Return to題名別(五十音順)邦画備忘録Top pageHOME PAGE

[1] [2] [3]

丹下左膳余話 百万両の壺(丹下左膳餘話 百萬両の壺) たんげさぜんよわひゃくまんりょうのつぼ
監督 山中貞雄
公開年 1935年
評点[超A]
感想
Amazon
丹下左膳餘話 百萬兩の壺
丹下左膳餘話
百萬兩の壺
Amazon
山中貞雄日活作品集 DVD-BOX
山中貞雄
日活作品集
DVD-BOX
河内山宗俊
百万両の壺

 ついにと言うか、やっとと言うか、山中貞雄監督の『丹下左膳余話 百万両の壺』を観た!昭和十年(1935)の作品。

 小藩の始祖が百万両を隠した場所の地図を塗り込めた家宝“こけ猿の壺”。その壺の秘密を知らずに弟にやってしまい、あわてて取り戻そうとする殿様。
 一方、江戸の大道場の婿養子になった弟の方も、兄からの引き出物が汚い壺だけなので不満顔。たった十文で屑(くず)屋に売ってしまう。その屑屋もすぐ、壺を近所に住む子供“ちょび安”(宗春太郎)に金魚鉢代わりとして与える。
 丹下左膳(大河内傳次郎)は、居候兼用心棒として矢場の女主人・お藤(喜代三)のところに居着いている。ひょんなことから“ちょび安”を手元で育てることになり、丹下左膳の元に渡った“こけ猿の壺”をめぐって大騒動が起こる…。

 いや、これは予想以上の大傑作。山中監督のコメディ方面の才能が発揮されている。『河内山宗俊』よりもギャグは上。もっとも、『河内山』はコミカルな映画ではなくシリアスな作品なのだが。登場人物が口にしたことと逆のことをやってしまう“逆説の話術”や省略法が見事な効果を挙げて笑いを取る一方で、丹下左膳&お藤が口では“ちょび安”を邪険にしながら、実は可愛がっている様子が心を打つ。
 この作品はレンタル店で見かけないのでキネマ倶楽部の発売と思っていたら、日活から廉価版が出ていると知って買ってしまった。せこい話になるけれども、レンタルビデオが10本近く借りられる代金を払っても、面白かったので惜しい気はしない(笑)。
 日本ではトーキー初期に当たる昭和十年の作品だが、画質と特に音質が良好。現存する山中貞雄作品3本の中ではもちろん、日本の戦前のトーキー作品の中でもトップクラスでは。(2000/09/07)

男性対女性 だんせいたいじょせい
監督 島津保次郎
公開年 1936年
評点[B]
感想  今日は、島津保次郎監督の『男性対女性』を観た。昭和十一年(1936)の作品。

 実業家・渥美恭平(藤野秀夫)の次男・哲也(上原謙)はフランスで演劇を学び、劇場のレビューの演出を任されて好評を得るが、予算のことで劇場経営者の藤村(水島亮太郎)と対立する。哲也の兄・行雄(佐分利信)は人類学者で堅物だが、藤村の娘・時子(田中絹代)と仲が良い。しかし、藤村は登紀子を政略結婚させようとして……。

 上映時間が2時間10分を超える、当時としては大作映画。吉川満子や桑野通子も出演して、松竹大船のスターが数多く顔を出している。レビューの舞台にかなり時間を割かれていて、戦前の舞台芸術のレベルが低くはなかったことがわかる。序盤で上原謙が上海に立ち寄るシーンは合成がバレバレだが、異国情緒を見せるためのサービスだったのだろうか。
 渥美家の会社の経営危機や行雄と時子の恋愛、時子の弟(磯野秋雄)と女中(大塚君代)の話など、複数のエピソードを同時進行させて破綻なく進行させている脚本と演出は巧み。ただ、全体にテンポが遅く、レビューシーンの量もあまり興味のない人間にとっては少々多いように感じられ、映画全体が実際の上映時間よりもちょっと長めに感じた。現在では、当時の最新流行・風俗を見ることのできる資料的価値もあるかも。(2003/05/31))

暖流 だんりゅう
監督 増村保造
公開年 1957年
評点[B]
感想  今日は、増村保造監督の『暖流』を観た。昭和三十二年(1957)の作品。

 志摩院長(小川虎之助)が一代で築き上げた志摩病院も、経営は傾き院長自身も死病に冒されていた。かつて院長の恩を受けた日疋祐三(根上淳)が病院改革に乗り出し、看護婦の石渡ぎん(左幸子)を右腕として大鉈を振るっていく。日疋は一方で院長令嬢の志摩啓子(野添ひとみ)が気になっていた。

 岸田国士原作の二度目の映画化(脚本:白坂依志夫)。昭和十四年の吉村公三郎監督版とはかなり展開やキャラクターの性格が異なる。舞台が昭和三十二年になっているようで、時代の違いを反映させるためか二人の女性キャラ、特に石渡ぎんが異常なほど積極的になっている。
 吉村版と違う作品にしようとしすぎたためか、登場人物が早口でしゃべくりまくる増村節がいつも以上だし、ぎんや志摩啓子の婚約者・笹島(品川隆二)も、ちょっとありえないという感じの人物になってしまっているように思う。左幸子は非常な熱演だが。また、吉村版と異なり、志摩啓子も息子の志摩泰彦(船越英二)も金持ちの子女には見えない。
 ただし、奇妙な歌を唄いまくる船越英二の怪演は見もので、目が釘付けになる(笑)。(2004/04/11)

暖流 だんりゅう
監督 吉村公三郎
公開年 1939年
評点[A]
感想  今日、横浜のとある映画館で「さよなら松竹大船撮影所」とかいう企画ものの2本立て上映を観てきた。古い松竹作品なので、観客は年寄りばっか(笑)。

 『暖流』は昭和14年(1939)の古〜い作品。ノモンハン事変の年だ。

 経営が悪化している大病院に改革のメスを入れるため、院長によって抜擢された剛直な青年実業家(佐分利信)とその腹心となって病院の内部を探る看護婦(水戸光子)、今までに見たことの無いたくましい男性の佐分利信に惹かれる院長令嬢(高峰三枝子)と看護婦に手を出していながら令嬢を狙うエリート外科医(徳大寺伸)等々…の人物が繰り広げる人間模様といった感じで、病院ものの元祖ですな。
 なんかキザなオ写真(活動写真)で、お嬢サマの高峰三枝子は「…でございます」とか「ごめんあそばせ」とか言ったりする(笑)。カメラワークなども、手や足をクローズアップしたり、カメラを90度以上パンさせたり、当時としては新しいテクニックがこれでもかというほど用いられていた。そういえば何かの本で、これが初監督だった吉村公三郎は「この作品ほど酔っぱらって撮ったものは無い」という意味のことを言った、と書かれていたなぁ。
 現在の映画の手法は1930年代に確立されていた事実を再確認。多少人物造形の古さやテクニック過剰な部分が目につくところもあるが、映像表現は今でも通用するし、特に俳優の立ち居ふるまいが美しい。戦後2度リメイクされたそうだ。
 これで映像や音がもっと良ければなぁ…。若い頃の佐分利信の台詞回しはイマイチで聞き取りづらかった(笑)。それに、本来は前編と後編に分かれた全180分の大作だったのに、現在残されているのは127分の総集編だけっていうからしょうもない話だ。一日で前編後編を観るのもキツイけど(笑)。(2000/03/31)

[1] [2] [3]

掲示板 Return to題名別(五十音順)邦画備忘録Top pageHOME PAGE