Return to題名別(五十音順)邦画備忘録Top pageHOME PAGE

[1] [2] [3] [4] [5]

御誂次郎吉格子 おあつらえじろきちごうし
監督 伊藤大輔
公開年 1931年
評点[A]
感想  今日は、伊藤大輔監督の『御誂次郎吉格子』を観た。昭和六年(1931)の作品。

 江戸から上方に逃れた鼠小僧こと次郎吉(大河内傳次郎)は、悪党の仁吉(高勢実乗)から薄幸の少女お喜乃(伏見信子)を救おうとする。次郎吉に惚れているが振り向いてもらえない商売女お仙(伏見直江)は次郎吉のために……。

 伊藤大輔監督のサイレント作品の中で完全に近い形で現存するのはこれだけだと言われている(近年発見された『忠治旅日記』は欠落が多い)。原作は吉川英治(脚本:伊藤大輔)。
 サイレント映画らしく小気味良いリズムでショットを積み重ねてテンポ良く進む一方で、情感ある場面ではじっくりと見せる。その対比が効果的で、映像作家としての伊藤大輔の力量を知ることができる。伊藤大輔作品で有名な移動撮影や立ち回りはほとんどないが、終盤に押し寄せる御用提灯の迫力は圧倒的。
 まだ若さを残している大河内傳次郎はもちろん良いし、伏見信子やヴァンプ的女優として有名だった伏見直江も好演。高瀬実乗も小悪党的いやらしさを存分に見せ付けてくれる。
 やはり、伊藤監督のサイレント作品がほとんど残っていないことが残念だ。(2004/10/08)

応援団長の恋(應援団長の恋/應援團長の戀) おうえんだんちょうのこい
監督 野村浩将
公開年 1933年
評点[A’]
感想  今日は、野村浩将監督の『応援団長の恋』を観た。昭和八年(1933)の作品。

 ヒゲ面を誇る文化大学応援団長の塚本(岡譲二)は自他共に認める蛮カラ男。だが、野球部エース宮島(江川宇礼雄)の妹(若水照子)の友人であるアヤ子(逢初夢子)が彼のことを好きだと聞かされると、一発で舞い上がってしまう。そんな塚本の様子に、彼の下宿の娘お美津(田中絹代)は気が気でない。

 サイレント時代からのカレッジものの一作(脚本:野田高梧)。この設定と冒頭の展開からすぐに小津安二郎監督の『淑女と髯』を連想した。戦前の大学や旧制高校の蛮カラ世界VS洋装の女性を中心としたモダン文化の対立の構図。宮島の家は金持ちで、妹の友人たちは洋装だが妹本人は和装なのは、宮島は階層は異なっても心情的には塚本の世界に共感していることを表しているのだろうか。
 冒頭から中盤まではコミカルタッチで、サイレントの名残を残しているような岡譲二のちょっとオーバーな演技や応援の音頭を取る身ぶりが滑稽で、主人公と他の登場人物とのやりとりも楽しい。“与太者トリオ”もチョイ役で顔を見せたりしている。田中絹代は、まだ娘の演技。
 終盤は一転してシリアスな展開になるのが『淑女と髯』と大きく異なる。ちょっと展開が唐突過ぎる気もしないではないが、主人公の活躍を見せるためには悪くないかもしれない。
 野村監督の演出は細かく、サイレントの経験が豊富なことをうかがわせ、なおかつ違和感のないトーキー作品になっているところに技量を感じさせた。これが初のトーキー作らしい。(2005/04/23)

王将 おうしょう
監督 伊藤大輔
公開年 1948年
評点[超A]
感想
Amazon
阪東妻三郎傑作選 DVD-BOX
阪東妻三郎傑作選
DVD-BOX
王将
素浪人罷通る
伊賀の水月
無法松の一生
剣風練兵館
木曾の天狗
狐の呉れた赤ん坊
月の出の決闘
富士に立つ影
国定忠治

 今日は、阪東妻三郎主演の『王将』を観た。監督は伊藤大輔で、昭和二十三年(1953)の作品。

 大阪は天王寺の裏長屋に住むぞうり職人の坂田三吉(阪東妻三郎)は、字も知らないほど無学だが、将棋だけはめっぽう強かった。ろくに仕事もせず将棋に夢中な夫に一度は愛想を尽かした妻の小春(水戸光子)も、三吉の将棋への熱意を見て、彼を支えていくことを決意する。プロになった三吉は、老いた妻と美しく成長した娘・玉枝(三條美紀)に見守られながら、アマ時代からの宿敵である東京の関根金次郎(瀧澤修)と対決する。

 「銀が泣いている」の名台詞や演歌の『王将』で知られる坂田三吉の半生。原作は北條秀司の戯曲(脚本:伊藤大輔)。戦後しばらく、時代劇映画を作りづらくなっていた時期に阪妻が『無法松の一生』同様、貧しい庶民の姿を演じている。
 阪妻はまさにオーバーアクションなほどの大熱演。水戸光子も三條美紀も同様な熱演をしている。小津安二郎が伊藤大輔監督の『我幻の魚を見たり』を観て「ギョギョギョだ」と言ったように、人によっては好みに合わないかもしれないが、この作品では伊藤演出が成功していると思う。個人的には、棒読みのような台詞回しや“自然な演技”よりも、こういう演出のほうが映画らしい映画だという気がする。もちろんそれには限度があるだろうが……。
 各エピソードも巧みで、妻の小春が夫を支えることを決意する場面や娘の玉枝が父に意見するシーンは感動的だし(原作にあるのかもしれないが)、絵作りも古典的ながらもパワフル。史実とは異なる部分もあり、阪妻の三吉は実際の坂田三吉像とは異なるらしいが、とにかく人に訴える力の強い名作だと思う。
 三吉が鏡を見たところは本当に凄い。ラストシーンも不思議だが余韻が残る。あれ、阪妻本人がやったのかな?(2002/11/26)

逢魔の辻 おうまのつじ
監督 瀧澤英輔(滝沢英輔)
公開年 1938年
評点[A’]
感想  今日は、瀧澤英輔監督の『逢魔の辻』を観た。昭和十三年(1938)の作品。

 幕末、安政の大獄が猛威を振るっている頃。旗本の三沢家の庶子・青江金五郎(河原崎長十郎)は街の裏長屋に住み、隣の遊び人・長次(中村鶴蔵)らと気ままに暮らしていた。しかし、金五郎は勤皇の志士である宮森(橘小三郎)たちとも親しく、町方同心の蠣崎新吾(中村翫右衛門)は執拗に彼を監視する。

 大佛次郎の原作の映画化(脚本:岸松雄・八住利雄)。翌年の『その前夜』(監督:萩原遼)同様、大きな変動の時代に生きる庶民を描いている。
 金五郎がバリバリの志士ではなく、最初は単なる世をすねた浪人でいながら、運命に導かれるように自らも時代の波の中に参加していく様子が丹念に描かれている。長次や蠣崎の描き方も丁寧で、各々それなりの魅力があるキャラになっている。蠣崎が単なる悪役ではなく職務と自分の信念に忠実である人間として描かれているのが良い。ただ、蠣崎の取り調べ方は実にリアルなのだが、なんせ前進座だからメンバーの中に思想上の理由で警察の世話になった経験のある人でもいたのだろうか。
 三村明の撮影は戦前の映像としてはシャープで、雨が降るとすぐどろどろになる路地など、貧しい長屋の暮らしを克明にとらえている。凧や傘などの小道具の使い方が巧み。
 一つだけ、同心が与力に出世云々ということは実際にはまずありえなかったので(家柄で決まっていたため)、それだけが気になった。原作からそう書かれているのだろうが。(2004/01/27)

王立宇宙軍 オネアミスの翼 おうりつうちゅうぐんおねあみすのつばさ
監督 山賀博之
公開年 1987年
評点[A’]
感想
Amazon
王立宇宙軍〜オネアミスの翼〜
王立宇宙軍
オネアミスの翼

 今日は、アニメ映画『王立宇宙軍 オネアミスの翼』を観た。昭和六十二年(1987)の作品。監督・原案・脚本は山賀博之で、キャラクターデザインは貞本義行。

 地球に似ている異世界のオネアミス王国で、人類初の宇宙飛行を目指して創設された“王立宇宙軍”。しかし、その夢は実現する見込みも無く、その一員であるシロツグ(声:森本レオ)も怠惰な日々を過ごしていた。しかし、熱心に宗教の布教活動をしているリイクニ(声:弥生みつき)という少女に出会い、初の宇宙飛行計画のパイロットに志願する。

 『新世紀エヴァンゲリオン』で有名になったガイナックスの第一作。作画監督の一人として庵野秀明の名もある。宇宙飛行士の訓練やロケットは綿密な取材でリアルに再現され、作中の世界も近過去の地球を基にして西洋とも東洋ともとれる不思議な雰囲気を生み出している。1987年の段階でこれほど高いクオリティのアニメが作られていたとは驚きで、現在でも劇場版として充分に通用すると思う。
 ストーリーも、現代的なシラケた若者が、あるきっかけを得てやる気になり、それが周囲を動かしていく様を、熱くなりすぎずに描いていて好感が持てる。才能あるアニメ製作スタッフたちの若さを感じさせられ、これはもう一度作れといっても無理かもしれない。森本“世界ウルルン”レオ(または森本“キッズ・リターン”レオでも可)も好演している。
 宗教がらみで多少説教くさいのと、全体としてアメリカ映画の『ライトスタッフ』に似ていることだけが引っかかる点。

 しかし、この作品は初公開当時、一部のアニメマニアから酷評され、監督はアニメ製作現場から一時離れてしまったというが、なぜなんだろう……。実写映画を模倣した作風が批判されたのか、いい子ぶっている(←妙な表現だが)とでも思われたのか……。
 ちなみに、初公開時は『オネアミスの翼 王立宇宙軍』と題名とサブタイトルが逆だったそうだ。(2001/11/19)

大江戸五人男 おおえどごにんおとこ
監督 伊藤大輔
公開年 1951年
評点[A]
感想  今日は、伊藤大輔監督の『大江戸五人男』を見た。昭和二十六年(1951)の作品。

 江戸の町を二分するの町奴の頭目・幡隋院長兵衛(阪東妻三郎)と旗本奴の頭目・水野十郎左衛門(市川右太衛門)。水野は長兵衛の男としての器を認めるが、周囲の状況は二人を決定的な対立へと追い込んでいく。

 阪妻・右太衛門・月形龍之介・山田五十鈴・高峰三枝子・高田浩吉・高橋貞二などのスターが総出演した松竹創立三十周年記念作品。歌舞伎の『幡隋院長兵衛』や『魚屋宗五郎』『番町皿屋敷』を巧みに組み合わせたストーリーで、脚本が秀逸(八尋不二・柳川真一・依田義賢)。歌舞伎の粗筋の非論理的な部分を補って、長兵衛と水野が対決せざるを得なくなる過程が比較的無理なく描かれている。
 長兵衛の阪妻も水野の右太衛門も男っぷりが見事で、二人が直接対決するラストは感動的。それと、劇中劇で『皿屋敷』を演ずる水木あやめ役の河原崎権三郎も良い。色男の白井権八役の高橋貞二は、現代風の演技が他の戦前からのスターの時代劇的な演技から少々浮いているような気もするが、軽い若者の雰囲気は出せていたかもしれない。(2002/07/03)

大江戸の鬼 おおえどのおに
監督 萩原遼・志村敏夫
公開年 1947年
評点[B]
感想  今日は、萩原遼・志村敏夫監督の『大江戸の鬼』を観た。昭和二十二(1947)の作品。

 江戸の町は、ゆえなく人を殺す通り魔の恐怖に震えていた。なかなか尻尾をつかめず遠山金四郎(黒川弥太郎)以下の町方役人が焦りを見せる中、腕利き岡っ引の伝七(大河内傳次郎)と島流しから帰ってきたばかりの清吉(長谷川一夫)は、いわれのある般若の面に注目する。

 江戸の町を舞台にした推理サスペンスものといった感じの作品(脚本:三村伸太郎)で、江戸の闇の表現や夜中の追跡劇はなかなかの出来(撮影:安本淳・岩佐一泉)。いわくありげな面打ち師を演じた上山草人も雰囲気を出している。
 しかし、まだ昭和二十二年の段階では立ち回りを自粛していたのか捕物は割りとアッサリ目で、登場人物どうしの会話や思い入れの演技(?)が中心になっていて、展開がかなり遅い。特に面打ち師の娘を演じた高峰秀子の見せ場がたっぷりありすぎて……。
 内容がスリラー物でもあるためか、戦前戦中の萩原作品に観られたしっとりした感性や小粋な演出があまり観られなくて残念。(2004/09/29)

大江戸の侠児 おおえどのきょうじ
監督 加藤泰
公開年 1960年
評点[B]
感想  今日は、加藤泰監督の『大江戸の侠児』を観た。昭和三十五年(1960)の作品。

 博打好きの次郎吉(大川橋蔵)はある夜、悪友の権左(多々良純)に誘われて、いたずらで大名屋敷に忍びこんだ。御殿女中の部屋にいた御中老(香川京子)が故郷の許婚おたか(香川京子の二役)にそっくりなのを見た彼は田舎へ帰る。しかし、様々な不運に見舞われた次郎吉は大名屋敷専門の大泥棒となったのであった。

 脚本も加藤泰監督自身による(原作:山上伊太郎)。原作がそうなのだろうが、ストーリー的には偶然が作用する割合が大きすぎるというか、ちょっと無理がある展開。次郎吉が泥棒となるまで、ずいぶん時間がかかるような感もあった。ただし、その後の展開のテンポは良く、実験的な面白い映像もあって楽しめた。前衛的な部分以外でも、コントラストが強めのモノクロ画像が美しい(撮影:鷲尾元也)。
 橋蔵はかなりの熱演。歌舞伎出身のためか様々な面をもつ次郎吉像を演ずることに成功している。傘をさして若旦那に扮した姿は、さすが。香川京子も綺麗。(2002/12/28)

大江戸評判記 美男の顔役 おおえどひょうばんきびなんのかおやく
監督 沢島忠
公開年 1962年
評点[C]
感想  今日は、沢島忠監督の『大江戸評判記 美男の顔役』を観た。昭和三十七年(1962)の作品。

 直次郎(里見浩太朗)は、息子の出世を信じている母おもん(浪花千栄子)が江戸に来るというので困っていた。金子市之丞(大川橋蔵)のアイデアで直次郎が御目付を演じ、市之丞・河内山宗俊(山形勲)・暗闇の丑松(渥美清)らが家臣に扮し、おもんを騙して帰すことにした。幕府の影の実力者である中野碩翁(月形龍之介)の空き屋敷を無断借用していると、なんと碩翁本人がやって来た。

 河内山宗俊ものの人物設定を借りたオリジナル作品(脚本:小国英雄)。題名が示すように、市之丞の大川橋蔵が主役あつかいになっている。
 中盤、月形龍之介の演ずる碩翁が無表情で河内音頭を踊るところはシュールといっていいほど面白く、コメディ作品なのかと思っていたら人情噺の要素も大きく、どっちつかず。また、市之丞を何人もの女が追いかけ回したりして、主人公をむやみにヨイショしすぎ。全てが過剰で“くどい”感じがした。ラストも中途半端。
 時代劇コメディに才を見せた沢島監督作品としては少々期待はずれだったが、脚本からしてイマイチだったか。(2005/03/22)

大坂城物語 おおさかじょうものがたり
監督 稲垣浩
公開年 1961年
評点[A’]
感想  今日は、稲垣浩監督の『大坂城物語』を観た。昭和三十六年(1961)の作品。

 田舎から大坂(大阪)に出てきた茂兵衛(三船敏郎)は、旧知の薄田隼人正(平田昭彦)とその同志の阿伊(香川京子)が豊臣と徳川に和を結ばせるため苦心しているのを知る。阿伊に惹かれた茂兵衛は霧隠才蔵(市川団子、のち市川猿之助)と共に、千姫(星由里子)誘拐の陰謀や徳川方に鉄砲弾薬を売り渡そうとする商人(香川良介)と戦う。

 村上元三の原作の映画化(脚本:稲垣浩・木村武)。特技監督の円谷英二も参加している、東宝の一連の大作時代劇の一本。淀殿として山田五十鈴、秀頼として岩井半四郎、その他に久我美子も出演してキャストも豪華。丹波哲郎も今のイメージからするとちょっと意外な役で出演。
 主人公・茂兵衛は元々侍ではない暴れん坊が戦に参加するという設定で、どこか『七人の侍』の菊千代をちょっと彷彿とさせるキャラになっている。コメディリリーフ的な登場人物(上田吉二郎)とのかけ合いもあったりして、大阪の陣を題材にした映画にありがちな悲壮感は薄く、明るい雰囲気の作品になっている。
 序盤は戦後の稲垣作品にしてはテンポが良く、茂兵衛の空回り気味の奮闘がユーモラス。中盤は少々中だるみ気味だが、終盤の茂兵衛の活躍はいささか非現実的な点もあるものの、強引に押し切る演出と三船の熱演、そして特撮の迫力で一気に見せられる。特撮はミニチュアっぽいところや合成がわかるところもあるが、質感が一様な現在のCGよりもリアルな部分もある。(2005/03/18)

[1] [2] [3] [4] [5]

掲示板 Return to題名別(五十音順)邦画備忘録Top pageHOME PAGE