Return to題名別(五十音順)邦画備忘録Top pageHOME PAGE
眠狂四郎円月斬り ねむりきょうしろうえんげつぎり
監督 安田公義
公開年 1964年
評点[B]
感想
Amazon
眠狂四郎円月斬り
眠狂四郎円月斬り

 今日は、市川雷蔵主演の『眠狂四郎円月斬り』を観た。昭和三十九年(1964)の作品。

 ある時、眠狂四郎(市川雷蔵)は、将軍・家済の庶子・片桐高之(成田純一郎)が刀の試し斬りのため辻斬りをしたのを目撃する。狂四郎は高之と辻斬りの犠牲者の息子・太十(丸井太郎)の双方から狙われるが、狂四郎は、母と共に将軍の座を狙う高之を倒そうとする。

 市川雷蔵の『眠狂四郎』シリーズ第三作。いよいよこの作品で、クールで虚無的な狂四郎のイメージが定着したようだ。絵作りも、少々人工的ではあるが光と影を強調した映像になっている(撮影:牧浦地志/照明:岡本健一)。その映像の中に立つ狂四郎や女性キャラが大変美しい。
 ストーリーも、女性や権力者に対しては冷酷で弱者に対しては暖かい狂四郎というキャラクターができあがったようだ。狂四郎は魅力のあるキャラだが、今から観ると女性の描き方にちょっと首を傾げる部分があるかもしれない。また、剣客の寄居勘兵衛(植村謙二郎)というキャラも、登場する必然性がわからなかった。(2002/09/23)

眠狂四郎殺法帖 ねむりきょうしろうさっぽうちょう
監督 田中徳三
公開年 1963年
評点[B]
感想
Amazon
眠狂四郎殺法帖
眠狂四郎殺法帖

 今日は、市川雷蔵主演の『眠狂四郎殺法帖』を観た。監督は田中徳三で、昭和三十八年(1963)の作品。

 謎の浪人・眠狂四郎(市川雷蔵)のもとに、加賀前田家の奥女中・千佐(中村玉緒)が助けを求めてくる。実は、銭屋五兵ヱ(伊達三郎)から加賀百万石の命運を左右する秘密の品を奪うため、前田侯が狂四郎を利用しようとしたのだ。狂四郎はたちまちそれを見抜き、前田家そして銭屋銭屋五兵ヱと彼に味方する少林寺拳法の達人・陳孫(城健三郎、のちの若山富三郎)の双方と対決する。

 市川雷蔵による『眠狂四郎』シリーズの第1作。原作は柴田錬三郎(脚本:星川清司)。よく言われているように、この第1作は主人公に虚無感が薄く、狂四郎は女と揉め事が大好きな遊び人という雰囲気。作品全体も、忍者の大群との殺陣や少林寺拳法の達人とのアクションなど、活劇的な作り。絵作りもわかりやすく綺麗だし、よくまとまった作品という感じ。何か一つ印象に残るものが欲しかった、という気はする。
 黒づくめの着物をまとった市川雷蔵は美しい。最後の台詞の口調はちょっと気になったが。市川雷蔵と若山富三郎の対決のオチは、どんなもんかなぁ……。(2002/05/30)

眠狂四郎 勝負 ねむりきょうしろうしょうぶ
監督 三隅研次
公開年 1964年
評点[B]
感想
Amazon
眠狂四郎勝負
眠狂四郎勝負

 今日は、市川雷蔵主演の『眠狂四郎 勝負』を観た。監督は三隅研次で、昭和三十九年(1964)の作品。

 眠狂四郎(市川雷蔵)は、ひょんなことから風変わりな老人と知り合いになる。彼は、実は勘定奉行の朝比奈伊織(加藤嘉)だった。幕府の財政改革を推し進める朝比奈には、将軍の娘・高姫(久保菜穂子)一派をはじめとして敵が多く、朝比奈の意気に感じた狂四郎は彼を守るため剣を振るう。

 市川雷蔵主演の『眠狂四郎』シリーズ第2作。第1作と比べると狂四郎の周りの女の影が消え、より孤独になって虚無感が強調されている。
 全体に映像美にあふれているが、狂四郎の敵の一人である采女(藤村志保)と茶室で対峙するシーンの映像が非常に美しい。朝比奈との奇妙な友情は面白いが、加藤嘉はちょっと演技しすぎのように見えた。(2002/06/20)

眠狂四郎女妖剣 ねむりきょうしろうじょようけん
監督 池広一夫
公開年 1964年
評点[C]
感想
Amazon
眠狂四郎女妖剣
眠狂四郎女妖剣

 今日は、市川雷蔵主演の『眠狂四郎女妖剣』を観た。監督は池広一夫で、昭和三十九年(1964)の作品。

 ある時、眠狂四郎(市川雷蔵)は川辺に打ち上げられた大奥の奥女中の死体を見る。それをきっかけとして将軍の娘・菊姫(毛利郁子)の乱行を利用した備前屋(稲葉義男)と御典医(浜村純)の悪事や隠れキリシタンの謎の女・びるぜん志摩(久保菜穂子)の存在を知った狂四郎は、自らの出生の謎をも知ってしまう。

 『眠狂四郎』シリーズの第四作目。この作品から、“円月殺法”に特殊効果が用いられるようになり、よりそれらしくなってくる。また、この作品では、人を斬ったときの血や女性の裸・濡れ場などが多くなっている(モロに見せるわけではないが)。柴田練三郎の原作に近くしたのかもしれないが(脚本:星川清司)、映像化されると少々エログロ趣味という感もある。公開当時は映画界が斜陽の一途をたどりつつある時代だったので、客ウケを狙った意味もあったのだろうか。
 菊姫の乱行や隠れキリシタンや狂四郎の出生の謎、そして第1作(殺法帖)で登場した少林寺拳法の使い手(若山富三郎)など要素が盛りだくさんだが、まとまりは今ひとつのように見えた。(2002/09/25)

狙われた男 ねらわれたおとこ
監督 中平康
公開年 1956年
評点[C]
感想  今日は、中平康監督の『狙われた男』を観た。昭和三十一年(1956)の作品。

 銀座の商店街で殺人事件が発生する。バーのマダム牧子(南寿美子)の弟・吉夫(牧真介)には前科があったので疑われてしまい、彼は自ら真犯人を探そうとする。

 石原裕次郎主演の『狂った果実』が第一作とされている中平監督の、真の初監督作。完成後お蔵入りになり、公開は『狂った果実』のあとになったという珍品。
 いざ観てみると、お蔵入りになってしまったのもうなづけるような……。後年の中平監督のキザなほど洒落た演出や絵作りはほとんど無く、ストーリーも平板で退屈(脚本:新藤兼人)。1時間枠のテレビドラマで充分といった感じ。モノクロの映像そのものは美しいが……。天才肌の監督の習作、と考えれば良いのだろうか。(2002/09/14)

掲示板 Return to題名別(五十音順)邦画備忘録Top pageHOME PAGE