Return to年代順邦画備忘録Top pageHOME PAGE
平成六年(1994)
平成狸合戦ぽんぽこ(総天然色漫画映画 平成狸合戦ぽんぽこ) へいせいたぬきがっせんぽんぽこ
監督 高畑勲
公開年 1994年
評点[A’]
感想
Amazon
平成狸合戦ぽんぽこ
平成狸合戦ぽんぽこ

 今日は、高畑勲監督のアニメ映画『平成狸合戦ぽんぽこ』を観た。平成六年(1994)の作品。

 昭和四十年代、多摩丘陵では前例のない大開発である多摩ニュータウンの造成が始まり、狸たちはあっという間に追いつめられていった。長老の古狸である鶴亀和尚(声:柳家小さん)・おろく婆(声:清川虹子)たちや若手の正吉(声:野々村真)・権太(声:泉谷しげる)らは一致団結して、廃れていた“化学(ばけがく)”を復興させて人間たちに対抗しようとするが、敵はなかなか手ごわくて……。

 高畑勲監督自身の原作・脚本による作品。確か、高畑監督の完全オリジナルは今のところこの一本だけだと思う。
 はっきりと自然保護がテーマであり、狸たちの闘いが成田闘争などの政治闘争のパロディであることから、ジブリ作品としてはかなり世評が低い作品になっている。実際、狸たちが闘争の中で分裂して過激な行動に走る一派が出たり、議論の際に生硬な台詞を口にしたり(ちょっとだけ押井守作品を思い出した)、資本主義があからさまに風刺されていたり、思想色が強すぎる点は否めない。なんでも台詞で表現しすぎるきらいもある。
 といっても、メインキャストが狸なので、その表現はユーモアが加えられていて観やすくなっている。狸の“変化〔へんげ〕”はアニメーションの特性を活かして自由奔放。観ていて飽きない。音楽の使い方も良い。高畑監督は音楽の使い方は宮崎駿監督より上手いかな?
 また、思想的にも、単に現代日本社会を否定するのではなく、現代人はこの世界で生きていくしかないのだという“諦観”の念が強いように感じられた。アニメーションが現代のテクノロジーに高度に依存していることは充分に自覚しているようだ。加えて、人間というものは欲望があるので理想的な共産主義(社会主義)社会は成立せず、資本主義社会しか成り立たないと考えているようにも思えた(深読みしすぎかもしれないが)。

 アニメーション表現の奔放さと、現代日本社会を全否定しているわけではなくちょっとほろ苦さを感じさせる風刺をしている点から、個人的にはさほど後味は悪くない。映像表現も含めれば、酷評するほどの作品ではないと思う。興行成績の良かった高畑監督の前作『おもひでぽろぽろ』よりこちらの方が好きだ。
 声優として有名芸能人を使うのはジブリの常套手段だが、この作品では柳家小さんを初めとして芦屋雁之助・清川虹子そしてナレーションの古今亭志ん朝など、現在では物故した人たちが声優を務めているのが貴重かもしれない。(2005/11/05)

忠臣蔵外伝 四谷怪談 ちゅうしんぐらがいでんよつやかいだん
監督 深作欣二
公開年 1994年
評点[A’]
感想
Amazon
忠臣蔵外伝 四谷怪談
忠臣蔵外伝 四谷怪談
Amazon
深作欣二監督 シリーズ1 FUKASAKU KINJI WORKS Vol.1
深作欣二監督
シリーズ1
恐喝こそわが人生
必殺4
忠臣蔵外伝 四谷怪談
阿部一族

 録画した『忠臣蔵外伝 四谷怪談』を見て驚愕。
 高岡早紀のオッパイ大盤ぶるまい…はイイとして、荻野目恵子・石橋蓮司・渡辺えり子・蟹江敬三らが白塗りで怪演。新東宝の映画かよ。
 それ以上に高岡早紀の演ずる お岩さんが「お父さん」とか「何これ〜!あたしの顔〜!?」と、まるっきり現代語の台詞を叫びまくったり、死んで幽霊になってから吉良邸討ち入りに参加して怪光線を発して大暴れ。
 忠臣蔵モノとして観てしまうと零点だが(いやマイナス点か?)、ホラー映画orトンデモ映画としては高得点かも。少なくとも『四十七人の刺客』の十倍は面白い。(1999/12/16)

平成六年(1994)
掲示板 Return to年代順邦画備忘録Top pageHOME PAGE