Return to題名別(五十音順)邦画備忘録Top pageHOME PAGE

[1] [2]

グラマ島の誘惑 ぐらまとうのゆうわく
監督 川島雄三
公開年 1959年
評点[B]
感想  今日は、川島雄三監督の『グラマ島の誘惑』を観た。昭和三十四年(1959)の作品。

 戦争末期。内地へ向かう輸送船が撃沈され、皇族の香椎宮為久(森繁久彌)・為永(フランキー堺)兄弟、お付き武官の兵藤中佐(桂小金治)、やり手婆の佐々木しげ(浪花千栄子)と慰安婦たち、報道班員の香坂よし子(淡路恵子)と坪井すみ子(岸田今日子)、戦争未亡人の上山とみ子(八千草薫)らが付近のグラマ島に流れ着く。世間知らずの為久を始めとする面々の奇妙な共同生活が始まる。

 戦争末期から昭和二十五年になるまで数十人の日本人が孤島に取り残され、ただ一人の女をめぐって争ったという“アナタハン事件”を題材にした飯島匡の戯曲を基にした作品(脚本:川島雄三)。
 主人公が皇族、しかも為久はまさにバカ殿キャラというのが強烈で、よく作れたものだと思う。むしろ今よりも天皇制批判的な作品を作りやすかったのかもしれないが……。いや、公開当時は皇太子殿下(今上天皇)御成婚ブームの最中なので(作中にもそれを諷刺する表現がある)、相当な勇気が必要だったと思う。戦中にほとんど戦争協力的でない『還って来た男』でデビューしただけあって、川島雄三監督もたいした度胸だ。もちろん、作者の志と創作作品としての評価は別物であるけれども。
 天皇制批判・軍隊批判の要素が強い作品ではあるが、芸達者な出演者たちの演技と、川島監督のやりたい放題の演出によって、中盤までは一気に観せられ、笑える部分も多い。年増女郎を演じた轟夕起子はまさに強烈。皇族・軍隊批判に対して、インテリぶる報道班員たちも諷刺されているので、多少はバランスが取れているし。
 ただし、やはり風刺的要素が強すぎるくらいなので、それを中和するためか中盤以降はドタバタ的展開が多くなってダレてしまい、加えて川島監督と顔なじみのベテラン俳優たちの遊びが過剰なくらいあって、いささか食傷する感もある。この次の作品『貸間あり』と設定が似ているところもあるので(孤立した場所で繰り広げられる人間動物園)、川島監督はこういう作品が好きなのだろうが、ちょっと乗りすぎたのかな、と思った。

 撮影は先頃無くなった岡崎宏三で、川島監督の奇をてらった要求によく応えていると思う。メインキャストの一人(宮城まり子)が沖縄出身という設定なので、沖縄の歌や舞踊がたびたび出てくるが、沖縄文化に着目した映画の先駆けになるのではないだろうか。三橋達也が意外な姿で登場。(2004/02/04)

狂った果実 くるったかじつ
監督 中平康
公開年 1956年
評点[A’]
感想
Amazon
狂った果実
狂った果実

 今日、『狂った果実』を観た。石原裕次郎主演で中平康監督。昭和三十一年(1956)の作品。

 鎌倉に住む資産家の息子の夏久(石原裕次郎)は悪友と自堕落に遊び回っていた。純情な弟の春次(津川雅彦)は兄たちに半ば反発し半ばあこがれている。ある時、春次が偶然知り合った美女・恵梨(北原三枝)とつきあい始めたので、夏久たちは驚く。だが、夏久と恵梨は互いに興味を示し始め…。

 “太陽族映画”の第二作目で、第一作では脇だった石原裕次郎の初主演作。若い頃の裕ちゃんは童顔で、長身とのアンバランスさがウケたのかな。北原三枝は美しい。
 弟を演じた津川雅彦が上手い。ラストシーンの表情とか。対する裕次郎の演技自体は…。津川雅彦は二世役者であるためか、お坊ちゃんらしさがよく出ていた。しかし、数十年後に東条英機を演じたり大河ドラマでチョンマゲコントのような怪演をしようとは…(笑)。夏久の友人を演じた岡田真澄も良かった。
 太陽族映画ってどんなもんだろう、と思っていたが、予想よりは面白かった。もちろん時代を感じさせる部分はあるし、当時の観客が受けた衝撃を共有することはできないが、意外と乾いた描写が古びていない。
 にしても、この程度でも当時は社会の敵あつかいされたのね…。(2000/09/27)

紅の翼 くれないのつばさ
監督 中平康
公開年 1958年
評点[A’]
感想
Amazon
紅の翼
紅の翼

 今日は、石原裕次郎主演の『紅の翼』を観た。監督は中平康で、昭和三十三年(1958)の作品。

 日本遊覧航空の石田(石原裕次郎)は、破傷風にかかった子供のため八丈島へ血清を運ぶセスナ機を操縦する。特ダネねらいで強引に同乗した女性記者(中原早苗)とセスナをチャーターした男(二谷英明)が乗客となったが、男は逃亡中の殺し屋だったことがわかってしまう。

 『脂肪の塊』や『駅馬車』といった作品に端を発する“乗り合わせもの”とでもいう物語(原作:菊村到/脚本:中平康・松尾昭典)。裕次郎も中平康も生きの良かった頃の作品で、メインの登場人物は少ないし狭い場所が舞台だが、絵作りが上手く演出もテンポが良いので面白い佳作。さすがに中盤がダレたのが、ちょっと惜しい。裕次郎は演技が上手いわけではないが、小生意気な若いパイロットが似合っていた。

 宮崎駿が飛行機をテーマとしたアニメの題名にいただきたかった気持ちはわかるけれども、自らを投影したキャラを裕次郎になぞらえたのは不遜のそしりを免れ得ないのでは……?(笑)(2003/02/20))

黒い潮 くろいしお
監督 山村聡
公開年 1954年
評点[B]
感想  今日は、山村聡監督の『黒い潮』を観た。昭和二十九年(1954)の作品。

 雨が降る夏の晩、綾瀬駅近くの線路で秋山国鉄総裁(高島敏郎)の轢死体が発見された。3日前に国鉄が大量解雇を発表していたため多くのマスコミが他殺説を採る中、『毎朝新聞』社会部の速水デスク(山村聡)以下の記者たちは自殺説を固持した記事を書きつづけるが、世論は他殺説に同調し速水や山名部長(滝沢修)の立場は苦しくなる。

 昭和二十四年に連続して発生した国鉄の事件の一つである下山事件を題材にした井上靖の小説が原作(脚本:菊島隆三)。山村聡の監督第2作。
 自殺説を採った『毎日新聞』の記者をモデルにしているが、第一作の『蟹工船』がセミドキュメンタリータッチだったのに比べると、主人公の速水の過去などかなり作りこまれたドラマという感じになっている。
 山村聡に協力して滝沢修のほか千田是也・東野英治郎・芦田伸介・信欣三など演劇人が総出演の豪華キャストで皆熱演を繰り広げているが、そんな中で懐が広い感じの滝沢修が印象に残る。また、大真面目な内容と演技の中で、新聞社を訪れる政治家役の進藤英太郎が一服の清涼剤というか箸休めというか(笑)。ホント、いい味出す人だよな〜。
 脇役だった『蟹工船』と異なり主役と演出を兼ねたためか、この作品ではちょっと力みを感じたが、力作と言うことはできると思う。『蟹工船』でも『黒い潮』でも、クレジットには出ないものの有能なスタッフ陣が協力したらしいが。
 映像(撮影:横山実)はシャープだが録音は聞き取りづらいところがかなりあるのが惜しい。なぜ迫力を出そうとして人の声を割れ気味で録音しちゃうのかなぁ。(2004/06/16)

黒い十人の女 くろいじゅうにんのおんな
監督 市川崑
公開年 1961年
評点[A’]
感想
Amazon
黒い十人の女
黒い十人の女

 今日は、市川崑監督の『黒い十人の女』を観た。昭和三十六年(1961)の作品。

 テレビ局のプロデューサー・風(船越英二)には妻(山本富士子)の他に、9人の愛人(岸恵子・宮城まり子・中村玉緒・岸田今日子など)がいた。たまりかねた10人の女たちは、風をこらしめてやろうという相談から始まって、彼を殺してしまおうという話になる。追いつめられていく男。

 非常にスタイリッシュな映像表現で、現在、再評価されている作品。コントラストを強調した白黒画面が美しい。
 ストーリーも皮肉が効いていて、テンポ良く現代的。宮城まり子の使い方が面白い。中村玉緒がカワユイ(笑)。声は少しハスキーな感じだが、今とは全然違う。岸恵子って、いい女っすね。対する船越英二は、いかにも現代人然とした情けない男を好演。『熱中時代』の校長先生が…(爆)。
 俳優の演技は、全体に少しデフォルメされた感じだが、戦後社会をカリカチュアライズした作品だから、それで良いのだろう。(2000/11/28)

黒い賭博師 くろいとばくし
監督 中平康
公開年 1965年
評点[A’]
感想
Amazon
黒い賭博師
黒い賭博師

 今日は、中平康監督の『黒い賭博師』を観た。昭和四十年(1965)の作品。

 ギャンブラーの氷室浩次(小林旭)は同業者の犬丸(小池朝雄)に大勝し、彼の愛人である玲子(富士真奈美)に付きまとわれるようになる。氷室はその後、怪しげな中国人・楊(高橋昌也)のイカサマを見破れず大敗。しかし、楊の裏に国際賭博団が存在することを知る。

 中平監督の“ギャンブラー”シリーズの一作。この作品の人気が特に高いようだ。小林旭に鋭さがあって、そのためにキザったらしさがギャグにならずに踏みとどまっているように感じた。中平監督一流のキザな雰囲気やおふざけも、あまりやりすぎず、ほどほどなので観やすい。小池朝雄の、悪役とも言い切れぬ小者っぽい雰囲気が良い。
 私はギャンブル嫌いで作中に登場するゲームのルールは一つもわからないのだが、それでもテンポよい展開と洒落た雰囲気を楽しめる佳作。氷室の愛人(横山道代)の演技が過剰に戯画化されていて、作中で浮いていたのが気になった。(2003/10/29)

黒い賭博師 悪魔の左手 くろいとばくしあくまのひだりて
監督 中平康
公開年 1966年
評点[A’]
感想
Amazon
黒い賭博師 悪魔の左手
>黒い賭博師
悪魔の左手

 今日は、小林旭主演の『黒い賭博師 悪魔の左手』を観た。監督は中平康で、昭和四十一年(1966)の作品。

 中東の小国・パンドラ王国の“国立賭博大学”の教授(二谷英明)は日本で闇カジノを開き、日本の富を吸い上げようとしていた。日本一のギャンブラー氷室浩次(小林旭)が邪魔になるため、三人のギャンブラー(原泉/天坊準/ジュディ・オング)を日本に送って倒そうとする。しかし、なぜかパンドラ王(大泉滉)の第三王妃(広瀬みさ)も密かに来日していた。

 “ギャンブラー”シリーズ第八作で、『黒い賭博師』と同じく中平康が監督している。のっけから中平監督らしいお遊びが始まって(全員が見るからに日本人のパンドラ王国!)、この作品で描かれるのが一種のファンタジーの世界であることを暗示する。
 ギャンブルの種としてカジノ内のカードやダイスだけでなく競艇まで登場し、そこでちょっと驚くアクションが展開されるのが見もの。また、ジュディ・オングの登場の仕方も今から見ると意外。二谷英明はこの作品でも非常に損な役(笑)。
 中平監督の、くどさのない軽妙な演出が楽しめる一本。(2004/05/05)

黒田騒動 くろだそうどう
監督 内田吐夢
公開年 1956年
評点[C]
感想  今日は、内田吐夢監督の『黒田騒動』を観た。昭和三十一年(1956)の作品。

 江戸時代初期。筑前五十二万石を領する黒田家は、外様大名取り潰しを図る幕府の老中・土井大炊頭利勝(薄田研二)らに目をつけられていた。黒田家の当主・黒田長政(高堂国典)が没すると、跡を継いだ忠之(片岡栄二郎)は足軽あがりの倉橋十太夫(南原伸二、のち南原宏治)を重用して幕府をはばからぬ政策をおこない、それに対して筆頭家老の栗山大膳(片岡千恵蔵)は黒田家を守るため苦肉の策を実行する。

 お家騒動の映画で(原作:北条秀司/脚本:高岩肇)、お家を危うくする佞臣&傾城の美女VS譜代の忠臣という構図はお約束どおり。それに隠れキリシタンの陰謀などをからめてあるのだが、展開が遅い。中盤を過ぎて、幕府の大目付・竹中妥女正(大友柳太朗)が筑前に出向く段になって、やっと緊迫してくるので、それまでちょっと退屈させられるかも。
 後半、栗山大膳が黒田家を守るために続けておこなう意外な行動は、スケールが大きくて割りと楽しめる。ずいぶんと予算をかけたと思われたシーンもある。
 前半のペースの遅さと、片岡千恵蔵らに対して悪役の倉橋十太夫役の南原伸二が若すぎるのか、存在感に欠けるのが惜しい。(2003/05/05)

黒蜥蜴 くろとかげ
監督 井上梅次
公開年 1962年
評点[B]
感想  今日は、井上梅次監督の『黒蜥蜴』を観た。昭和三十七年(1962)の作品。

 日本一の名探偵を自認する明智小五郎(大木実)は、大富豪である宝石商・岩瀬庄兵衛(三島雅夫)の一人娘・早苗(叶順子)を誘拐するという謎の怪盗・黒蜥蜴(京マチ子)と対決する。そして、敵どうしでありながら、明智と黒蜥蜴の間には奇妙な感情が生まれる。

 江戸川乱歩の探偵小説の映画化(脚本:新藤兼人)。オープニング・タイトルからして、黒装束の女王様スタイルの京マチ子がムチをしばきまくるという衝撃の映像が繰り広げられる。のべつまくなしではないが、時々登場人物が歌を唄い踊るミュージカル仕立てになる(作詞:三島由紀夫)。また、登場人物の心情を反映した原色のライトが多用される。
 正直、かなりの異色作だが、京マチ子の美しさと“大物感”もある程度出せていたと思う。あと、ミステリアスな雰囲気がもっと出せていたら、より良かったかも。明智小五郎は個人的に天知茂のイメージが強いので、この作品ではやけに明るくて饒舌に感じた。

 美輪明宏が黒蜥蜴を演じ、なんと三島由紀夫自身が登場するというリメイク版もあるそうなので、そちらも機会があったら観てみたい。(2002/07/12)

黒の試走車 くろのてすとかあ
監督 増村保造
公開年 1962年
評点[A’]
感想  今日は、増村保造監督の『黒の試走車(テストカー)』を観た。昭和三十七年(1962)の作品。

 新車種発売間近のタイガー自動車は、その秘密がことごとくライバルのヤマト自動車の馬渡(菅井一郎)に盗まれていることを知る。タイガーの企画一課の小野田(高松英郎)と朝比奈豊(田宮二郎)は、馬渡に対抗してヤマトをスパイしようと必死になる。

 結果として大映の“黒シリーズ”の第一弾となった作品で、原作は梶山季之(脚本:舟橋和郎・石松愛弘)。同じ増村監督の『巨人と玩具』の役を彷彿とさせるモーレツ社員(←死語の世界)を高松英郎が演じていて、どう見ても彼が主人公。一般には田宮二郎主演作とされ、オープニングタイトルでも田宮二郎が一番最初に出るのだが。
 とにかく、高松英郎の暴走っぷりが凄く、観ていると彼のやっていることは正しい、と錯覚させられるほど。馬渡やタイガーの社長の娘婿という設定の平木(船越英二)などのキャラクターも、類型的ではあるが、俳優の演技が良くて、それらしく見える。田宮二郎は色々な意味で中途半端に見えた。(2003/02/26)

[1] [2]

掲示板 Return to題名別(五十音順)邦画備忘録Top pageHOME PAGE