Return to題名別(五十音順)邦画備忘録Top pageHOME PAGE

[1] [2]

早春 そうしゅん
監督 小津安二郎
公開年 1956年
評点[A’]
感想
Amazon
undefined
早春
Amazon
小津安二郎 DVD-BOX 第二集
小津安二郎
DVD-BOX
第二集

 今日は、小津安二郎監督の『早春』を観た。昭和三十一年(1956)の作品。

 蒲田に住む、スギこと杉山正二(池部良)は同じ三十歳前後の通勤仲間とグループを作ってよく遊んでいた。その中の蓮っ葉な女のキンギョこと金子千代(岸恵子)がハンサムな正二に興味を示したことから、グループ内や正二と妻の昌子(淡島千景)との間には波風が立ちはじめ……。

 決定版とも言うべき『東京物語』の次の作品で、これは親子関係ではなく夫婦の関係が主題で、若いサラリーマンのグループを描くなど、小津が新しい分野に挑戦している。ストーリー自体はコメディではないが、会社員のグループや正二の戦友会のコミカルな描き方が面白い。ただ、小津作品としては最も長いだけあって(145分)、少々冗長に感ずる部分もあったが…。
 高橋治が評価しているように、岸恵子は複雑な女をよく演じている。彼女が渡仏して小津の手元から失われてしまったので次作の『東京暮色』が上手くいかず、小津はまた親子を描く作品世界に戻ってしまったのか…。

 池部良って独得な顔だなぁ。個人的には『そよ風ときにはつむじ風』シリーズ(新潮文庫)等のエッセイの印象が強いが。当時は東宝に所属していた彼は小津に会ってしばらくして「お前は覚えがひどく悪いから早いとこ切り上げて勉強しなさい。東宝の俳優さんは覚えもよくないそうだが、人物の解釈が浅い。よく覚えれば解釈もどんどん深くなる。台詞覚えの悪いやつの芝居は人間的でないね。それが東宝育ちのお前さんによく出ている。はい、おやすみ」(『風が吹いたら』文春文庫)と、ガツン!と一撃喰らったそうな。(2000/09/19)

総天然色漫画映画 平成狸合戦ぽんぽこ そうてんねんしょくまんがえいがへいせいたぬきがっせんぽんぽこ
監督 高畑勲
公開年 1994年
評点[A’]
感想 『平成狸合戦ぽんぽこ』(へいせいたぬきがっせんぽんぽこ)を参照

象を喰った連中 ぞうをくったれんちゅう
監督 吉村公三郎
公開年 1947年
評点[A’]
感想  今日は、吉村公三郎監督の『象を喰った連中』を観た。昭和二十二年(1947)の作品。

 ある動物園で象が病死した。飼育係(笠智衆)は悲しむが、治療していた獣医学者たち(原保美・日守新一・阿部徹・神田隆)は肉を焼いて食べ始め、騙して飼育係にも食べさせてしまう。しかし、象の病死体を食った人間が死んだ話を飼育係が思い出すと、症例がピッタリ合うので大騒ぎになる。

 吉村公三郎監督の戦後復帰第一作。笠智衆がチョビひげを生やしてちょっとだけチャップリンを彷彿とさせるような演技をしているのが珍しい。オチは予想できちゃうし、大笑いするような作品ではないが、クスリと笑えるコメディ作。「科学と生命に関する一考察」という副題が付いているが、むやみに諷刺色が濃いわけでもなく、後味は良い。もうちょっとテンポがあったら、さらに良かったかも。
 吉村公三郎は陸軍将校として従軍したことがあり、戦中は国策映画も撮ったので、戦後第一作は進駐軍をはばかってコメディ作にした、つまり韜晦した作品だという話を聞いたことがあるが、本当だろうか。(2004/04/19)

続青い山脈(續青い山脈) ぞくあおいさんみゃく
監督 今井正
公開年 1949年
評点[B]
感想 『青い山脈』(あおいさんみゃく)を参照

続悪名 ぞくあくみょう
監督 田中徳三
公開年 1961年
評点[A]
感想
Amazon
続・悪名
続・悪名
Amazon
悪名 DVD-BOX・第一巻
悪名 DVD-BOX
第一巻
悪名
続・悪名
新・悪名
続・新悪名
第三の悪名

 今日は、勝新&田宮二郎主演の『続悪名』を観た。昭和三十六年(1961)の作品で、監督は田中徳三。

 モートルの貞(田宮二郎)と兄弟分になって無頼の世界に入った朝吉(勝新太郎)は縄張りを任される親分となり、極道の世界の深みにはまっていく。

 『悪名』の続編であるが、作中時間が前作と連続していて、正編と合わせて前後編のようだ。
 朝吉と貞の双方ともに活躍するシーンが増え、前作よりも娯楽性が高まっているような感じ。特に貞が生き生きしている。非情な大親分役の中村雁治郎も上手い。また、前作では朝吉の敵で、この作品では子分になる役を演じた須賀不二男が最後にいいところをさらっていった。
 女優陣では、相変わらず中村玉緒が可愛いが、前作以来、朝吉と因縁の深い遊女の琴糸を演じた水谷良重(二代目水谷八重子)の薄幸そうな雰囲気が良い。
 現実とは裏腹に心の底からヤクザになりきれない朝吉の心情を描いた脚本(依田義賢)も見事。これもまた前作以来の宮川一夫の撮影が美しい。特に、因島で遠ざかっていく琴糸たちを松の幹の間からとらえたショットが素晴らしい。(2001/05/26)

続網走番外地 ぞくあばしりばんがいち
監督 石井輝男
公開年 1965年
評点[A’]
感想
Amazon
続網走番外地
続網走番外地

 今日は、石井輝男監督の『続網走番外地』を観た。昭和四十年(1965)の作品。

 網走で刑期を終えた橘真一(高倉健)と大槻(アイ・ジョージ)、そして青函連絡船乗り場で橘の懐中を狙った女スリのユミ(嵯峨美智子)の三人は本土へ向かうが、函館で起こった強盗殺人事件に巻込まれ、自ら真犯人を探そうとする。

 『網走番外地』の好評を受けて急遽製作が決まった続編。題名を引き継いでいるので前作同様に一応原作の名義(伊藤一)はあるが、石井監督のオリジナル脚本らしい。予算も増えてカラーになっている。
 青函連絡船に橘たちがのる最初のシークエンスから個性豊かなメインキャストの多くが顔を見せ“つかみ”はOK。様々な場所でよく動いて飽きさせない。橘・大槻・ユミ以外にもドサ回りストリッパー集団の姉御分の路子(三原葉子)とそのヒモのような夫(大坂志郎)、謎の男・吉本(中谷一郎)など、ユニークなキャラたちが揃っている。
 青森に降り立った橘と大槻がアッと驚く商売をするなど、全体に前作よりもコミカルで明るいムードになっているが、締めるところは締めてラストの大立ち回りなどアクションも充分。前作にあった人情噺的な要素や哀愁を感じさせるような部分は少ない。
 続編は正編に及ばないことが多いが、この作品は前作とはまた一味違った良さを持った娯楽性に豊む佳作になっていると思う。(2005/09/06)

続・キューポラのある街 未成年 ぞくきゅうぽらのあるまちみせいねん
監督 野村孝
公開年 1965年
評点[C]
感想 『未成年 続・キューポラのある街』(みせいねんぞくきゅうぽらのあるまち)を参照

續清水港(続清水港/清水港代参夢道中) ぞくしみずみなと
監督 マキノ正博(雅弘)
公開年 1940年
評点[A’]
感想  今日は、マキノ正博(雅弘)監督の『續清水港』(『清水港代参夢道中』は戦後再公開時の改題)を観た。昭和十五年(1940)の作品。

 もうすぐ初日を迎える『森の石松』を演出している舞台演出家の石田勝彦(片岡千恵蔵)は、役者も脚本も口うるさい劇場の幹部も気に入らず、イライラしっぱなし。彼を助けようとする秘書の黒田文子(轟夕起子)とも衝突してしまい、劇場の自室のソファでふて寝する。目覚めると、そこは清水の次郎長の家で、自分自身がチョンマゲを結った石松になっていた……。

 戦前映画では珍しいタイムスリップもの。SF時代劇とでも言おうか。夢の世界を舞台にするという発想は昔からあっただろうが、この作品のヒントはどこから得たのだろうか(脚本:小国英雄)。
 これまた珍しく片岡千恵蔵がピシッと真中分けの髪型にネクタイを締めた洋装をしているのが面白い。まだ顔も身体も痩せているので、割りと似合っている。タイムスリップ直後のとまどった様子と、その後次第に本当に石松になった気分になって和服での立ち居振舞いも板についてくる様子を演じ分けていたのが巧み。劇場の専務と小松村七五郎の二役の志村喬が、戦後の黒澤映画とは全く異なる関西弁でおしゃべりなキャラクターを演じていたのが面白い。
 脚本は最後の解決の仕方がちょっと尻切れトンボな感じがした。戦後に沢島忠監督が中村錦之助(萬屋錦之介)主演でリメイクした『森の石松鬼より怖い』では、どうなっているのだろうか。こちらも是非とも観てみたい。(2003/10/05)

続宮本武蔵 一乗寺の決闘 ぞくみやもとむさしいちじょうじのけっとう
監督 稲垣浩
公開年 1955年
評点[B]
感想  今日は、三船敏郎主演の『続宮本武蔵 一乗寺の決闘』を観た。監督は稲垣浩で、昭和三十年(1955)の作品。

 お通(八千草薫)に対する思いを振り捨てて剣の道を歩む決意をした宮本武蔵(三船敏郎)は、兵法(剣術)で名高い京都の吉岡家の当主・清十郎(平田昭彦)に戦いを挑む。その過程で、老僧日観(高堂国典)・本阿弥光悦(御橋公)・吉野太夫(木暮実千代)、そして好敵手となる佐々木小次郎(鶴田浩二)ら様々な人々と出会う。

 三船敏郎主演版『宮本武蔵』の2作目(劇化:北条秀司/脚本:若尾徳平・稲垣浩)。この作品は原作の中盤部分を詰め込んでいて、エピソードを省略したり合わせたり入れ替えたり色々工夫しているものの、あまりよく消化されていない感じがした。原作の美味しいところが無かったり、話が飛んでいるように感じられるところもあった。
 又八が堺左千夫に交替しているが、八千草薫のお通はやはり原作のイメージにピッタリ。鶴田浩二の佐々木小次郎は中村錦之助版の高倉健よりハマっているとおもう。しかし、「ぜんたい、私は誰でしょう?」と言ったときはちょっとウケてしまった。当人は真面目に言っているのだと思うが。(2003/08/19)

蘇州の夜 そしゅうのよる
監督 野村浩将
公開年 1941年
評点[C]
感想  今日は、李香蘭(山口淑子)主演の『蘇州の夜』を観た。監督は野村浩将で、昭和十六年(1941)の作品。

 日本から上海の病院に赴任した医師・加納(佐野周二)は、意欲的に現地の中国人の治療をおこなうが、ある孤児院の日本人嫌いの保母・梅蘭(李香蘭=山口淑子)は彼に反発する。しかし、彼女は加納の真摯な姿勢を見て、次第に彼に惹かれていく。だが、二人の行く道は険しいものであった。

 太平洋戦争勃発直後に公開された、当時の言葉でいう“日支親善”映画。粗筋は、この種の映画のお約束的なもの(原作:川口正太郎/脚色:斎藤良輔)。梅蘭の同僚(葉苓)がド下手な日本語の台詞を喋ったり、梅蘭の婚約者は日本人(高倉彰)が演じていて日本語ペラペラだったり、なんか変なところがある。
 今観ると、むしろ資料的な価値が高いかもしれない。当時の上海市街の実写や郊外の様子を見ることができるので。
 これまで李香蘭こと山口淑子の作品を何作か観て、彼女は演技力よりも現代的な容姿と華やかな雰囲気で魅せる女優だったのかな、と思ったりした。(2002/04/25)

[1] [2]

掲示板 Return to題名別(五十音順)邦画備忘録Top pageHOME PAGE