Return to題名別(五十音順)邦画備忘録Top pageHOME PAGE

[1] [2]

雪崩 なだれ
監督 成瀬巳喜男
公開年 1937年
評点[C]
感想  今日は、成瀬巳喜男監督の『雪崩』を観た。昭和十二年(1937)の作品。

 資産家の息子・日下五郎(佐伯秀男)は、おとなしい妻・蕗子(霧立のぼる)に飽き足りなくなり、別れて幼なじみの弥生(江戸川蘭子)と結婚することを望むようになる。しかし、五郎の父(汐見洋 )は、それを利己的だとして強く反対する。

 大佛次郎の小説の映画化(構案:村山知義/脚本:成瀬巳喜男)。人間のエゴイズムが主題の作品のようだが、主人公が単にわがままな坊っちゃんにしか見えず、父親の言うことが全てもっともだと思えてしまう。原作ではどうなのだろう。また、主演した俳優の演技力に問題があるので、そう見えてしまったのかもしれないが。主人公と弥生役の俳優の演技はちょっとキツイ。
 また、登場人物のモノローグの表現の仕方も少々不自然に感じた。(2002/10/23)

懐しのブルース なつかしのぶるうす
監督 佐々木康
公開年 1948年
評点[C]
感想  今日は、高峰三枝子と上原謙主演の『懐しのブルース』を観た。昭和二十三年(1948)の作品で、監督は佐々木康。

 戦後、没落した華族・立松通房(小沢栄太郎)の長女・典子(高峰三枝子)は生活費と結核療養所に入っている妹(真船圭子)の医療費を稼ぐため、キャバレーのホールで歌うことにした。そんな彼女は、いつも孤独にキャバレーの席に座っていた脇村(上原謙)に声をかけられる。二人は惹かれあうが、脇村には……。

 戦前からの美男美女俳優のコンビによるメロドラマ。戦前からの“流行歌シリーズ”の復活版だともいう。主題歌と劇中の歌は高峰三枝子本人が歌っている。
 確かに主演の二人は美しいが、ストーリーはメロドラマの典型で、今から観ると目新しいものは全く無い。しかし、戦後間もない時期にはそれが求められたのだろうし、没落華族という設定も、同時代的にはリアルだったのかもしれない。(2002/08/18)

夏の妹 なつのいもうと
監督 大島渚
公開年 1972年
評点[C]
感想
Amazon
夏の妹
夏の妹

 今日は、大島渚監督の『夏の妹』を観た。昭和四十七年(1972)の作品。

 本土復帰直後の沖縄に、若い女性二人が降り立つ。異母兄かもしれない大村鶴男(石橋正次)に会いに来た菊地素直子(栗田ひろみ)と、その保護者の小藤田桃子(りりィ)である。桃子は近く、素直子の父である菊地浩佑(小松方正)と再婚予定があった。二人は、元日本軍人の桜田(殿山泰司)・鶴男の母(小山明子)・鶴男の母の昔の情夫であった国吉真幸(佐藤慶)・沖縄民謡の歌手の照屋林徳(戸浦六宏)たちと出会う。

 登場人物の人間関係が複雑だが、大きなドラマがあるわけでもなく……。本当の父親が菊地浩佑か国吉真幸か不明な鶴男は、日本か外国か曖昧な沖縄そのものを象徴しているのだと思うが、あとはよくわからない。なんだか沖縄の観光映画みたいに感じられた。栗田ひろみは可愛いが、演技が少々キツイ。(2002/12/05)

浪華悲歌 なにわえれじい
監督 溝口健二
公開年 1936年
評点[超A]
感想
Amazon
浪華悲歌
浪華悲歌

 溝口健二監督の『浪華悲歌』(なにわエレジー)を観る。いや〜、テーマが現代的で驚いた。若い女性が金持ちの愛人になるわ、そのパトロンの友人に援助交際をもちかけて、自分の彼氏と組んで美人局を演じて警察につかまるわ…。家庭も冷え切っているんだけど、彼女は当座の金に困っている家族(父と兄)のために悪事を働いた…という点だけが今と全く違うとこかな。
 それにしても、昔も昔、大昔の昭和十一年(1936)の映画ですぜ。映画界は六十余年も何やってたんだ。まぁ、トーキーが実用化されてすぐ、今の映画の方法論のほとんどは確立してたんだけど。『西部戦線異状なし』(1930米国)あたりでさえも画質以外は今の映画にさほど遜色ないし。

 しっかし、一番の驚異は主人公の美少女を演じていた山田五十鈴(18か19?)が、80過ぎていまだ現役女優であることかも(笑)。今日の大河ドラマ『葵 徳川三代』にも徳川家康の母親役で出てた。(2000/01/24)(補注:『浪花悲歌』に関してはこちらも参照)

浪花の恋の物語 なにわのこいのものがたり
監督 内田吐夢
公開年 1959年
評点[A’]
感想  今日は、内田吐夢監督の『浪花の恋の物語』を観た。昭和三十四年(1959)の作品。

 大阪の飛脚問屋・亀屋の一人娘おとく(花園ひろみ)の許婚として養子に入った忠兵衛(中村錦之助、のち萬屋錦之介)は、悪友に無理やり連れて行かれた遊郭で、敵娼(あいかた)になった格子女郎の梅川(有馬稲子)に夢中になってしまう。忠兵衛は足しげく通うようになり、やがて彼に破滅が訪れる。

 近松門左衛門の『冥土の飛脚』の映画化(脚本:成澤昌茂)。文楽(人形浄瑠璃)として書かれたが、今では歌舞伎の“封印切”の場などで有名かもしれない。近松では定番の遊女と若者の悲劇だが、為替を扱って現金を運ぶ江戸時代の飛脚屋という職業が生かされたストーリーになっている。
 演出は意外と冷静で、シャープなカラー映像が忠兵衛と梅川を淡々と描写する(撮影:坪井誠)。近松門左衛門の脚本をそのまま映像化したのでは現代人に受け入れられづらいと考えたのか、忠兵衛たちを観察する近松門左衛門その人(片岡千恵蔵)を登場させ、その視点から描いているので、冷静な印象になったのかもしれない。ステレオタイプ的な絵に描いたような悪人がいなかったのは良い。
 錦之助は、“封印切”をしてしまうところの表情の演技が凄かった。ただ、そこに至るまでは、少々おとなしすぎるような感じもした。世間知らずのボンボンであったとしても。梅川の有馬稲子は、まずまずの演技。忠兵衛の姑を演じた田中絹代が、“熱演”ではなく枯れた老人の雰囲気を出していて良かった。(2003/08/30)

南国太平記(南國太平記) なんごくたいへいき
監督 並木鏡太郎
公開年 1937年
評点[C]
感想  今日は、大河内傳次郎主演の『南国太平記』を観た。監督は並木鏡太郎で、昭和十二年(1937)の作品。

 幕末、薩摩の島津家は跡継ぎ問題で揺れていた。益満休之助(大河内傳次郎)ら若者は開明的な斉彬(大河内傳次郎・二役)を推し、対する保守派は主君の側室お由羅(五月潤子)の子・久光(沢村昌之助)を世子にしようと図っていた。益満たちは斉彬を調伏(ちょうぶく)しているという牧仲太郎(進藤英太郎)やお由羅を討とうとするが……。

 勤皇の志士・益満休之助が主人公の直木三十五の同題小説を原作とした作品(脚本:三村伸太郎)。大河内傳次郎の東宝入社第一作とのことで、二役を演じている。
 どうしても現代人の目で観ると調伏(呪術で人を呪い殺すこと)云々で真面目に騒いでいるのが奇妙に思えてしまうし、恋愛話などとの噛み合せが上手くいっていないように感じた。後半に益満が尊王倒幕運動に目覚めるのも唐突。むしろ、映画では最初からお家騒動ではなく尊王倒幕運動をメインに据えた方が良かったのではないだろうか。また、音声の状態が悪いので会話がよく聞き取れないのも不利な材料。
 益満の同志として黒川弥太郎、その妹として花井蘭子と桜町公子が出演。(2004/05/31)

[1] [2]

掲示板 Return to題名別(五十音順)邦画備忘録Top pageHOME PAGE