Return to題名別(五十音順)邦画備忘録Top pageHOME PAGE

[1] [2] [3]

大學の若旦那(大学の若旦那) だいがくのわかだんな
監督 清水宏
公開年 1933年
評点[A’]
感想  今日は、清水宏監督の『大學の若旦那』を観た。昭和八年(1933)の作品。

 醤油問屋“丸藤”の若旦那・藤井実(藤井貢)は大学のラグビー部の花形選手だったが、遊びの方も派手で半玉の星千代(光川京子)との仲を皆に知られて退部させられてしまう。ラグビー嫌いの父親(武田春郎)は喜んだが、ラグビー部の後輩(三井秀男)の姉たき子(逢初夢子)がレビューガールだったため、レビューに足しげく通うようになり……。

 戦後の若大将シリーズの原型といわれる『若旦那』シリーズの第一作。藤井貢の初主演作でもあるらしい。
 映画がトーキーになりつつある時代の作品で、音楽と効果音などが録音され台詞だけがタイトル画面で出る“サウンド版”。音質も比較的良いし拍手などの効果音や大学の校歌までタイミングにあった録音がされているので台詞も録音できるのでは? と思ったが、そう簡単には行かなかったのだろうか。
 主演の藤井貢は茫洋とした感じで若旦那らしかったが、まだ素人っぽい感じがする。のちの東宝の『泣蟲小僧』の小説家役はなかなか良かったけど。若旦那だから上手くなくて良いのかもしれないが、若旦那の叔父役の坂井武や若旦那の妹の婿役の斎藤達雄など脇に芸達者が揃っていたので、そちらの巧みさが目立ってしまったのも否めない。三井秀男や逢初夢子も好演。
 また、現在の目から見るとお気楽な若旦那の行動にはあまり好感を抱けないが、大学に行けるのは数%しかいなかった戦前の人々は、大学生に対して今の人間より鷹揚だったのだろうか。
 しかし、上記のように脇役の上手さが光るし、サイレント特有の俳優の動きのギャグや映像のつなぎ方で時間の省略を表現する清水監督の演出も巧み。レビューのシーンや、たき子の部屋の装飾に清水監督のモダン好みの趣味がうかがえる。(2004/07/10)

大学は出たけれど だいがくはでたけれど
監督 小津安二郎
公開年 1929年
評点[B]
感想
Amazon
小津安二郎 DVD-BOX 第四集
小津安二郎
DVD-BOX
第四集

 今日は、小津安二郎監督の『大学は出たけれど』を観た。昭和四年(1929)の作品。

 時は不景気の真っ只中の昭和初期、、当時は数少なかった大学出のエリートといっても簡単に就職口は見つからなかった。そんな若者の一人である野本徹夫(高田稔)は紹介状を持って会社訪問するが、「受付係しか空きが無い」と言われて憤然として帰る。下宿に戻ると、田舎から母親(鈴木歌子)と許婚(田中絹代)が上京していた。徹夫が故郷への手紙に「就職が決まった」と書いたのを真に受けてしまったのだ。困惑する徹夫。

 小津監督のサイレント期の代表作の一つ。題名は非常に有名で流行語にもなったという。現存するのは15分程度の短縮版なので、よくまとまった小品という印象。田中絹代が本当に若い。まだちょうど二十歳だし。(2001/09/09)

大根と人参 だいこんとにんじん
監督 渋谷実
公開年 1965年
評点[B]
感想  今日は、渋谷実監督の『大根と人参』を観た。昭和四十年(1965)の作品

 山樹東吉(笠智衆)は、長年働いて建てた自宅に妻(乙羽信子)と末娘の恵子(加賀まりこ)と住んでいる生真面目な会社員。大学時代の同級生の秋山(信欣三)が癌になり、告知すべきか否かで同じく同級生の鈴鹿(山形勲)と争ってしまう。その上、弟の康介(長門裕之)が会社の金を使い込んでしまったと泣きついてくると、東吉は思わぬ行動に出て皆を驚かせる。

 小津安二郎が遺作『秋刀魚の味』の次に監督する予定で野田高梧と共作した脚本を基にした作品で、「小津安二郎記念作品」と銘打たれている。ただし、この作品では脚本の名義は白坂依志夫と渋谷実になり、小津安二郎と野田高梧は“原案”とされている。
 実際観てみると、小津作品の雰囲気はほとんど無い。登場人物たちは多少の別はあるものの皆自分勝手で、彼らが早いテンポの会話を交わしながら話が進んでいく。メインキャストを笠智衆以外は小津作品とは縁のなかった面々にしたのも、演出意図の一環であるようだ。岡田茉莉子・司葉子・池部良・岩下志麻などなど、小津作品に出演した俳優たちも“特別出演”として顔を出してはいるが、脇役扱い。
 毒気のある登場人物が形作るコミカルな人間模様とテンポの速さは、まぎれもない渋谷実作品。人生の無常や人間の冷酷な部分を静かに感じさせる小津作品とは異なり、人間の愚かさを表に出して諷刺する渋谷監督のやり方を採っている。ありていに言えば、キャラがかなり下品になっている(笑)。確か、主人公が突飛な行動をする理由も原脚本とは別のものにされているはずだ。
 しかし、終盤はなるほど小津作品らしい雰囲気を見せている。また、題名が出る台詞や終盤に恵子が語る述懐など、キーとなる台詞は元の脚本を尊重しているらしい。
 渋谷監督らしい部分と小津ワールドの部分との違いがちょっとはっきり出すぎているような気がするが、渋谷監督が好きな人なら渋谷作品として楽しめると思う。小津好きの人はどう思うかわからないが。(2004/12/27)

大殺陣雄呂血 だいたておろち
監督 田中徳三
公開年 1966年
評点[A’]
感想  今日は、市川雷蔵主演の『大殺陣雄呂血』を見た。監督は田中徳三で、昭和四十一年(1966)の作品。

 藩の剣道場の師範代を勤める小布施拓馬(市川雷蔵)は、主家を守るため、隣の大藩の人間を斬ってしまった同輩の罪を着て一年間だけという約束で藩を離れる。しかし、様々な不運が拓馬と婚約者の波江(八千草薫)を襲い、彼らを押し流す。

 阪妻主演の戦前のサイレント作品『雄呂血』(監督:二川文太郎)のリメイク。オリジナル版は主人公が恋愛沙汰が原因で脱藩することになっていたが、この作品では武家社会の不条理が強調され、いくつものエピソードが追加されている。
 最初、あまりに拓馬に運が無いのでちょっとマンガ的に見えちゃったり、独白のところでは市川雷蔵の独特な台詞回しが気になったりすることもあったが、主人公が落魄していく後半、そして最後の大殺陣になると緊迫した展開に息を飲む。
 文字通りの大殺陣で何十人と斬りまくるのだが、主人公も徐々にダメージを負っていくので不自然さは少ない。それにしても、ちょっと斬り過ぎとも思えるが。殺陣そのもののアクションは実に多彩でレベルが高く、非常に綿密な構成と演出がおこなわれたことをうかがわせる。殺陣師と斬られ役にも拍手を送りたい。(2002/05/16)

大盗賊 だいとうぞく
監督 谷口千吉
公開年 1963年
評点[B]
感想  今日は、三船敏郎主演の『大盗賊』を観た。監督は谷口千吉で、昭和三十八年(1963)の作品。

 堺の豪商・呂宋助左衛門(三船敏郎)は無実の罪を着せられて船で日本から脱出する。しかし嵐に遭い、さらに黒海賊(佐藤允)に財産を奪われて漂流し、異国に流れ着く。その国は暴君の悪名高き羅刹王(志村喬)に仕える宰相(中丸忠雄)が実権を握り、王女の弥々姫(浜美江)はそれを憂えていた。

 東宝の特撮冒険映画。特技監督は円谷英二。衣装などかなり丁寧に作られている。三船の演ずる主人公が単なるヒーローではなく、ひょうきんなところもあって面白い。物語の舞台が中東だか中央アジアだか国籍不明で、ストーリーやキャラクターなどは漫画的だが、衣装・セットなどの作りや演出は丁寧で、現在の目で観ても観賞に堪えると思う。時々セットなのが丸わかりだったりモブ(群集)シーンの人数が寂しいな、と感じるところがあった。今ならCGでごまかせるだろうか。
 悪人の餌食にされそうな姫、それを救う盗賊、礼拝堂の結婚式、悪役の死にざまなどいくつかのモチーフが、宮崎駿監督の『カリオストロの城』を彷彿とさせるのが意外な発見だった。『カリ城』にはフランスのアニメ『王様と鳥(やぶにらみの暴君)』の影響が強いことがよく言われるが、宮崎監督は当然ながら邦画も観ていたということなのだろう。
 現在なら絶対にアニメになってしまう作品だが、実写で観るのも面白い。今の日本ではこれだけの実写ファンタジー映画は作れないだろう。“妖婆”が天本英世だと知ってかなりビックリ。(2003/12/28)

ダイナマイトどんどん だいなまいとどんどん
監督 岡本喜八
公開年 1978年
評点[A’]
感想
Amazon
ダイナマイトどんどん
ダイナマイト
どんどん

 『ダイナマイトどんどん』は昭和五十三年(1978)の痛快娯楽作品と言ってもいい佳作だと思う。北九州のヤクザたちがケンカの代わりに野球のトーナメントで雌雄を決しようとするお話で、任侠映画のパロディでもあり、高校野球を痛烈に茶化している面もあるんぢゃないかな。
 ゆうきまさみ先生は岡本喜八作品が好きだと『はてもの』で書かれていたが、『ダイナマイトどんどん』を観ているとわかるような気がする。ちょっと表現が劇画的なところがあるし、パロディ色もあるから。(2000/05/04)

大魔神 だいまじん
監督 安田公義(特技監督:黒田義之)
公開年 1966年
評点[A’]
感想
Amazon
大魔神
大魔神
Amazon
大魔神封印匣 魔神降臨
大魔神封印匣
魔神降臨

 今日は、安田公義監督の『大魔神』を観た。昭和四十一年(1966)の作品。

 戦国時代。山中城で家老の大館左馬之助(五味龍太郎)が謀反を起こし、城主・花房忠清(島田竜三)を倒して城を奪った。その後、遺児・花房忠文(青山良彦)と小笹姫(高田美和)は山の魔神を祀る巫女の信夫(月宮於登女)にかくまわれて成長したが、左馬之助の魔手が迫り……。

 大映製作の特撮映画。“特技監督”として黒田義之の名もある。黒田監督は他では普通の時代劇を作っているので、技術者ではなく特撮パートの演出を担当したという意味だろうか。
 安田監督も他では多くの時代劇を監督しているだけあって、終盤までは特撮映画とか子供向け映画らしくなく、普通の時代劇映画の雰囲気で進む。カラー映画だと粗〔あら〕が見えやすくなるが、美術や衣装も安っぽさはなく大映京都のスタッフの優れた技術を反映している(美術:内藤昭)。
 脚本も、シンプルなストーリーだが矛盾や強引なところがなく大魔神の出現まで実に自然に流れている(脚本:吉田哲郎)。映像も合成の継ぎ合わせ部分を除けば、質感の表現など見事(撮影:森田富士郎)。
 私はかなり以前、中学か高校生の頃にテレビで観て結構おもしろい記憶があったので今になって観直してみたのだが、日本映画慣れした現在の目で観ても思っていた以上に丁寧な作りで完成度が高く、風格さえ感じさせる作品だったので感心した。特撮に興味のない時代劇映画ファンの人にも勧められる佳作だと思う。(2005/09/26)

太陽の王子 ホルスの大冒険 たいようのおうじほるすのだいぼうけん
監督 高畑勲
公開年 1968年
評点[A’]
感想
Amazon
太陽の王子 ホルスの大冒険
太陽の王子
ホルスの大冒険

 今日は、アニメ映画『太陽の王子 ホルスの大冒険』を観た。監督(演出)は高畑勲で、昭和四十三年(1968)の作品。

 北の大地に住むホルス(声:大方斐紗子)は、ただ一人の家族だった父(声:横森久)を失ったが、偶然から大きな岩男(声:横内正)の肩に刺さっていた太陽の剣を手に入れ、人間を滅ぼそうとする悪魔グルンワルド(声:平幹二朗)と戦おうとする。

 東映オリジナルアニメーションの代表作の一つで、高畑勲や宮崎駿(美術設計・原画)、大塚康生(作画監督)などのスタッフが自主的に(?)情熱を傾けて製作したものの、公開当時は“漫画映画”としてはシリアス過ぎるとされて観客が入らず、高畑・宮崎ら後のジブリスタッフが東映を去るきっかけとなってしまった作品だという。
 実際、大人の目で観てみると、指導者を中心として団結し圧制者を倒す人民……というような構図がよく見えてしまうし(笑)、スタッフ側もそういうメッセージをこめて作ったらしい。しかし、高畑流というかジブリ流というか、説教臭さはあるけれども、昭和四十三年当時のアニメーションとしての完成度は高いし、娯楽性もギリギリのところで失っていないと思う。セルアニメの動きが気持ちいい。
 ヒロイン的キャラのヒルダが特に良いが、この声を担当したのが、なんと市原悦子! だが、そうと言われなければわからないほど見事に“声優”している。その他、市原悦子と平幹二朗の他にも東野英治郎(村の鍛冶屋ガンコ←なんつう名だ)や三島雅夫(村長)などの俳優が名を連ねている。声優の小原乃梨子もリストにあるが、デビュー作なのかな?
 ヒルダは登場の仕方やその設定など、『新世紀エヴァンゲリオン』のカヲルというキャラの元ネタと考えられるそうだ。言われてみれば……。(2003/02/18)

太陽を盗んだ男 たいようをぬすんだおとこ
監督 長谷川和彦
公開年 1979年
評点[A]
感想
Amazon
太陽を盗んだ男
太陽を盗んだ男

 今日は、長谷川和彦監督の『太陽を盗んだ男』を観た。昭和五十四年(1979)の作品。

 やる気ゼロの中学校の理科教師・城戸誠(沢田研二)は、偶然バスジャックに遭遇したことがきっかけで、手製の原爆を作り、「野球中継を最後まで放映しろ」などの要求を突きつけ始める。彼を追う山下満州男警部(菅原文太)。

 長谷川監督の才能あふれすぎ第2作にして、遺作という噂もある(←こらこら!)。前作以上のシャープな映像とスピーディな展開、カーチェイスなどもある大規模なスケールの撮影で147分の長尺を飽きさせない。ジュリーこと沢田研二も文太アニィも役柄にピッタリとはまっている。池上季実子がちょっと浮いていたようにも見えたが…一般の観客動員を狙って美人女優のからむエピソードを作ったのだろうか?
 娯楽性と監督の作家性とが両立されていて、他の日本映画には類を見ない作品だと思う。
 ただ、どうしても私はこの主人公のようなタイプの人間には、心の底からは共感できないのだが…。(2001/05/14)

下町 だうんたうん
監督 千葉泰樹
公開年 1957年
評点[A’]
感想  今日は、千葉泰樹監督の『下町』を観た。昭和三十二年(1957)の作品。

 昭和二十四年。夫がシベリアに抑留されている矢沢りよ(山田五十鈴)は子供を抱えながら茶の行商をして身を立てている。間借りしている家の主である友人きく(村田知英子)に人の妾になるよう勧められている中、行商先で休ませてもらった小屋に住む鶴石(三船敏郎)と親しくなるが……。

 林芙美子原作の映画化(脚本:笠原良三・吉田精弥)。終戦後数年を経てもまだ戦争の打撃から立ち直り切れないでいる下町の住人たちを描く。
 きくの家には怪しげな“結婚相談所”の看板が掲げられ、りよの他に客をとっている玉枝(淡路恵子)という女も間借りしていて、三人の女が並行して描かれる。原作がそうなのかもしれないが冗長さが皆無で、展開される全ての画面で女たち各々の性格や夫の事情が描かれているように見えるのは、演出の手腕も大いにあるだろう。58分強という短編だけれども、それ以上に短く感じた(もちろん良い意味で)。
 終盤のアッという展開も拍子抜けとか騙された感覚を覚えないのも、演出の妙だろうか。救いのないラストシーンの突き放し方も印象に残る。
 地味なおばさんという印象でありながら下町ではちょっと目を引く魅力も感じさせる山田五十鈴の役作りは見事。他の二人の女性もキャラクターに合っている。しかし、この頃は30歳で“おばあさん”と自称するのだから驚く。多分に謙遜が入っているとしても。(2005/01/23)

[1] [2] [3]

掲示板 Return to題名別(五十音順)邦画備忘録Top pageHOME PAGE