Return to題名別(五十音順)邦画備忘録Top pageHOME PAGE

[1] [2] [3]

冷飯とおさんとちゃん ひやめしとおさんとちゃん
監督 田坂具隆
公開年 1965年
評点[B]
感想  今日は、中村錦之助主演の『冷飯とおさんとちゃん』を観た。監督は田坂具隆で、昭和四十年(1965)の作品。

 「冷飯」:本の虫の大四郎(中村錦之助、のち萬屋錦之介)が、いつも道ですれ違う武家娘(入江若葉)を好きになって嫁にしたいと思うが、四男坊の自分は部屋住みの冷や飯食いであることに気づいてあきらめる。しかし、彼の実直さがその運命を変える。
 「おさん」:大工の参太(中村錦之助)は、惚れ合って一緒になった妻おさん(三田佳子)の奔放な性に疲れて家を出て上方に出た。しかし、彼女を忘れられず江戸に戻り、彼がいなくなったあとのおさんの様子を知る。
 「ちゃん」:重吉(中村錦之助)は昔かたぎの腕の良い職人だが、時代に取り残され毎日のように酔いつぶれて憂さを晴らしている。女房お直(森光子)や長男の良吉(伊藤敏孝)を始めとする家族は、そんな彼を温かく見守る。

 山本周五郎の短編『ひやめし物語』『おさん』『ちゃん』を基にしたオムニバス作品。
 「冷飯」は、ちょっと抜けた感じの若者がその性格のおかげで幸せをつかむという明朗時代劇で、錦之助の柄のおかげか、観ていて彼が棚ボタをつかんだという気にもならず、後味が大変に良い作品。兄を演じた小沢昭一や、主人公が古本を仕入れる屑屋を演じた浜村純がいい感じ。
 「おさん」は、前半部分は同僚に悩みを打ち明ける参太の、山本周五郎流の観念的な長台詞が気になった。江戸時代の庶民があんな言葉を使っただろうか。しかし、後半になって参太が江戸でおさんを捜し求めるようになると、おさんと彼女を愛してしまった男たちの悲哀が伝わってきて良くなる。おさんのために落ちぶれた男を演じた大坂志郎が特に良い。
 「ちゃん」は、山本周五郎の理想主義的なところが現れた、『江戸は青空』(『かあちゃん』)を彷彿とさせる、お人よし一家の物語。どうも、この手の物語には現実感がなくて苦手。山本周五郎が「かくあるべし」と考える世界を描いたということはわかるのだが。錦之助も、しょぼくれた親父を演じるにはまだ若すぎるような。綺麗なんだもの。錦之助に惚れている飲み屋の女将(渡辺美佐子)は、いい感じだった。

 全体にテンポは緩やかでちょっと長い感じがする。だが、大変に作りが丁寧な雰囲気がした。非常に映像が美しく、眉を剃ってお歯黒をした女性キャラがいるのがリアル。(2003/06/21)

[1] [2] [3]

掲示板 Return to題名別(五十音順)邦画備忘録Top pageHOME PAGE