自宅サーバー ≫ Linux Server ≫ CentOS 6.5 ≫ アップデート

 
アップデート

アップデートの実行

 
 
[root@centos]# yum -y update   <--- 入力
 

CentOS のインストール直後はかなりのアップデート 項目がありかなり時間が掛かるがセキュリティー上重要なことなので必ずアップデートを実行

yum-cron のインストール

1日1回(夜間)の自動アップデートを行う yum-cron をインストール


 [root@centos]#
yum -y install yum-cron   <--- 入力
 
yum-cron の設定

 [root@centos]#
vi /etc/sysconfig/yum-cron   <--- 入力
 
 
途中略
 
 # Don't install, just check (valid: yes|no)
 CHECK_ONLY=
no   <--- 必要に応じて書き換え
                     
yes に書き換えると更新の有無のチェックだけを行う
 # Don't install, just check and download (valid: yes|no)
 # Implies CHECK_ONLY=yes (gotta check first to see what to download)
 DOWNLOAD_ONLY=
no   <--- 必要に応じて書き換え
                        
yes に書き換えると更新パッケージのダウンロードだけを行う
 
以下略
 
上記設定ファイルに何も変更を加えなかった場合(デフォルトのまま)は更新の有無を確認して更新があれば自動的にダウンロード及びインストールを行う
yum-cron の起動。
 
 [root@
centos]# /etc/rc.d/init.d/yum-cron start   <--- 入力
 
yum-cron の自動起動設定
 
 [root@
centos]# chkconfig yum-cron on   <--- 入力
 
自動起動設定の確認
 
 [root@
centos]# chkconfig --list yum-cron   <--- 入力
 yum-cron    0:off  1:off  2:on  3:on  4:on  5:on  6:off
   <--- 2・3・4・5 が on になっていればOK
 

戻る