Return to年代順邦画備忘録Top pageHOME PAGE
平成十五年(2003)
地獄甲子園 じごくこうしえん
監督 山口雄大
公開年 2003年
評点[D]
感想
Amazon
地獄甲子園
地獄甲子園
Amazon
地獄甲子園 熱闘!スーパートルネードBOX
地獄甲子園 熱闘!
スーパートルネードBOX

 今日は、山口雄大監督の『地獄甲子園』を観た。平成十五年(2003)の作品。

 甲子園出場を夢に見る星道高校の校長兼野球部監督(永田耕一)は、地区予選の対戦相手が外道高校であることを知らされて絶望する。外道高校とはルール無用の殺人集団、対戦相手を皆殺しにすることを楽しみにしているチームだったのだ。だが、星道高校に謎の転校生“野球十兵衛”(坂口拓)がやってくる。果たして彼は救世主なのか?

 『月刊少年ジャンプ』で漫☆画太郎が連載した不条理ギャグマンガ『地獄甲子園』の映画化(脚本:山口雄大・桐山勲)。エンドロールに“脚本協力”という名義の一人として石井輝男の名が出てきたのでちょっとびっくり(他に漫☆画太郎・北村龍平・高津隆一)。
 原作はギャグマンガというかバカマンガなのだが、そのネタをかなり忠実に実写化している。しかし、作り手は意図的にチープにしているつもりだと思うが、それが“天然”に見えてしまうような……?
 真面目に観ても仕方ない種類の作品だが、“バカ映画”と認めるにしても、脚本・演出・演技・撮影、全て最低限の技術が伴っていない。私は原作が好きなので、ちと残念だった。脚本協力に名を連ねている石井輝男監督の『直撃!地獄拳』シリーズが、いかに偉大なバカ映画であるかがわかった。
 格闘シーンだけはそれらしく撮られているので(アクション監督:下村勇二)、そこだけは評価の対象になるかも。(2005/10/10)

茄子 アンダルシアの夏 なすあんだるしあのなつ
監督 高坂希太郎
公開年 2003年
評点[C]
感想
Amazon
茄子 アンダルシアの夏
茄子 アンダルシアの夏

 今日は、劇場アニメ『茄子 アンダルシアの夏』を観た。監督は高坂希太郎で、平成十五年(2003)の作品。

 世界の三大自転車レースの一つ“ヴェルタ・ア・エスパーニャ”を走る一団がアンダルシア地方にやってきた。地元選手ペペ(声:大泉洋)は故郷に錦を飾る形なのに、気分は最悪。こともあろうに元恋人のカルメン(声:小池栄子)とぺぺの兄アンヘル(声:筧利夫)の結婚式の日だったのだ。ペペは、やけ気味にスパートをかけるが……。

 一部で強い支持を受けている漫画家・黒田硫黄の『茄子』の映画化。『もののけ姫』と『千と千尋の神隠し』の作画監督だった高坂希太郎が脚本・監督を務めている。
 原作は未読なのだが、この作品は1つのエピソードだけで成り立っていて、46分ほどの短編としても少々あっさりしているように感じた。ストーリーとしては30分テレビアニメ一本分くらいのものでは。
 映画(アニメ)はストーリーだけではないが、映像表現も小ぎれいにまとまっているという雰囲気で、近年の劇場用アニメとしては傑出したものはないと思う。3D CGの部分は違和感があるし……。また、主演級を演じた芸能人三人のうち『水曜どうでしょう』で人気の大泉洋は『千と千尋』や『ハウルの動く城』に出演しているだけあって、まずまず声優らしい発声と演技ができているが(それでも特別うまいというほどではないけど)、あとの小池栄子と筧利夫はいかにも素人臭い。
 観る人によっては良くできた小品なのかもしれないが、日本人には縁遠いロードレースを扱っているのも一因なのか、個人的に共感できる部分がほとんどない。ロードレースがテーマだったりスペインのアンダルシア地方が舞台だったりするのも、日本人が「かっこいい物」と考える“いかにも”感が漂っているというか……。原作はどうなのだろう。

座頭市 ざとういち
監督 北野武
公開年 2003年
評点[B]
感想
Amazon
座頭市 (北野武)
座頭市 (北野武)

 今日は、北野武監督・主演の『座頭市』を観た。平成十五年(2003)の作品。

 たまたま農婦おうめ(大楠道代)の家に世話になっていた座頭市(北野武)は、すぐ近くの宿場町の賭場に出かける。その頃、浪人の服部(浅野忠信)と妻(夏川結衣)、旅の芸者姉妹(大家由祐子・橘大五郎)が町にやってきたが、二組ともわけあり風だった。服部はすぐさま、やくざの銀蔵(岸部一徳)に用心棒として売り込んだ。

 たけしが『座頭市』の監督・主演を務めることで製作発表の時から注目され、ベネチア映画祭の銀獅子賞(=監督賞という報道もある)を得てさらに話題になった作品。
 まず、座頭市がなぜか金髪で朱塗りの仕込杖を持つというビジュアル面が目を惹くが、元祖の勝新座頭市とは別物ということをまず強烈に印象付けるためだったのだろうか。ただし、この作品はカラーが押さえ気味の画面なので、白髪あるいは銀髪に近いように見えて意外と違和感は少ない。
 北野映画としては複雑なプロットを持つストーリーで、随所にタップダンスや小ネタ的ギャグが見られ、最も娯楽性に富んだ作品だろう。殺陣も、座頭市シリーズのリアル傾向の殺陣を引き継いで、さらに血の噴出やCGなどで演出が加えられたものになっている。
 ただし、ハイスピード撮影が多用されているので、殺陣のスピード不足をスローモーションでごまかしているように見えた。外国人には受けるかもしれないが、昔の時代劇慣れした目で見るとかえって迫力不足に感じてしまった。段取りを決めておこなう従来の殺陣を諷刺したようなギャグはちょっと面白かったけど。
 さすがに市を演じたこの作品では見せないが、自らタップダンスを踊る力量を持つ北野監督はリズム感が良いのか、非常にテンポ良く進み退屈させない。下手な日本製ミュージカル映画よりもよほど“音楽的”な映画。しかし、サービス精神過剰というか、浪人の妻のエピソードは余計だし、全体にギャグやダンスの部分を刈り込んで上映時間を短くしても良かっただろう。
 また、座頭市の北野武も浪人の浅野忠信も非常にアッサリした雰囲気で、影や暗さのようなものが感じられない。ちょっとキャラクターが薄っぺらなような気がする。また、作品全体にもあまり哀愁や重みは感じられなかった。それだからこそ海外や今の日本で受けたのかもしれないが。
 映像は色が独特で印象的だけれども、夜間撮影にもう一工夫欲しかった気がする(撮影:柳島克己 )。(2004/08/10)

東京ゴッドファーザーズ(TOKYO GODFATHERS) とうきょうごっどふぁあざあず
監督 今敏
公開年 2003年
評点[A’]
感想
Amazon
東京ゴッドファーザーズ
東京ゴッドファーザーズ
Amazon
東京ゴッドファーザーズ デラックスBOX (2枚組)
東京ゴッドファーザーズ
デラックスBOX (2枚組)

 今日は、劇場用アニメの『東京ゴッドファザーズ』を観た。監督は今敏で、平成十五年(2003)の作品。

 時はクリスマス。新宿のホームレスである中年おやじのギン(声:江守徹)・大男(女?)のオカマのハナ(声:梅垣義明)・家出娘のミユキ(声:岡本綾)たちが捨てられていた赤ん坊を拾う。警察に届けるのをハナが拒んだので、仕方なく三人で年末の東京をうろついて親探しを始めるが、偶然か必然か三人は様々な事件に巻き込まれる。

 今敏の監督として3本目の劇場用アニメで、前作『千年女優』に続くオリジナル作品(原作:今敏/脚本:今敏・信本敬子)。キャラクターデザインは今敏と小西賢一(作画監督:小西賢一・安藤雅司・井上俊之)。
 クリスマスの夜に赤ん坊がもたらした“奇跡”がテーマになっていて、ストーリーの流れよりも各カット毎の効果を狙っていたような前2作より、ずっとストーリーもキャラもわかりやすくなっている。監督と組む脚本家が代わった(前2作は村井さだゆき)のが一因か、逆に作風を変えようとして脚本家を代えたのか。
 絵作りも、アニメ的な派手な効果を頻繁に用いていた過去作よりもずっとおとなしく静的になっていて、背景の描き込みが非常に非常に細かくなっている。おそらく3D CGを多用していると思われるが違和感なく、街並みのリアルさは驚かされるほど。
 三人がホームレスになった理由や赤子が捨てられた経緯などを通じて現代日本の社会の問題が少し暗示されるが、要するに“ちょっといい話”のヒューマン・コメディあるいは人情噺。ベタなテーマやギャグも、キャラクターの豊かな表情や動きと声優たちの巧みな演技で見せてくれる。メインキャラの声を担当した人たちは全て実写の俳優だが違和感はなく、特にミユキの岡本綾は声がアニメアニメしていなくて良かった。
 前2作よりもわかりやすいストーリーを堅実な演出で見せているので、実写でもできるのでは? という気がしないでもないが、実写だとコテコテになりすぎてしまうだろうか。声優の演技と見た目の派手さを押さえたアニメ技術は良かったが、正直なところ前作と比べてしまうと、物足りない感はある。(2005/06/12)

平成十五年(2003)
掲示板 Return to年代順邦画備忘録Top pageHOME PAGE