Return to題名別(五十音順)邦画備忘録Top pageHOME PAGE
放浪三昧 ほうろうざんまい
監督 稲垣浩
公開年 1928年
評点[C]
感想  今日は、片岡千恵蔵主演の『放浪三昧』を観た。監督は稲垣浩で、昭和三年(1928)の作品。

 時は幕末、所は地方の小藩。自他共に認める剣の腕を持つ伊達主水(片岡千恵蔵)は幸せに暮らしていたが、予期せぬ事件によって一人息子(中村寿郎)と共に放浪の旅に出ることになる。

 千恵蔵プロダクション第2作目で、現存する片岡千恵蔵出演作の最も古いものの一つ。それだけに、千恵蔵が痩せていて大変若々しい。
 脚本は伊丹万作で意外な展開が数度あるが、ちょっと唐突で、観ていてすんなり飲み込みづらい。前半のユーモラスな雰囲気は割りと楽しめたのだけれども。フィルムに欠落があるわけでもないと思うが……。剣の道、恋愛、そして勤皇佐幕の対立などの要素を詰め込みすぎたのではないだろうか。また、せっかく後半は子連れ旅をする設定なのだから、前半のような牧歌的な雰囲気もあっても良かったと思った。(2003/12/09)

慕情の人 ぼじょうのひと
監督 丸山誠治
公開年 1961年
評点[C]
感想  今日は、原節子主演の『慕情の人』を観た。監督は丸山誠治で、昭和三十六年(1961)の作品。

 未亡人・幸子(原節子)は、従業員・石野(三橋達也)の補佐を得ながら亡夫の跡を守って銀座のスポーツ用品店を経営していた。幸子と一緒に住む亡夫の妹・久子(白川由美)は魅力的な幸子に嫉妬し、石野と幸子の仲をかき乱そうとする。

 井上靖の『揺れる耳飾り』が原作(脚本:岡田達門・田波靖男)。井上靖というと歴史小説のイメージが強いが、現代小説も多いようだ。
 全体に、原作どおりの脚本を書きました、そして脚本どおりに撮りました、という感じで演出も映像も抑揚が無く、非常に長く感じた。ストーリー自体が現代の目で見ると古く、テレビドラマ的なのは置いといても、久子というキャラクターは図々しくて都合の悪い時には泣き出したりして、非常に見ていて不愉快だった。久子のボーイフレンドの加納(滝田裕介)はハンサムな画家のはずだが、ちょっとそうは見えない。(2002/09/10)

火垂るの墓 ほたるのはか
監督 高畑勲
公開年 1988年
評点[A]
感想
Amazon
火垂るの墓
火垂るの墓

 今日は、高畑勲監督のアニメ映画『火垂るの墓』を観た。昭和六十三年(1988)の作品。

 神戸に住む14歳の少年・清太(声:辰己努)と4歳の妹・節子(声:白石綾乃)は空襲で家を焼かれ母(声:志乃原良子)も失う。身を寄せた遠縁のおばさん(声:山口朱美)の家にも居づらくなって清太は自立を図るが、戦時下にあっていつまでも二人だけのままごとのような暮らしが続けられるはずもなかった。

 野坂昭如の同題の短編小説の映画化。脚本は高畑監督自身による。公開当時、そして毎年のようにテレビ放映されるたびに満都の紅涙を絞り、“泣けるアニメ”の代表のように言われている作品である。
 実は、私はテレビで何度か観ようとしては途中で挫折し、今日初めて最後まで集中して観たのだが、今まで途中でやめてしまっていたのは悲しすぎるからとか泣きそうになるからとかいう理由ではなく、観ていて非常にいたたまれなくなってしまうからだった。今日最後まで観ても、同じような感覚にとらわれ続け、観終わってしばらくしてもその感じは続いている。
 この作品は反戦アニメとして高く評価されている一方で、主人公たちがたどる運命の不条理さ、特に清太の行動に対する非難の声があったりするようだ。私も観ていて泣けるとは思えず、どちらかといえば違和感を覚え続けたのだけれども(腹は立たなかったが)、一部の観客にこのような違和感を覚えさせるような要素(清太やおばさんというキャラたちも含めて)は、単なるお涙ちょうだいアニメにはしないために監督が意図的に加えたような気がする。
 高畑監督は、観客を感情の渦に巻き込んだまま終わるのではなく、観終わって観客に何かを考えさせるような話作りをしているのだと思う。それもまた一つの見識である……けれども、それゆえにやはり大衆的な人気では宮崎駿には及ばないのかな、とも思う。この『火垂るの墓』自体は高畑作品としては最も人気のある一本だが。

 アニメーションとしては、テレビの「世界名作劇場」以来の徹底したリアリズムが結実して見事な戦中世界を再現している(美術監督:山本二三)。キャラクターの顔も、リアルさとアニメ的な親しみやすさとの割合がちょうど良いと思う(キャラクターデザイン・作画監督:近藤喜之)。このあとの『おもひでぽろぽろ』はリアルに傾きすぎていた。
 また、リアリズム一方だけでなく、アニメの特性を活かした夢のような幻想的なシーンが時折入るのも効果的で評価できると思う。テレビ版『母をたずねて三千里』をちょっと彷彿とさせた。

 個人的には複雑な気分にさせられた作品だが、まぁとにかく特筆すべきアニメ作品であることは間違いないだろう。


 この作品を観終わった女性が泣きながら「いいよね、野坂参三」と言ったというネタがネット上で流布されているらしい。作り話としても、そのトホホ感がちょっとだけ面白いが、若い人にはもう通用しないかな。(2005/10/31)

鉄道員 ぽっぽや
監督 降旗康男
公開年 1999年
評点[C]
感想
Amazon
鉄道員
鉄道員

 今日は、高倉健主演の『鉄道員(ぽっぽや)』を観た。監督は降旗康男で、平成十一年(1999)の作品。浅田次郎の原作の映画化。

 北海道のローカル線の終着駅、幌舞の駅長として路線を守り続けてきた“ぽっぽや”佐藤乙松(高倉健)の半生。

 公開当時かなり話題になった作品だ。ま、いい話っすね。でも、ちょっと狙いすぎのようにも感じられた。話の展開が予想できてしまう割に、台詞もエピソードも説明過剰だったような。特に、広末涼子が出てくる最後の挿話は、どんなもんかなぁ…。ラストは『無法松の一生』みたい。
 出演者の演技もちょっと説明的な部分があったかも。とりわけ、小林稔侍と大竹しのぶは少々くどい。(2001/01/07)

ほらふき丹次 ほらふきたんじ
監督 中川信夫
公開年 1954年
評点[B]
感想  今日は、中川信夫監督の『ほらふき丹次』を観た。昭和二十九年(1954)の作品。

 大正末期の北海道。男やもめの丹次(藤田進)は村や町の者からホラ吹きと言われていたが、村人(小澤栄)を殺した脱獄囚(稲葉義男)を捕らえて大いに面目をほどこす。しかし、殺された村人の美しい娘はつ子(安西郷子)が丹次の家に世話になることに決まると、丹次ののんきな暮らしに変化が訪れる。

 藤田進が原作を気に入り、自ら映画化権を獲得して作られた作品だという(原作:寒川光太郎/脚本:八木隆一郎)。
 冒頭から中盤までののんびりしたエピソードや田舎町の暮らしはほのぼのしていて、本物の北海道ロケではないとは思うが田畑や森の映像も大変美しい(撮影:河崎喜久三)。そこまで観て、これはほのぼのした作品なのかな……と思っていると後半で急展開。原作がそうなのだろうが、唐突で驚かされる。人によって受け取り方は異なるとは思うけれども、私はちょっと意外に感じてしまった。中盤までの丹次のキャラクターが良かっただけに。ただし、その緊迫感は中川監督の手腕のおかげだろうか。
 東野英治郎の演ずる村の駐在所の老巡査が主人公に負けないほど大活躍したのは面白かった。(2005/06/08)

ほろよひ人生(音楽喜劇 ほろよひ人生) ほろよいじんせい
監督 木村荘十二
公開年 1933年
評点[C]
感想  今日は、木村荘十二監督の『ほろよひ人生』を観た。昭和八年(1933)の作品。

 “ようよう駅”でアイスクリームを売るトク吉(藤原釜足)は、ヱビスビールを売っているエミ子(千葉早智子)にぞっこん。だが、エミ子の方は毎日ビールを買いに来る音楽学校の学生アサオ(大川平八郎)が好きで、二人は既に付き合っている。アサオの作品が初めてレコード化された歌謡曲『恋は魔術師』が大ヒットしたことで、三人の運命は大きく変わり……。

 東映の前身であるP.C.L.の第一回作品。トーキーを売りにしていたので、歌と音楽がたっぷりのミュージカル的作品。副題に“音楽喜劇”とある。
 副題どおりストーリーは、おとぎ話調。トーキー初期で、しかもP.C.L.の初作品であるためか、演技・演出・編集など今ひとつ、こなれていないように見えた。ヒロインのエミ子の演技は気になった……。
 内容は明るいので楽しむことはできる。当時の最先端の流行が描かれているのも興味深い。(2002/06/24)

本日休診 ほんじつきゅうしん
監督 渋谷実
公開年 1952年
評点[A’]
感想  今日は、渋谷実監督の『本日休診』を観た。昭和二十七年(1952)の作品。

 三雲医院の老医師・三雲八春(柳永二郎)は戦後の新装開院一周年の日を休診日にした。院長の座を譲った甥・五助(増田順二)や看護婦たちは遊びに出、八春と婆や(長岡輝子)はのんびり昼寝しようとしていた。しかし、婆やの子で戦地で精神を病んだ勇作(三國連太郎)が騒ぎ出したのを皮切りに、松木巡査(十朱久雄)が暴行された娘(角梨枝子)を連れてきたり、指詰めしてくれというやくざ加吉(鶴田浩二)が来たり、訪問者や往診の依頼がひっきりなしで休む暇もないのであった。

 井伏鱒二の原作の映画化(脚本:斎藤良輔)。新派出身の柳永二郎が主演で、ちょっと演技が濃いかな? と思うこともあったが、柳や渋谷監督はコメディ作品として作ったのだろうか。
 戦後しばらくの社会を反映する多彩な人物が登場して、柳永二郎は文字通り大活躍。原作のせいか、渋谷監督らしい毒気はちょっと薄めのような気がする。ただし、全体のテンポの良さはこの監督らしいし、終盤の急展開と最後にちょっとホロリさせられる味を楽しめる。
 出演者は、精神に異常をきたした役の三國連太郎は、これが異常な人物を演ずることが多い彼の原点なのかと思った(笑)。のちの役柄を考えると、チンピラ役の鶴田浩二が弱っちいのが面白い。松竹時代は二枚目俳優として売っていたので意外な役ではないのかもしれないが。加吉の情婦役として淡島千景、旧知の患者の息子として佐田啓二が出演。(2004/12/09)

ぼんち ぼんち
監督 市川崑
公開年 1960年
評点[A’]
感想
Amazon
ぼんち
ぼんち

 今日は、市川雷蔵主演の『ぼんち』を観た。監督は市川崑で、昭和三十五年(1940)の作品。

 大阪の船場(せんば)で五代続く足袋問屋の跡取り息子・喜久治(市川雷蔵)は、女遊びを止めるためにとあてがわれた妻(中村玉緒)を母(山田五十鈴)と祖母(毛利菊枝)にいびり出されてから、ぽん太(若尾文子)・幾子(草笛光子)・比沙子(越路吹雪)・お福(京マチ子)と女性遍歴を重ねる。

 山崎豊子の原作の映画化(脚本:和田夏十)。冒頭で登場した市川雷蔵の姿にちょっとビックリ。ごく一瞬だが、誰だかわからなかった。また、この作品は中村鴈治郎を非常に贅沢な使い方をしている。
 女だらけの作品で、原作を読んだことがないのだけれども、この映画では日本的母性社会の不気味さが強調されているような気がした。主人公の母と祖母(=実の母娘)がいつもベッタリしていて、実に気味悪い。他の女性たちも女臭さが強調されていて、女性の美よりも男の全てを支配しようとする不気味さを感じた。しかし、それに完全に圧倒されるでもない飄々とした主人公像を雷蔵が巧みに演じている。やはり彼は喜劇的な雰囲気のある役が上手い。
 原作者の意図に沿っているかどうかはわからないが、独特な女性観とユーモラスな雰囲気を感じさせる雷蔵&雁治郎が印象に残る作品。
 撮影は宮川一夫で、カラー時代の大映作品なので保存状態がよく、映像が美しい。(2003/03/21)

掲示板 Return to題名別(五十音順)邦画備忘録Top pageHOME PAGE