自宅サーバー ≫ Linux Server ≫ CentOS 6.5 ≫ プリントサーバー (cups)

 
SSL追加
sups の設定でが SSL通信を使うのでこのサイトの『 SSLサーバー(mod_ssl) 』を先に実行しておく事
CUPS
CUPS の raw 印刷機能を利用してクライアントから直接 TCP/IPネットワークを通じて印刷データの送受信や印刷機器の制御を行う IPP ポートを使用して印刷を行うこと

このため Linux 用のプリンタードライバは不要

USBプリンタの認識
 
 
[root@centos]# modprobe lp   <--- 入力
 
[root@centos]# modprobe usblp   <--- 入力
 
CUPS のインストール
 
 
[root@centos]# yum -y install cups   <--- 入力
 
cups の設定
 
 
[root@centos]# vi /etc/cups/cupsd.conf   <--- 入力

 MaxLogSize 0
 #
 # "$Id: cupsd.conf.in 8805 2009-08-31 16:34:06Z mike $"
 #
 #Sample configuration file for the CUPS scheduler. See "man cupsd.conf" for a
 # complete description of this file.
 #
 
 # Log general information in error_log - change "warn" to "debug"
 # for troubleshooting...
 LogLevel warn

 # Administrator user group...
 SystemGroup sys root


 # Only listen for connections from the local machine.
 Listen localhost:
631 ← 631を確認
 Listen /var/run/cups/cups.sock

 # Show shared printers on the local network.
 Browsing
On ← ネットワーク上のプリンタを検索しない
  

 Browsing
Off
 BrowseOrder allow,deny 
← コメント化
  

 
#BrowseOrder allow,deny
 BrowseAllow all
 BrowseLocalProtocols CUPS dnssd

 # Default authentication type, when authentication is required...
 DefaultAuthType Basic

 # Restrict access to the server...
 <Location />
   Order allow,deny
  
Allow 127.0.0.1 ← 追記(ローカルからのアクセスを許可)
  
Allow 192.168.1.0/24 ← 追記(LAN内からのアクセスを許可)
 </Location>

 # Restrict access to the admin pages...
 <Location /admin>
   Order allow,deny
  
Allow 127.0.0.1 ← 追記(ローカルからのアクセスを許可)
  
Allow 192.168.1.0/24 ← 追記(LAN内からのアクセスを許可)
 </Location>

 # Restrict access to configuration files...
 <Location /admin/conf>
   AuthType Default
   Require user @SYSTEM
   Order allow,deny
  
Allow 127.0.0.1 ← 追記(ローカルからのアクセスを許可)
  
Allow 192.168.1.0/24 ← 追記(LAN内からのアクセスを許可)
 </Location>

 
以下略

 以下を最終行へ追加

 
ServerCertificate /etc/cups/ssl/server.crt
 ServerKey /etc/cups/ssl/server.key

 
起動
 
 [root@
centos]# /etc/rc.d/init.d/cups start   <--- 入力
 
自動起動設定
 
 [root@
centos]# chkconfig cups on   <--- 入力
 
自動起動設定の確認
 
 [root@
centos]# chkconfig --list cups   <--- 入力
 cups     0:off  1:off  2:on  3:on  4:on  5:on  6:off
   <--- 2・3・4・5 が on になっていればOK
 
サーバー側のプリンタ追加
https://192.168.1.***:631/ へアクセスし『このサイトの閲覧を続行する(推奨されません)』をクリック

『管理者向け』メニュー内の『プリンターとクラスの追加』をクリック

『プリンター』メニュー内の『プリンターの追加』をクリック

ユーザー名とパスワード(root と root のパスワード)を入力して『OK』をクリック

サーバーに接続されているプリンターが表示されるので該当するプリンターにチェックを要れ『続ける』をクリック

『共有』にチェックを要れ『続ける』をクリック

今回はネットワーク内のクライアントのみの印刷でローカルからの印刷は行わないので『モデル』は適当に選択(ここでは EPSON New Stylus Color Seris を選択)

ローカルからの印刷も行う場合は正式なモデルを選択(プリンタードライバーを印刷すればここに正式なモデル名が表示される)

『Media Size』(用紙サイズ)を選択して『デフォルトオプションの設定』をクリック
設定完了

自動的に画面が変わる

ローカルから印刷を行う場合は『メンテナンス』 → 『テストページの印刷』を行い確認する

クライアント側のプリンタ追加
ここでは Windows 7 を例にして紹介(他の Windows OS でも基本は同じ)

『スタート』 → 『デバイスとプリンター』 → 『プリンタの追加』をクリックして『プリンターの追加』ウィザードを表示

『ネットワーク、ワイヤレスまたは Bluetooth プリンターを追加します(W)』を選択して『次へ(N)』をクリック

『探しているプリンターはこの一覧にはありません(R)』を選択して『次へ(N)』をクリック

『共有プリンターを名前で選択する(S)』を選択して http://<サーバーのIPアドレス>:631/printers/<プリンター名> を入力して『次へ(N)』をクリック

追加するプリンターを選択して『OK』をクリック

『次へ(N)』をクリック

『テストページの印刷』をクリックして正常にテストページが印刷されれば『完了(F)』をクリック

戻る