自宅サーバー ≫ Linux Server ≫ CentOS 6.5 ≫ カーネルのバージョンアップ

 
カーネルのバージョンアップ

前記の『アップデート』をした場合はカーネルもバージョンアップされてい るので再起動すれば最新のカーネルになる

したがって下記は必要ないが一応、参考までに記述

現在のカーネルのバージョンを確認

 
 
[root@centos]# uname -r   <--- 入力
 
2.6.32-279.el6.x86_64   <--- 現在のカーネルのバージョンが表示
 

2012年3月現在の最新カーネルバージョンは vmlinuz-2.6.32-220.7.1.el6.i686

カーネルのインストール
 
 
[root@centos]# yum -y install kernel   <--- 入力
 
カーネルのインストール確認
 
 
[root@centos]# ls /boot   <--- 入力
 System.map-2.6.32-279.el6.x86_64
 System.map-2.6.32-358.6.2.el6.x86_64
 System.map-2.6.32-431.23.3.el6.x86_64
 config-2.6.32-279.el6.x86_64
 config-2.6.32-358.6.2.el6.x86_64
 config-2.6.32-431.23.3.el6.x86_64
 efi
 grub
 initramfs-2.6.32-279.el6.x86_64.img
 initramfs-2.6.32-358.6.2.el6.x86_64.img
 initramfs-2.6.32-431.23.3.el6.x86_64.img
 initrd-2.6.32-279.el6.x86_64kdump.img
 initrd-2.6.32-358.6.2.el6.x86_64kdump.img
 initrd-2.6.32-431.23.3.el6.x86_64kdump.img
 lost+found
 symvers-2.6.32-279.el6.x86_64.gz
 symvers-2.6.32-358.6.2.el6.x86_64.gz
 symvers-2.6.32-431.23.3.el6.x86_64.gz
 
vmlinuz-2.6.32-279.el6.x86_64
 vmlinuz-2.6.32-358.6.2.el6.x86_64
 vmlinuz-2.6.32-431.23.3.el6.x86_64

 
緑色の文字がインストールされているカーネル
システムの再起動

最新のカーネルを適用させるためにシステムを再起動

 
 
[root@centos]# reboot   <--- 入力
 
起動カーネルの確認

現在、起動しているカーネルのバージョンを確認

 
 [root@centos]#
uname -r   <--- 入力
 2.6.32-431.23.3.el6.x86_64
   <--- 現在のカーネルのバージョンが表示
 
これで最新のカーネルにバージョンアップされ た

戻る