自宅サーバー ≫ Linux Server ≫ CentOS 6.5 ≫ サーバー用HDDの増設

 
ユーザーディレクトリ・ホームページファイル
一般的には /home ディレクトリに各ユーザーのホームディレクトリやその下にメールボックス等が作成され、ホームページファイルは /var/www/html ディレクトリに 格納される設定になっている

色々な種類のサーバーやホームページを作って行く段階で FTPを使い各種データをサーバーにアップしようとした場合、ユーザーは自分のホームディレクトリにしかアクセスできないので各種データのアップ先をユーザー のホームディレクトリと同じディレクトリにする

しかし、セキュリティー等を考えた時ユーザーのホームディレクトリがシステムファイルと同一HDDにあるのは問題があり、システムがクラッシュした場合等には各種データも消えてしまう可能性が大きい ので新たにHDDを増設し、そのHDD内に各ユーザーのホームディレクトリを作成し各種 データを格納する

増設HDDの確認
HDDを増設したら正しく認識されているか確認
 
 
[root@centos]# fdisk -l  ← 入力 
 
Disk /dev/sda: 10.1 GB, 10110320640 bytes  ← 既存のHDD 
 255 heads, 63 sectors/track, 1229 cylinders
 Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes
 Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
 I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
 Disk identifier: 0x000ef6d3

    Device Boot      Start         End      Blocks     Id     System
 /dev/sda1   *           1          64      512000     83     Linux
 Partition 1 does not end on cylinder boundary.
 /dev/sda2              64        1230     9359360     8e     Linux LVM

 
Disk /dev/sdb: 13.6 GB, 13578485760 bytes  ← 増設したHDD 
 240 heads, 63 sectors/track, 1754 cylinders
 Units = cylinders of 15120 * 512 = 7741440 bytes
 Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
 I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
 Disk identifier: 0x2ad42ad3

    Device Boot      Start         End      Blocks     Id     System
 /dev/sdb1   *           1        1753    13252648+     c     W95 FAT32 (LBA)
 
 
以下略
 
P-ATA(IED)の場合
Primary/Master   : sda
Primary/Slave    : sdb
Secondary/Master : sdc
Secondary/Slave  : sdd


S-ATA の場合
1番ポート : sda
2番ポート : sdb
3番ポート : sdc
4番ポート : sdd

上記のように増設HDDの情報が表示されれば 認識されている

領域の確保及びフォーマット
fdiskコマンドを使いHDDの領域確保を行う
<他のPCで利用していた古いHDDの場合>
 
 [root@centos]#
fdisk /dev/sdb  ← 入力

 WARNING: DOS-compatible mode is deprecated. It's strongly recommended to
 switch off the mode (command 'c') and change display units to
 sectors (command 'u').
 
 Command (m for help):
p  ← 入力(パーティションの確認)
 
 Disk /dev/sdb: 13.6 GB, 13578485760 bytes
 240 heads, 63 sectors/track, 1754 cylinders
 Units = cylinders of 15120 * 512 = 7741440 bytes
 Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
 I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
 Disk identifier: 0x2ad42ad3

    Device Boot      Start         End      Blocks     Id     System
 
/dev/sdb1   *           1        1753    13252648+     c     W95 FAT32 (LBA)

 Command (m for help):
d  ← 入力(パーティションの削除)
 
 Selected partition 1

 Command (m for help):
p  ← 入力(パーティションの確認)
 
 Disk /dev/sdb: 13.6 GB, 13578485760 bytes
 240 heads, 63 sectors/track, 1754 cylinders
 Units = cylinders of 15120 * 512 = 7741440 bytes
 Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
 I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
 Disk identifier: 0x2ad42ad3

    Device Boot      Start         End      Blocks     Id     System
 
 
 Command (m for help): 
n  ← 入力(新しい領域を作る)
 Command action
    e extended
    p primary partition (1-4)
 
p  ← 入力(基本領域を作る)
 Partition number (1-4): 
1   ← 入力(基本領域の番号を指定する)
 First cylinder (1-1754, default 1):
     ← 何も入力しないでEnterを押す
 Using default value 1
 Last cylinder, +cylinders or +size{K,M,G} (1-1754, default 1754):
  ← 何も入力しないでEnterを押す
 Using default value 1754

 Command (m for help):
p  ← 入力(基本領域の設定を確認する)

    Device Boot      Start         End      Blocks     Id     System
 /dev/sdb1               1        1754    13260208+    83     Linux

 Command (m for help):
w  ← 入力(保存して終了する)
 The partition table has been altered!

 Calling ioctl() to re-read partition table.
 Syncing disks.
 
<新しいHDDの場合>
 
 [root@centos]#
fdisk /dev/sdb  ← 入力

 WARNING: DOS-compatible mode is deprecated. It's strongly recommended to
 switch off the mode (command 'c') and change display units to
 sectors (command 'u').

 Command (m for help): 
n  ← 入力(新しい領域を作る)
 Command action
    e extended
    p primary partition (1-4)
 
p  ← 入力(基本領域を作る)
 Partition number (1-4): 
1   ← 入力(基本領域の番号を指定する)
 First cylinder (1-1754, default 1):
     ← 何も入力しないでEnterを押す
 Using default value 1
 Last cylinder, +cylinders or +size{K,M,G} (1-1754, default 1754):
  ← 何も入力しないでEnterを押す
 Using default value 1754

 Command (m for help):
p  ← 入力(基本領域の設定を確認する)

    Device Boot      Start         End      Blocks     Id     System
 /dev/sdb1               1        1754    13260208+    83     Linux

 Command (m for help):
w  ← 入力(保存して終了する)
 The partition table has been altered!

 Calling ioctl() to re-read partition table.
 Syncing disks.
 
HDDのフォーマット
 
 [root@centos]#
mkfs.ext3 /dev/sdb1  ← 入力
 mke2fs 1.41.12 (17-May-2010)
 Filesystem label=
 OS type: Linux
 Block size=4096 (log=2)
 Fragment size=4096 (log=2)
 Stride=0 blocks, Stripe width=0 blocks
 829056 inodes, 3315052 blocks
 165752 blocks (5.00%) reserved for the super user
 First data block=0
 Maximum filesystem blocks=3397386240
 102 block groups
 32768 blocks per group, 32768 fragments per group
 8128 inodes per group
 Superblock backups stored on blocks:
         32768, 98304, 163840, 229376, 294912, 819200, 884736, 1605632, 2654208

 Writing inode tables: done
 Creating journal (32768 blocks): done
 Writing superblocks and filesystem accounting information: done

 This filesystem will be automatically checked every 38 mounts or
 180 days, whichever comes first. Use tune2fs -c or -i to override.
 
増設HDDのマウント
増設したHDDを /home に割り当てる

既存の /home にある各ユーザーのデータをバックアップし、増設したHDDに各ユーザーのデータを移動し、増設HDDを /home として利用

これにより /home は独立したHDDにできホームページや各ユーザーのファイルディレクトリの容量も増やす事ができる


 
[root@centos]# mkdir /home_backup      ← 入力(バックアップ先ディレクトリの作成)
 [root@
centos]# mv /home/* /home_backup/      ← 入力(/home のデータをバックアップディレクトリへ移動)
 [root@centos]# mount /dev/sdb1 /home   <--- 入力(増設HDDをマウント)
 
[root@centos]# mv /home_backup/* /home/   <--- 入力(増設HDDへバックアップした /home データへ移動)
 
PCを起動する度に増設したHDDをマウントするのは面倒なので /etc/fstab を編集して、起動時に増設したHDDが自動的にマウントされるように設定
 
 [root@centos]#
vi /etc/fstab  ← 入力
 
 
途中略
 
 
/dev/sdb1         /home                   ext3   defaults      1 2  ← 最終行に追記
 
※別の利用方法

増設したHDDを /home/all_usr に割り当てる

既存の /home 内に /all_usr を割り当て増設HDDを /home/all_usr として各ユーザーの共有ディレクトリとして利用

これにより /home/all_usr は独立したHDDにでき各ユーザーの共有ディレクトリや各ユーザー共有のアプリケーションのインストール先として利用できる


 
[root@centos]# mkdir /home/all_usr      ← 入力(wwwディレクトリの作成)
 [root@centos]# mount /dev/sdb1 /home/all_usr   <--- 入力(増設HDDをマウント)
 
[root@centos]# chmod 777 /home/all_usr   <--- 入力(アクセス権の変更)
 
PCを起動する度に増設したHDDをマウントするのは面倒なので /etc/fstab を編集して、起動時に増設したHDDが自動的にマウントされるように設定
 
 [root@centos]#
vi /etc/fstab  ← 入力
 
 
途中略
 
 
/dev/sdb1         /home/all_usr           ext3   defaults      1 2  ← 最終行に追記
 

戻る