自宅サーバー ≫ Linux Server ≫ CentOS 6.5 ≫ ファイルサーバー(samba + samba-swat)

 
sambaのインストール
 
 
[root@centos]# yum -y install samba   <--- 入力
 
samba の設定
 
 
[root@centos]# vi /etc/samba/smb.conf   <--- 入力
 
 
途中略
  
 
#======================= Global Settings =====================================

 [global]
 

 # ----------------------- Netwrok Related Options -------------------------
 #
 # workgroup = NT-Domain-Name or Workgroup-Name, eg: MIDEARTH
 #
 # server string is the equivalent of the NT Description field
 #
 # netbios name can be used to specify a server name not tied to the hostname
 #
 # Interfaces lets you configure Samba to use multiple interfaces
 # If you have multiple network interfaces then you can list the ones
 # you want to listen on (never omit localhost)
 #
 # Hosts Allow/Hosts Deny lets you restrict who can connect, and you can
 # specifiy it as a per share option as well
 # 
  
        
unix charset = UTF-8   <--- 追記
         dos charset = CP932
    <--- 追記
 

         workgroup = WORKGROUP
   <--- 書き換え(ワークグループの設定)
                ↓
         workgroup = *********
        
server string = Samba Server Version %v

 
;       netbios name = MYSERVER
   <--- コメント解除して書き換え(netbiosの指定がある場合は設定
                ↓                                 通常は変更なし)
         netbios name = ********

 ;       interfaces = lo eth0 192.168.12.2/24 192.168.13.2/24
 
;       hosts allow = 127. 192.168.12. 192.168.13.
   <--- コメント解除して書き換え(同一LAN内だけに
                ↓                                許可する場合に設定 )
         hosts allow = 192.168.1. 127.

 
途中略
 
 # ----------------------- Standalone Server Options ------------------------ 
 # 
 # Scurity can be set to user, share(deprecated) or server(deprecated)
 # 
 # Backend to store user information in. New installations should
 # use either tdbsam or ldapsam. smbpasswd is available for backwards
 # compatibility. tdbsam requires no further configuration.
 
 
        security = user   <--- user になっている事を確認 なっていなければ書き換え
 
        passdb backend = tdbsam   <--- tdbsam になっている事を確認 なっていなければ書き換え
 
 
途中略
 
 #============================ Share Definitions ==============================

 
途中略
 

 # A publicly accessible directory, but read only, except for people in
 # the "staff" group
 
;       [public]
           ↓
         [public]
   <--- コメント解除
 ;       comment = Public Stuff
           ↓
         comment = Public Stuff
   <--- コメント解除
 ;       path = /home/samba
           ↓
 
        path = /home/samba
   <--- コメント解除
 ;       public = yes
           ↓
         public = yes
   <--- コメント解除
 ;       writable = yes
           ↓
         writable = yes
   <--- コメント解除
 ;       printable = no
 ;       write list = +staff

 
共有ディレクトリの作成
 
 
[root@centos]# mkdir /home/samba   <--- 入力
 
アクセス権を変更
 
 
[root@centos]# chmod 777 /home/samba   <--- 入力
 
ユーザーの作成
 
 
[root@centos]# pdbedit -a *****   <--- 入力(***** ユーザー名) 
 new password:
******   <--- パスワード入力(* は実際には表示されません)
 retype new password:
 ******  ← 再度パスワード入力(* は実際には表示されません)
 
ユーザー専用ディレクトリのアクセス権の設定
 
 
[root@centos]# vi /etc/samba/smb.conf   <--- 入力
  
 [*****]   <--- 以下最終行に追記(***** ユーザー名) 
 
comment = ***** Only Space
 path = /home/*****

 
writable = yes   (書き込みの許可 )
 
設定の詳細

path = /home/*****  (***** はユーザ名)
 共有したいディレクトリのパス

public = yes
 パスワードなしでのアクセスを許可 アクセス制御を「share」以外に設定したときは設定できない

guest ok = yes
 ゲストでの接続を許可

guest only = yes
 ゲストでのみ接続を許可

guest account = *****  (***** はユーザ名)
 ゲストとして接続するときのユーザー名を指定

read only = yes
 共有フォルダへの書き込みを許可しない

writable = yse
 共有フォルダに書き込めるように設定

create mask = 0777  (0777 の 777 部分に指定するアクセス権を記述)
 共有フォルダに作成されるファイルのアクセス権を4桁で指定

directory mask = 0777  (0777 の 777 部分に指定するアクセス権を記述)
 共有フォルダに作成されるディレクトリのアクセス権を4桁で指定

force user = yes
 接続したときのユーザー名を無視して、指定したユーザーとして操作 ファイルを作成したときは指定したユーザーの所有

browseable = yes
 パソコンからサーバーにアクセスしたときに共有フォルダの一覧に表示させる noを指定すると隠し共有フォルダ

valid users = *****  (***** はユーザ名)
 指定したユーザーだけが利用できるように設定

invalid users = *****  (***** はユーザ名)
 指定したユーザーは利用できないように設定

write list = *****  (***** はユーザ名)
 指定したユーザーだけに書き込みを許可

hosts allow = *****  (***** はホスト名)
 指定したホスト(IPアドレスも可)だけに利用を許可

hosts deny= *****  (***** はホスト名)
 指定したホスト(IPアドレスも可)からの利用を拒否

上記詳細で yes の部分を no に設定すると逆の意味になります。

samba の起動
 
 [root@
centos]# /etc/rc.d/init.d/smb start   <--- 入力
 [root@
centos]# /etc/rc.d/init.d/nmb start   <--- 入力
 
自動起動設定
 
 [root@
centos]# chkconfig smb on   <--- 入力
 [root@
centos]# chkconfig nmb on   <--- 入力
 
自動起動設定の確認
 
 [root@
centos]# chkconfig --list smb   <--- 入力
 
smb      0:off   1:off   2:on   3:on   4:on   5:on   6:off  ← 2・3・4・5 が on になっていればOK
 [root@
centos]# chkconfig --list nmb   <--- 入力
 
nmb      0:off   1:off   2:on   3:on   4:on   5:on   6:off  ← 2・3・4・5 が on になっていればOK
 
xinetd のインストール
 
 
[root@centos]# yum -y install xinetd   <--- 入力
 
xinetd の起動
 
 [root@
centos]# /etc/rc.d/init.d/xinetd start   <--- 入力
 
xinetd の自動起動設定
 
 [root@
centos]# chkconfig xinetd on   <--- 入力
 
自動起動設定の確認
 
 [root@
centos]# chkconfig --list xinetd   <--- 入力
 
xinetd   0:off   1:off   2:on   3:on   4:on   5:on   6:off  ← 2・3・4・5 が on になっていればOK
 
samba-swat のインストール
 
 
[root@centos]# yum -y install samba-swat   <--- 入力
 
samba-swat の設定
 
 
[root@centos]# vi /etc/xinetd.d/swat   <--- 入力
 # default: off
 # description: SWAT is the Samba Web Admin Tool. Use swat \
 # to configure your Samba server. To use SWAT, \
 # connect to port 901 with your favorite web browser.
 service swat
 {
         port = 901
         socket_type = stream
         wait = no
         only_from = 127.0.0.1
   <--- 追記
           ↓
         only_from = 127.0.0.1
192.168.1.0/24
         user = root
         server = /usr/sbin/swat
         log_on_failure += USERID
         disable =
yes
   <--- 書き換え
           ↓
         disable = no
 }

 
samba-swat の日本語化
64bitの場合
 
 [root@
centos]# cp /usr/lib64/samba/ja.msg /etc/samba/   <--- 入力
 
31bitの場合
 
 [root@
centos]# cp /usr/lib/samba/ja.msg /etc/samba/   <--- 入力
 
xinetd の再起動
 
 [root@
centos]# /etc/rc.d/init.d/xinetd restart   <--- 入力
 
ブラウザでの確認
ブラウザで http:<サーバーのIPアドレス>:901 にアクセスしユーザー名とパスワードを入力 (root と root のパスワード)

※ samba-swat で各種設定を行うと smb.conf のコメント部分が削除されてしまうので注意

戻る