中国前漢時代(206B.C.―A.D.8)に司馬遷によって編纂された中国史上初の総合的歴史書。本 紀・表・書・世家・列伝のそれぞれ異なる形式をとる全百三十巻から成る。この形式は「紀伝体」と呼 ばれ、後代の中国の史書は皆これに倣っている。故に『史記』は「正史の祖」とされる。取り扱う 年代は上古の黄帝から漢の武帝の時代にまで及んでおり、複数の王朝を取り扱っていることから「 通史」と呼ばれ、後の『漢書』以降の正史が「断代史」の形式をとるのに比して『史記』を際だた せる特徴となっている。


「本紀」


「太史公自序」に曰く「天下の放失〔ほういつ〕せる旧聞を罔羅〔もうら〕し、王迹 の興る所、始めを原〔たづ〕ね終りを察し、盛んなるを見、衰えたるを観、論じてこれを行事に考へ、略〔ほぼ〕三 代を推し、秦漢を録し、上は軒轅を記し、下は茲〔ここ〕に至り、十二本紀を著し、既にこれを科条〔かじょう〕す。」と。

 以下に記す十二本紀から構成される部分。天下を支配した王朝、あるいは帝王の歴史を記したものと解釈される。

 以上が先秦時代を扱った部分である。以下は司馬遷が著した「現代史」である。



HOMEPAGEへ戻る

NEXT(「表」へ)


メールはこちらへ

掲示板

(c)ORII,All rights reserved.