Return to題名別(五十音順)邦画備忘録Top pageHOME PAGE
陸軍 りくぐん
監督 木下恵介
公開年 1944年
評点[C]
感想
Amazon
木下恵介 DVD-BOX 1
木下恵介 DVD-BOX 1
二十四の瞳
花咲く港
生きてゐる孫六
歓呼の町
陸軍
大曾根家の朝
わが恋せし乙女
結婚
不死鳥

 今日は、木下恵介監督の『陸軍』を観た。昭和十九年(1944)の作品。木下監督4本目の作品。

 父の高木友彦(笠智衆)は日露戦争に行き、息子の伸太郎(星野和正)は満州事変に出征し、父子二代続けて軍人になった北九州に住む高木家の物語。原作は火野葦平の同題小説。最近、中公文庫から復刊されたそうだ。

 まぁ、時期が時期だけに最初から最後まで「お国のために頑張ろう」という内容。特に、出征した息子のことを心配している老人(東野英治郎)に対して登場人物の一人が「貴公の息子一人が生きようが死のうが大したことない。男らしくせい!」と言うところはゾッとした。今になって観ると、全てアナクロ…というか、むしろシュール(笑)。ただ、一応は映画の形を成しているから不思議だ。
 しかし、有名なラストの、出征する息子を母親(田中絹代)が走って追いかけていくシーンは、目頭が熱くなった。やはり、田中絹代は上手い。彼女は生涯、母親になったことは無いのに…。ここだけは見所だ。実際、このシーンのせいで監督は軍部に睨まれたらしいし。(2000/12/12)

竜馬暗殺 りょうまあんさつ
監督 黒木和雄
公開年 1974年
評点[C]
感想
Amazon
竜馬暗殺
竜馬暗殺
Amazon
ATG映画傑作選 Vol.3
ATG映画傑作選3
津軽じゅんがら節
竜馬暗殺
本陣殺人事件

 今日は、黒木和雄監督の『竜馬暗殺』を観た。昭和四十九年(1974)の作品。

 幕末、大政奉還のため奔走した坂本龍馬(原田芳雄)は、幕府はおろか複数の立場の人間たちから命を狙われていた。その暗殺までの三日間。

 昭和四十九年で敢えてモノクロの乾いた画面を用い、時に手持ちカメラを交えたドキュメンタリータッチの作品。龍馬の親友である中岡慎太郎役に石橋蓮司、龍馬を狙うが果たせない若い刺客・右太には松田優作。
 龍馬の暗殺に至る一連の事件を、過激派各派間の抗争あるいは同じ派内の内ゲバとして描いている。ATGの制作だけに、映画が製作された1970年代半ばの既に左翼活動が完全に行き詰まった状況を仮託しているのだろう。それが現代の我々にとってどのような意味をもつのか、ということは疑問だが、中盤で龍馬と中岡と右太が一緒に逃げるところは、活動家を道化として描いていて面白かった。
 暗殺の前後に、謎の女(?)幡(中川梨絵)が登場する意味がよくわからない。余計だったような…。(2001/03/11)

掲示板 Return to題名別(五十音順)邦画備忘録Top pageHOME PAGE