自宅サーバー ≫ Linux Server ≫ CentOS 6.5 ≫ 時刻サーバー(ntp)

 
ntp のインストール
 
 
[root@centos]# yum -y install ntp   <--- 入力
 
ntp の設定
時刻を日本標準時間に合わせる
 
 
[root@centos]# ntpdate ntp.nict.jp   <--- 入力
 
時刻設定ファイルの作成
 
 
[root@centos]# vi /etc/ntp.conf   <--- 入力
 
 
途中略
 
 # Hosts on local network are less restricted.

 
#restrict 192.168.1.0 mask 255.255.255.0 nomodify notrap   <--- コメント解除(LAN内からの同期を許可)
      

 restrict 192.168.1.0 mask 255.255.255.0 nomodify notrap
 

 
# Use public servers from the pool.ntp.org project.
 # Please consider joining the pool (http://www.pool.ntp.org/join.html).
 server
0.centos.pool.ntp.org   <--- 書き換え
 server
1.centos.pool.ntp.org
 server
2.centos.pool.ntp.org
      

 server -4 ntp.nict.jp iburst   <--- 独立行政法人 情報通信研究機構のNTPサーバーに変更(日本標準時)
 
server -4 ntp.nict.jp iburst        -4 は強制的に IPv4 を使用するためのオプションです
 server
-4 ntp.nict.jp iburst        IPv6 で接続可能な場合はいらない(その場合、IPv6 が優先される) 
 
※同じ内容を3行記述する事
 server
-4 ntp.jst.mfeed.ad.jp   <--- 上記サーバーと直接同期しているサーバー
 
 
以下略
 
ntp の起動
 
 [root@
centos]# /etc/rc.d/init.d/ntpd start   <--- 入力
 
ntpd の自動起動設定
 
 [root@
centos]# chkconfig ntpd on   <--- 入力
 
自動起動設定の確認
 
 [root@
centos]# chkconfig --list ntpd   <--- 入力
 ntpd     0:off   1:off   2:on   3:on   4:on   5:on   6:off
   <--- 2・3・4・5 が on になっていればOK
 
ntp の起動 &時刻調整の確認
 
 [root@centos]#  ntpq -p
   <--- 入力
   remote              refid        st t when poll reach  delay  offset  jitter
 ==============================================================================
 
*ntp-b3.nict.go. .NICT.             1 u   15   64    1   9.920   8.975   0.290
 +ntp-b2.nict.go. .NICT.             1 u   14   64    1   6.758   8.653   0.223
 
+210.171.226.40  .NICT.             1 u   13   64    1   9.353   7.853   0.873
 
上記のようにサーバー名(アドレス)の前に + - * のマークが付いていればネット上にあるメインNtpサーバーと同期が取れている
もし、 + - * のマークが付いていない場合は10〜15分ぐらい経ってから再度実行
クライアント(Windows)機の時刻同期
タスクバー右端の時計の上で右クリックして『日付と時刻の調整』をクリック

『インターネット時刻』のタブをクリックし、『設定の変更』をクリック

『インターネット時刻サーバーと同期する』の前のチェックボックスにチェックを入れ、サーバー欄にNtpサーバーのIPアドレスを入力して『今すぐ更新(U)』クリック

『OK』をクリック

戻る