Return to題名別(五十音順)邦画備忘録Top pageHOME PAGE

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

愛怨峡(愛怨峽) あいえんきょう
監督 溝口健二
公開年 1937年
評点[超A]
感想
Amazon
愛怨峡
愛怨峡

 今日は、溝口健二監督の『愛怨峡』を観た。昭和十二年(1937)の作品。

 信州の老舗旅館の女中ふみ(山路ふみ子)は、そこの若旦那の謙吉(清水将夫)といい仲になって身ごもっていた。二人は東京へ駆け落ちしたものの生活に疲れた謙吉は、ふみに内緒で連れ戻しに来た父親(三桝豊)と一緒に帰ってしまう。ふみは荒んだ暮らしの果て、同じアパートに住んでいた流しの艶歌師・芳太郎(河津清三郎)と万才(漫才)のコンビを組んで旅回りの一座に入るのだった。

 溝口が『浪華悲歌』『祇園の姉妹』を作った第一映画が崩壊したあと新興キネマに復帰して作った一作。原作が川口松太郎ということになっているが、脚本の依田義賢によると川口の完成した作品に拠ったのではなく、万才師を主役という原案を持っていた依田に、川口がトルストイの『復活』を基にしたらというアイデアを提供してストーリーが出来上がったということらしい(『溝口健二の人と芸術』より)。
 使用人の女と若旦那という主人公ふみと謙吉の関係は後の『残菊物語』をちょっと彷彿とさせるが、この作品のふみは『残菊』のヒロインお徳よりもずっとたくましく強い。むしろ『浪華悲歌』『祇園の姉妹』のヒロインに似ているが、自分を取り巻く状況の中で苦闘した2作の主人公に対して、ふみはしがらみの中から飛び出す思い切りの良さも持っている。
 なりふりかまわず生き抜いていこうとする主人公の姿が印象的で、山路ふみ子の旅館の女中から女給そして万才師へという変貌ぶりが見事。自分を芸人と自嘲しながらも決して卑屈にならないヒロイン像は、この時代の日本映画では溝口しか描けないものだったのではないだろうか。
 現代から見ると映像はアップが非常に少なくロングショット主体だが、ドキュメンタリー的に一人の女の生き方を映しだしてリアリズムを生み出している(撮影:三木滋)。
 共演の河津清三郎や田中春夫なども好演で、シリアスなストーリーに乾いたユーモアを加え、女の“悲喜劇”といった色合いの作品にしている。もちろん山路ふみ子も良く、女給になったときの酔態と万才の芸達者さは目を見張るものがあった。

 近年フィルムが発見されるまで行方不明になっていてソフト化されていなかったため、これまであまり語られてこなかった作品だが、戦前作品の中では『浪華』『祇園』『残菊』に劣らぬ傑作だと思う。今になってDVDで観られるようになって本当に嬉しい。(2005/07/05)

愛染かつら あいぜんかつら
監督 野村浩将
公開年 1938年
評点[B]
感想  今日は、田中絹代&上原謙主演の『愛染かつら』を観た。昭和十三年(1938)の作品で、監督は野村浩将。

 津村病院の看護婦・高石かつ江(田中絹代)は、かつて夫と死別して、さらに子供がいることを隠して勤めていた。そんな彼女に、病院の御曹司の津村浩三(上原謙)が一目ぼれして恋人同士を必ず結び付けてくれるという“愛染かつら”の木の下で将来を誓い合おうと言う。だが、運命は二人の前に紆余曲折を用意していたのであった。

 往年の松竹大船撮影所お得意の作風であった“すれ違いドラマ”。原作は川口松太郎で、脚本は野田高梧。「♪花も嵐も踏み越えて」が有名な主題歌『旅の夜風』が大ヒットした。
 いわゆるメロドラマの基礎となった作品で、今観ると新味はほとんど無いと思う。冒頭、かつ江が未婚を装っていたことを看護婦の同僚たち全員で責めていたのに、かつ江が事情を話すと一発で皆同情して味方になってしまったのは笑えた。婦長(岡村文子)や津村浩三の妹(森川まさみ)も典型的なキャラで漫画的。婦長が口癖で「きっとですよ」を何度も繰り返すところも面白い。
 しかし、やはり田中絹代は上手いし若い頃は可愛い。それと、現在残っているのは全四篇をわずか89分にまとめた“総集編”だけで、すれ違うドラマの割りに話がポンポン進みすぎるような気もするので、当時の尺の長さのものも見てみたい。(2002/04/11)

逢いたかったぜ あいたかったぜ
監督 小林桂三郎
公開年 1955年
評点[C]
感想  今日は小林桂三郎監督の『逢いたかったぜ』を観た。昭和三十年(1955)の作品。

 港町に流れてきた安藤(名和宏)は港を仕切るヤクザと揉め事を起こし、船員の花村(金子信雄)に助けられる。安藤は花村を兄貴と慕い、花村のおかげで職を得るが、運命は二人の間を引き裂く。

 『憧れのハワイ航路』などで昭和二十年代に一世を風靡した岡晴夫が映画と同題の主題歌を歌い、彼が主演の歌謡映画ということになっているが、実は時々歌うチョイ役に過ぎず、マドロス姿の金子信雄が実質上の主役として鉄拳を振るって活躍する、アクション映画。のちに悪役を演ずる金子信雄と名和宏が揃って主役と準主役を演ずるのも面白く、珍品と言えるかもしれない。
 内容は港町もののお約束通り。まぁ安心して観ることはできる。今観ると、殺陣にもう少しリアリティがあったらな、と思う。(2002/09/16)

あいつと私 あいつとわたし
監督 中平康
公開年 1961年
評点[A’]
感想
Amazon
あいつと私
あいつと私

 今日は、中平康監督の『あいつと私』を観た。昭和三十六年(1961)の作品。

 日米安保条約改定問題で世間が騒然としている中、東京郊外の大学に通う浅田けい子(芦川いづみ)は、男女のクラスメートたちと学生生活を謳歌していた。そんな中、天衣無縫にふるまうお坊っちゃんの“あいつ”こと黒川三郎(石原裕次郎)のことが気になって…。

 石坂洋二郎の小説が原作(脚本:池田一朗・中平康)で、石坂作品らしい明朗青春ドラマ。
 当時は、まだ大学にいけるのは恵まれた環境にある若者が多く、苦学生や大学に行けない若者の存在や安保問題などが一応は描かれてはいるが、それはお義理で触れられているという雰囲気で、監督は資産家の息子で東大を出ていて、主役の一人の石原裕次郎も慶応出なので演出も演技も全く屈託なく、社会派的な雰囲気はほとんど無い。それゆえかえって時代を感じさせられることは無いが、当時は反感を抱く観客も多かったかもしれない。
 黒川三郎が複雑な家庭環境に生まれたことも描かれるけれども、暗さは無い。正直、深みは無いが中平監督の少々誇張された喜劇的な歯切れの良い演出と、芦川いずみと石原裕次郎の若々しい演技が楽しめる作品。特に、作品によっては演技力が気になる裕次郎は、この作品では地で行っているような生き生きとした若者らしさが良い。
 黒川の母親に轟夕起子、父親に宮口精二、黒川の母親の元恋人に滝沢修。浅田けい子の妹に吉永小百合。中でも、『七人の侍』の剣豪役とは全く異なる宮口精二が面白い。(2002/02/20)

愛と希望の街 あいときぼうのまち
監督 大島渚
公開年 1959年
評点[A’]
感想  今日は、大島渚監督の『愛と希望の街』を観た事実があった!(←なんつう言い回しぢゃい)昭和三十四年(1959)の作品。

 暗いよ〜!しくしく(笑)。しかし、監督第一作でこれを作ってしまう大島渚ってやっぱり凄いんだろうな。母子家庭で病身の母と精神遅滞児の妹を養うために、ハトを売る少年。しかしそのハトは、買い手の所から必ず逃げ帰ってくるのであった。ブルジョア家庭の娘がハトを買い、その手口を知ってからも、敢えて再び買う。そして…。
 一時間少々の小品だけど、これで一時間半や二時間もあったら辛抱たまらん(爆)。

 この作品の題名はは大島渚のオリジナル脚本の原題『鳩を売る少年』のままにしたかったのに、会社側の意向で『愛と悲しみの街』にされて、さらに公開前に『愛と希望の街』なんつう大いに看板に偽りありの恥ずかしい題名にされてしまったそうだ。彼は「松竹では悲しみと希望が同義なのか!」と荒れたとか(笑)。
 あるサイトで見かけた説によると、鳩を売るってのは売春のメタファーでもあるそうな。そう言われると、少年の担任の女性教師の台詞にヒントがあった。(2000/05/01)

愛と死をみつめて あいとしをみつめて
監督 斎藤武市
公開年 1964年
評点[B]
感想
Amazon
愛と死をみつめて
愛と死をみつめて

 今日は、斎藤武市監督の『愛と死をみつめて』を観た。昭和三十九年(1964)の作品。

 顔を軟骨肉腫に冒されて入院している小島道子(吉永小百合)には、数年前から文通しているペンフレンドの高野誠(浜田光夫)がいた。道子の入院が長引くにつれ、思いをつのらせる二人だったが、道子の最期は確実に近づいてきていた。

 当時、満都の紅涙を絞った闘病記(原作:大島みち子・河野実)の映画化(脚本:八木保太郎)。吉永小百合&浜田光夫の“青春コンビ”は、まさにハマり役。その先には絶望しかない道子と、無限の未来が開けている誠の対比がよく表現されていた。若き日の吉永小百合が美しいだけに、顔を冒される病気の悲劇性が際立つ。
 しかし、やはり今の目で観ると感傷過多な部分もあるし、吉永小百合が最期まで美しすぎ、健康的すぎるだと思う。ただし、患者本人と周りの間の深まる溝は表現されていた。道子の父親役は笠智衆。(2001/12/27)

愛のお荷物 あいのおにもつ
監督 川島雄三
公開年 1955年
評点[A]
感想
Amazon
愛のお荷物
愛のお荷物

 今日は、川島雄三監督の『愛のお荷物』を観た。昭和三十年(1955)の作品。

 厚生大臣・新木錠三郎(山村聡)は、国会で戦後の人口急増の対策を野党議員(菅井きん)に追求されたものの、巧みな弁舌で一蹴する。しかし、彼が帰宅すると、四十過ぎの夫人(轟夕起子)から妊娠を告げられ、さらに息子(三橋達也)が自分の秘書(北原三枝)とデキていて、彼女が妊娠してしまったことを知らされる。

 川島監督の、日活での第一作。出生率の低下と高齢化社会が問題になっている今観ると隔世の感だが、人口増加はベビーブーム直後の当時としては深刻な社会問題だったのだろう(脚本:柳沢類寿・川島雄三)。
 妊娠がテーマだが、ちょっぴり艶笑風味という感じで下品にならず、各出演者もテンポよく動き回っているがドタバタギャグにもならず、川島監督の上手さを感じさせられる作品。川島監督と三橋達也両人の日活第一作のためか、あまりシニカルにもなっていないのはかえって意外。
 山村聡も轟夕起子も、喜劇的な役が意外と上手い。三橋達也も彼にしては珍しい三枚目の役だが、結構良い。北原三枝は、自他ともに美人であることを認めているという感じのいつもの雰囲気だが、役に合っているかも。
 新木錠三郎の父として東野英治郎、錠三郎の三女の婚約者としてフランキー堺、薬種問屋をしている新木家の番頭として殿山泰司、錠三郎のかつての愛人として山田五十鈴、さらに元“突貫小僧”の青木富夫まで出演していて、今からすると非常に豪華なキャスティング。(2003/05/11)

愛の世界 山猫とみの話 あいのせかいやまねことみのはなし
監督 青柳信雄
公開年 1943年
評点[A]
感想  今日は、青柳信雄監督の『愛の世界 山猫とみの話』を観た。昭和十八年(1943)の作品。

 両親のない16歳の小田切とみ(高峰秀子)は凶暴性と放浪癖のある不良少女だった。少年審判所の裁定で青森の山中にある更正施設にあずけられることになって若い山田先生(里見藍子)が親身に世話するが、収容されている少女たちとうまくいかず、学園を飛び出してしまう。

 戦後にたくさんの娯楽映画を作った青柳監督初期の作品(原作:佐藤春夫・坪田譲治・富沢有為男/脚本:如月敏・黒川慎)。
 いわゆる施設もの、あるいは問題児童ものだが、似た題材を取り扱っている清水宏や稲垣浩の作品の雰囲気とは異なり、かなりドラマティックな作りになっている。最初は主人公も凶暴で、彼女をいじめる少女たちもいたりして、清水作品や稲垣作品とは異なるリアリティを生み出していると思う。
 主人公とみが作品のちょうど真ん中あたりまで全く声を発せず、その後も台詞が少ない珍しい作品だが、台詞ではなく自然の風景や表情そして体全体の動きで主人公の心理状態を表す描写が見事に成功している。山奥に暮らす子供たち(小高つとむ・加藤博司)との触れ合いを通じて少女の心が開かれていく過程も自然で、脚本・演出の力量が感じられる。音楽の使い方も効果的。
 もちろん主役を演じた高峰秀子も台詞の少ない難役を好演していて、出演作が非常に多い彼女の作品歴の中ではあまり触れられないけれども、名演の一つだと思う。
 また、戦中にも児童少年を保護する法律や機関が既に用意されていたことがわかる点も興味深い。(2005/07/16)

青い山脈 あおいさんみゃく
監督 今井正
公開年 1949年
評点[B]
感想
Amazon
青い山脈 前・後篇
青い山脈
前・後篇

 今日は、今井正監督の『青い山脈』と『続青い山脈』を続けて観た。共に昭和二十四年(1949)の作品。当時のロードショーは一週間交替だったので、今の続編ものとは異なり、正続編は一つのストーリーから成っている。

 封建的な気風の残っている地方都市の女学校で、健全な男女交際を説いた若い女教師の島崎雪子(原節子)と生徒の寺沢新子(杉葉子)が、生徒と教員双方からの非難にさらされる。新子のボーイフレンドの高等学校生・金谷六助(池部良)と友人のガンちゃん(伊豆肇)、そして島崎先生に思いを寄せる校医の沼田玉雄(龍崎一郎)や新子の後輩の笹井和子(若山セツコ)と和子の姉の芸者・梅太郎(木暮実千代)たちは、島崎先生と新子を救おうと奮闘する。

 石坂洋次郎の同題作品が原作の、青春映画の元祖のような作品。何の疑問もなく戦後民主主義を謳歌しているようで、観ている方が気恥ずかしくなるが、これも歴史的意義のある作品なのだろう。なんだか非常にわかりやすい演出と演技で、特に脇役の女生徒たちは『中学生日記』みたい(笑)。ラブレターで「恋」と“変”、「悩」と“脳”とを間違える有名なギャグ(?)は続編の方にある。
 三十過ぎで男子高等学校生を熱演し、海に向かって「好きだー」と大声で叫んだりした池部良は、本当に御苦労さんって感じだ(笑)。原節子は華やかな雰囲気で、いかにも進歩的な教師という演技をしていた。
 正編のオープニングの主題歌が大変有名なのだけれども、今井監督は入れるのを嫌がったそうだ。そういえば、宮崎駿監督も『風の谷のナウシカ』に安田成美の歌を入れさせなかったな。(2000/12/21)

仰げば尊し あおげばとうとし
監督 渋谷実
公開年 1966年
評点[C]
感想 『喜劇 仰げば尊し』(きげきあおげばとうとし)を参照

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

掲示板 Return to題名別(五十音順)邦画備忘録Top pageHOME PAGE