冒頭のベイブリッジと航空自衛隊のスクランブルのシーンは、川井憲次の音楽とも相まってドキドキものだった。映像のダイナミズムが素晴らしい。このダイナミックな映像美こそ押井作品の肝(きも)だと思うのだが、これより後の作品では……。
 ただし、今観ると脚本が弱い。柘植の動機が漠然としすぎていて、あれでは同志や資金を集められるわけがないのでは。悪くすれば、内乱罪で死刑になるんだから。たとえ仲間を集めるための方便であっても、もう少し明確でなければ。その辺がハッキリしないと、作り手がああいうシチュエーションを描きたかっただけなのでは、と思えてしまう(実際そうなんだろうけど)。
 相変わらず旧約聖書の一節を引用したり、柘植行人が「告げゆく人」のメタファだったり、しばしば語られる長台詞などの押井節は、かなり好みの別れるところだろう。長台詞は台本を朗読しているみたいだし。

 しかし、映像が凄いので、内容の好みは別として誰でも一見の価値はあると思う。押井作品の第2のピークかもしれない。ちなみに、第48回毎日映画コンクールのアニメーション映画賞を受賞している。(2000/12/06)

平成五年(1993)
掲示板 Return to年代順邦画備忘録Top pageHOME PAGE