Return to題名別(五十音順)邦画備忘録Top pageHOME PAGE

[1] [2] [3]

エノケン・虎造の春風千里 えのけんとらぞうのしゅんぷうせんり
監督 石田民三
公開年 1941年
評点[B]
感想  今日は、石田民三監督の『エノケン・虎造の春風千里』を観た。昭和十六年(1941)の作品。

 時は幕末。板前の与之吉(榎本健一)は、自分の育ての親でもある料亭の主人に大怪我を負わせたやくざの親分を殺してしまう。主人とその娘お豊(梅園かほる)の勧めで、せめて実の父親に一目会ってから自訴しようと思った与之吉は旅に出るが、なぜかお調子者の男(中村是好)や謎の浪曲師(広沢虎造)や門付け女(三益愛子)が与之吉にまとわりついてきて……。

 当時人気絶大だったエノケンと浪曲師の広沢虎造が顔合わせした作品(原作:荻原四朗/脚本:岸松雄・山崎謙太・大和田九三)。
 笠がくるくる回るオープニングタイトルが洒落ていて、保存状態が良くて名キャメラマン唐沢弘光の撮影による映像が美しいので、冒頭からちょっと期待させられる。実際観てみると、街道筋の風景がかもし出す戦前映画らしいのんびりした雰囲気がいい感じ。
 ただし、エノケン主演のコメディ映画としては少々テンポが遅すぎるような気がする。今の目で観ると、虎造の浪曲をたっぷりサービスしているのがテンポを損ねた一因だと思う。公開当時の虎造ファンは喜んだかもしれないが。また、落ち着いた石田演出はエノケン映画とは相性が今ひとつなのかもしれない。水準以上の作品ではあるし、浪花節好きの人にとっては佳作だと思うが。(2006/02/06)

エノケンの江戸っ子三太 えのけんのえどっこさんた
監督 岡田敬
公開年 1936年
評点[C]
感想  今日は、榎本健一主演の『エノケンの江戸っ子三太』を観た。監督は岡田敬で、昭和十一年(1936)の作品。

 江戸の鳶“ほ組”の一人である三太(榎本健一)は、芝居が大好きで妄想癖があり、自分は一人前の男伊達だと思い込んでいるが、いつも失敗ばかりして兄貴分の清吉(二村定一)や親方の娘お初(山懸直代)に心配をかけてばかりいる。そんな折、親方が田舎侍(中村是好)に斬られてしまい、三太は自分ひとりの力で仇を討とうとして渡世人の子分になるが……。

 エノケン主演のコメディ作の一本。エノケン出演作を多く監督している山本嘉次郎が原作・脚本を担当。
 時々台詞が歌になるミュージカル仕立てだが、曲に歌詞があまりうまく乗っていないし、反復ギャグのテンポも良くない。演出と編集が今ひとつに感じられた。終盤の盛り上がりも肩透かし気味に終わってしまうし。(2004/05/10)

エノケンのがっちり時代 えのけんのがっちりじだい
監督 山本嘉次郎
公開年 1939年
評点[C]
感想  今日は、榎本健一主演の『エノケンのがっちり時代』を観た。監督は山本嘉次郎で、昭和十四年(1939)の作品。

 映画界に憧れて東宝撮影所の掃除夫になった健ちゃんこと西澤健二郎(榎本健一)は、撮影現場にもぐりこんでは怒られてばかりいる。あるとき、健ちゃんがキャメラマンになったと信じている母親が上京してきて大あわて。大部屋女優のガールフレンドかすみちゃん(霧立のぼる)と仲間たちが助けようとするが……。

 山本監督オリジナルの原作・脚本による作品。副題が『エノケンのニュースカメラマンNo.2』で、前作の『びっくり人生』とシリーズになっているらしい。
 映画界が舞台なので、戦前の東宝撮影所の内部やロケのシーンがあるのが興味深い。もちろんデフォルメされ単純化されてはいるものの、戦前の映画撮影の雰囲気の片鱗は味わうことができる貴重な作品だと思う。映画撮影シーンでは、“本物”のスターとして入江たか子・高田稔・汐見洋の三人がちょっとだけ特別出演したりしている。
 その他、ストーリーの面では脚本が弱いし、ミュージカル的シーンも少なくエノケンの演技も流した感じで懸命さが見えない。喜劇映画としては今ひとつだが、現在では戦前映画や撮影所に興味のある人向けの資料的価値のある作品になっているといえるかもしれない。(2005/09/02)

エノケンの頑張り戦術 えのけんのがんばりせんじゅつ
監督 中川信夫
公開年 1939年
評点[B]
感想  今日は、エノケン主演の『エノケンの頑張り戦術』を観た。監督は中川信夫で、昭和十四年(1939)の作品。

 お隣どうしの稲田(榎本健一)と三田(如月寛多)は「防弾チョッキ株式会社」の同僚でもあるが、意地っ張り同士で仲が悪く、両家の妻(宏川光子・渋谷正代)は困っていた。両家族は夏休みに海へ旅行に行き、金があるわけでもないのに見栄を張り合って旅館の最高級の部屋に泊まってしまうが……。

 題名どおりエノケン主演の一本だが、彼が背広を着て口ひげ生やしてポマードで髪を撫で付けたサラリーマンを演ずるのはちょっと珍しいと思った(脚本:小国英雄)。それとも、私がまだ観ていないだけなのだろうか。
 サラリーマンものといっても、エノケンと如月寛多がすぐ喧嘩したり旅行先でも大立ち回りがあったり、アクションが多い。ただし、エピソードは色々工夫されているが、ドタバタが多すぎて少々まとまりに欠け、今で言う放送禁止ネタもあまり愉快でない部分がある。しかし、有名な「防弾チョッキテスト」のシーンなど面白いところもあった。
 また、防弾チョッキテストの前に「巷間、ややもすればこの防弾チョッキをつけることは卑怯なることと卑しむ風がありますが(引用中略)戦いはただいたずらに死ぬことだけが勇敢なることではありますまい(下略)」という台詞があってちょっと驚く。日中戦争中なのに、これほどあからさまな風刺ネタが許されていたとは。公開がまだ映画法の施行前だったからだろうか。もう少し遅れると引っかかったかも。
 それと、オープニングクレジットに「関東水上スキー連盟」という団体の名が出るが、今の水上スキーとは全く異なるものであるのが面白い。(2005/09/17)

エノケンの近藤勇 えのけんのこんどういさみ
監督 山本嘉次郎
公開年 1935年
評点[A’]
感想  今日は、エノケン主演の『エノケンの近藤勇』を観た。監督は山本嘉次郎で、昭和十年(1935)の作品。

 時は幕末。京では近藤勇(榎本健一)率いる新選組が猛威を振るっていたが、一方では坂本龍馬(榎本健一、二役)と中岡慎太郎(柳田貞一)や桂小五郎(二村定二)らの勤皇の志士も王政復古へ向けて活躍していた。

 エノケンがP.C.L.(のち東宝)で撮った一連の喜劇作品の中でも初期のもの。幕末ものだが、もちろんコメディで、様々なパロディや音楽が散りばめられている。
 坂本龍馬の最期は阪妻主演の『坂本龍馬』のパロディだろうか。近藤勇が「桂を斬れ!」「勤皇党を葬れ!」と演説するシーンではプロパガンダ絵画風のポスターが掲げられる。これは戦前の左翼弾圧を諷刺しているように思えたのだが、どうだろうか。映画界や演劇界は“主義者”の逃避の場であったので、その可能性はあると思う。そうだとしたら、山本監督は良い度胸をしているし、昭和十年の段階ではまだこんな表現が許されていたということになる。
 コメディ作品としても、小男のエノケン近藤勇が、あるアイテムを“装備”することによって強くなるという設定は面白いし、音楽の使い方も巧み。『ボレロ』が流れたり、池田屋事件のシーンではラテン音楽が流れ、それに合わせてエノケンが踊るような見事な殺陣を見せる。コメディ仕立てだが、斬られた人が階段落ちしまくって非常に大規模な殺陣。

 それと、特筆しておきたいのは戦前作とは思えないほどの音質・画質の良さ。トーキー初期なのに全く聞き取りづらくないし、画質も戦後作品以上にシャープでピントが合っている(撮影:唐沢弘光 )。欠落も無いようだし、よほど保存状態が良かったのだろう。(2004/10/25)

エノケンのちゃっきり金太 えのけんのちゃっきりきんた
監督 山本嘉次郎
公開年 1937年
評点[A’]
感想  今日は、エノケン主演の『エノケンのちゃっきり金太』を観た。監督は山本嘉次郎で、昭和十二年(1937)の作品。

 明治維新前夜の江戸。巾着切り(=ちゃっきり)の金太(榎本健一)は彼を追いかける岡っ引の倉吉(中村是好)の目を盗んで薩長の侍ばかり狙ってスリをしていたが、財布と一緒に密書まで盗んでしまい、薩摩の侍・小原(如月寛太)に命を狙われて逃げ回る。

 原作・脚本ともに山本嘉次郎。アメリカ映画の『地下鉄サム』からヒントを得たと言われている。歌やアクションにはエノケンの持ち味が生かされているのだろう。切れ味とテンポが良く楽しい作品。中村是好との息も合っている。
 逃げ回る金太と倉吉がなぜか一緒に旅をするのでロードムービーの趣があり、旅館の中を走り回るアクションも面白い。
 現在残っているのは各々1時間強の前後編を合わせて1時間13分ほどにした総集編なので、所々話がちょっと飛ぶようなところがあるのが惜しい。ただし、そんな総集編だからこそ余計にテンポが良く見えるのかもしれないが……。(2004/10/11)

エノケンの爆弾児(エノケンの爆彈兒) えのけんのばくだんじ
監督 岡田敬
公開年 1941年
評点[A’]
感想  今日は、エノケン主演の『エノケンの爆弾児』を観た。監督は岡田敬で、昭和十六年(1941)の作品。

 かんしゃく持ちの健吉(榎本健一)は、決して短気を起こすなと瀕死の父(榎本健一)に戒められ、都会に出て大きな骨董屋に奉公した。その店では、番頭(柳田貞一)と易者(中村是好)が組んで御隠居の婆さん(榎本健一)に取り入っていた。

 予備知識が全くなかったので、この題名は“時局”を反映したものかと思っていたら、かんしゃく持ちという意味だった。
 エノケンが一人三役を演じて大活躍。キャラがそれぞれ立っており、全体の展開もドタバタ的でなく、いくつか大きなアクションシーンがあるという感じでメリハリがある。ところどころチャップリン映画からの影響というかパクリに近いシーンがあるが、それもまた楽しい。
 占いや迷信を否定して科学を推奨するというテーマは、当時の時代風潮に合わせているのだが(「科学する心」という台詞が出てくる)体制協力的な雰囲気はなく、最先端の病院に巨大な正体不明の医療機器があったりして、その科学も戯画化されている。
 爆発力はあまりないが脚本の巧みさとエノケンの芸達者ぶりを感じさせる一本(脚本:山崎謙太・志村敏夫)。(2005/10/24)

エノケンの法界坊 えのけんのほうかいぼう
監督 斎藤寅次郎
公開年 1938年
評点[A’]
感想  『エノケンの法界坊』を観た。監督は斎藤寅次郎で、昭和十三年(1938)の作品。

 破戒僧の法界坊(榎本健一)は永楽屋の娘おくみ(宏川光子)に横恋慕するが、彼女は手代の要助(小笠原章二郎)のことが好きであることを知る。永楽屋の悪手代の長九郎(如月寛多)と組んでなんとかものにしようと画策するものの、ドジな法界坊ではなかなか上手くいかない。

 歌舞伎のネタの一つの法界坊をオペレッタ風の喜劇映画化した作品。法界坊の初登場シーンから「♪なむあみだーぶつ なむあみだ〜」と歌いながら登場する。キャラが時々唐突に歌いだすのが珍妙で楽しい。
 ドタバタギャグに古さは感じるが、元ネタどおりに(?)最後はちょっとシンミリさせて、予想以上に面白い作品だった。画質・音質とも今ひとつで、さらにフィルムが一巻分丸々抜けてしまっているのが残念。(2003/01/09)

エノケンのホームラン王 えのけんのほおむらんおう
監督 渡辺邦男
公開年 1948年
評点[A’]
感想
Amazon
エノケンのホームラン王
エノケンの
ホームラン王

 今日は、エノケン主演の『エノケンのホームラン王』を観た。監督は渡辺邦男で、昭和二十三年(1948)の作品。

 肉屋で働く健吉(榎本健一)は大の巨人ファンで、阪神ファンである魚屋の魚虎夫婦(田中春夫・清川虹子)とは何かと張り合っているが、魚虎の妹お千代(春山美弥子)とは好きあっている仲だった。健吉は三原監督ら巨人の面々に懇願して巨人軍に入団させてもらうが、実はマスコット・ボーイとしての採用だった。

 戦後数年、大衆娯楽といえば野球、野球といえば巨人だった時代の作品(原作:サトウ・ハチロー/脚本:渡辺邦男・岸松雄)。
 コメディと道化としての悲哀を感じさせるペーソスが入り混じっているが、その量と配分がちょうど良く、しつこいドタバタはなく逆にペーソスが過ぎて湿っぽくなるようなこともない。早撮りで有名だった渡辺監督のアッサリした演出が良い方向に働いたのだろうか。健吉や魚虎たちが自転車に乗って街中を走るシーンもロケではなくいい加減な合成だが、かえってそれが面白い効果になっていたりする(撮影:友成達雄)。健吉や魚虎夫婦といったキャラクターも好印象で、ラストもベタベタせずに余韻を残す。
 三原脩監督以下、川上哲治や青田昇らの巨人軍総出演で、特に川上がメインキャスト級になっていて芝居もするし打撃フォームの高速度撮影(スローモーション)を見せたりする。私は野球には疎いのでよくわからないが、川上の伝記で書かれていたように当時の日本ではダウンスイングが知られていなかったので、今の目で見るとアッパースイングのようだ。(2005/04/20)

エノケンの誉れの土俵入(エノケンの譽れの土俵入) えのけんのほまれのどひょういり
監督 中川信夫
公開年 1940年
評点[A]
感想  今日は、エノケン主演の『エノケンの誉れの土俵入』を観た。監督は中川信夫で、昭和十五年(1940)の作品。

 力自慢の勇蔵(榎本健一)は村相撲で庄屋の息子(成田孝)を投げ飛ばして重傷を負わせてしまい、村から出奔せざるを得なくなる。勇蔵は比類のない大飯食らいのため、どこへ行っても飯のことでしくじり、江戸へ流れて相撲の力士になるが……。

 エノケンとその一座総出演の作品で、1時間に満たない短編(原作しかし、短編だが、その中には様々なアクションやギャグがいっぱいに詰まっていて見た後の満足感は2時間の作品にも劣らないと思う。
 この作品のギャグは“反復”が非常に効果的に用いられている。相撲のシーンも“しょっきり”のようなコミカルなものを見せたかと思うと、身体を張ったアクロバティックなアクションも見せる。
 この尺の短さから現在残っているプリントは短縮版なのかと思っていたら、最初からこの長さだったらしい。徹底的に無駄を削ぎ落としテンポを良くした、この思い切った編集も作品に貢献していると思う(編集:後藤敏男)。小品ながら、佳作を超えた良作とも言っていいかもしれない。(2005/11/30)

[1] [2] [3]

掲示板 Return to題名別(五十音順)邦画備忘録Top pageHOME PAGE