自宅サーバー ≫ Linux Server ≫ CentOS 6.5 ≫ DHCPサーバー

 
DHCPサーバーのインストール
 
 
[root@centos]# yum -y install dhcp   <--- 入力
 
DHCPサーバーの設定

 
[root@centos]# vi /etc/dhcp/dhcpd.conf   <--- 入力
 #
 # DHCP Server Configuration file.

 #   see /usr/share/doc/dhcp*/dhcpd.conf.sample
 #   see dhcpd.conf(5) man page

 #

 
 
以下新規記述
 
 
ddns-update-style interim;
 ignore client-updates;

 
 
subnet 192.168.1.0 netmask 255.255.255.0 {          <--- 自分のネットワーク及びサブネットマスク
     option routers 192.168.1.***;
                   <--- ルーターのIPアドレス
     option subnet-mask 255.255.255.0;               <--- ネットマスク
 
   option domain-name "papa-net.info";             <--- ドメイン名
    
option domain-name-servers 192.168.1.***;       <--- ネームサーバーのIPアドレス
     range dynamic-bootp 192.168.1.1 192.168.1.20;
   <--- クライアントに割り当てるアドレスの範囲
     default-lease-time 43200;
                       <--- デフォルトのアドレスリース期間(秒) 1日
     max-lease-time 86400;
                           <--- 最大のアドレスリース期間(秒) 2日
 
    
以下は特定のクライアントPCに特定のアドレスを割り当てる場合に記述
 
     host ns1 {                                     
<--- クライアントPC ns1
         hardware ethernet xx:xx:xx:xx:xx:xx; 
      <--- クライアントPCのMACアドレス
         fixed-address 192.168.1.10;                
<--- クライアントPCに割り当てるIPアドレス
     }

 
    
host ns2 {                                      <--- クライアントPC ns2
         hardware ethernet xx:xx:xx:xx:xx:xx; 
      <--- クライアントPCのMACアドレス
         fixed-address 192.168.1.20;                
<--- クライアントPCに割り当てるIPアドレス
     }

 

 }

 
dhcp の起動
 
 
[root@centos]# /etc/rc.d/init.d/dhcpd start   <--- 入力
 
再起動時の自動起動設定
 
 [root@
centos]# chkconfig dhcpd on   <--- 入力
 
自動起動設定の確認
 
 [root@
centos]# chkconfig --list dhcpd   <--- 入力
 named     0:off  1:off  2:on  3:on  4:on  5:on  6:off
   <--- 2・3・4・5 が on になっていればOK
 
再起動
 
 [root@
centos]# /etc/rc.d/init.d/dhcpd restart   <--- 入力
 
クライアント機による確認
クライアント機のWindowsのコマンドプロンプトを起動し下記を実行
 
 Microsoft Windows [Version 6.1.7601]
 Copyright (C) 2009 Microsoft Corporation.

 C:>
ipconfig /all   <--- 入力

 Windows IP 構成

     ホスト名 . . . . . . . . . . . . : ZIC2-266Z9
   <--- クライアント機のPC名

    
途中略

     IPv4 アドレス. . . . . . . . . . : 192.168.1.***
   <--- DHCPサーバーより割り振られたアドレス
     サブネットマスク . . . . . . . . : 255.255.255.0
   <--- DHCPサーバーより取得したサブネットマスク
     リース取得 . . . . . . . . . . . : 2012年2月18日 18:00:00
   <--- アドレスリース開始日/時間
     リースの有効期限 . . . . . . . . : 2012年2月19日 16:00:00
   <--- アドレスリースの有効期限
     デフォルト ゲートウェイ. . . . . : 192.168.1.***
   <--- デフォルトゲートウェイのアドレス
     DHCP サーバー. . . . . . . . . . : 192.168.1.***
   <--- DHCPサーバーのアドレス

    
以下略

 C:>

 
上記のようにIPアドレスが割り振られていればOK
DHCPサーバーのリース状況
 
 
[root@centos]# less /var/lib/dhcpd/dhcpd.leases   <--- 入力
 lease 192.168.1.*** {             <--- 割り当てられたIPアドレス表示
   starts 4 2012/02/15 10:16:23;   
<--- 割り当て開始年月日時間表示
   ends 4 2012/02/15 22:16:23;   
<--- 割り当て終了年月日時間表示
   binding state active; 
<--- 現在のリース状況表示  active : リース中。Free : 未割り当て
   next binding state free;
   hardware ethernet 00:12:34:ab:cd:ef; 
<--- ネットワークカードのMACアドレス表示
   uid " \001\000\026v\321Qk";    
<--- クライアント識別子は 16 進のオクテットで表示
   client-hostname "PC-123ZX";  
<--- PC名表示
 }

 
クライアント側の設定
デスクトップの『マイ ネットワーク』を右クリック後『プロパティ』をクリック、『ネットワーク接続』が開くので『ローカル エリア接続』を右クリック後『プロパティ』をクリック、『ローカルエリア接続のプロパティ』が開 くので『インターネットプロトコル(TCP/IP)』を選択して『プロパティ』をクロック

下図のような『インターネットプロトコル(TCP/IP)のプロパティ』が表示されるので『IPアドレスを自動的に取得する』・『DNSサーバーのアドレスを自動的に取得する』にチェックを入れ『OK』をクリック

戻る