自宅サーバー ≫ Linux Server ≫ CentOS 6.5 ≫ RDPサーバー(xrdp)

 
xrdp のインストール
 
 
[root@centos]# yum -y install xrdp   <--- 入力
 
リモートデスクトップで接続するユーザーグループの作成
 
 
[root@centos]# groupadd xrdp   <--- 入力
 
ユーザグループにユーザーを追加
 
 [root@
centos]# usermod -G xrdp ****   <--- 入力
 
RDPサーバの開始
 
 [root@
centos]# /etc/rc.d/init.d/xrdp start   <--- 入力
 
自動起動設定
 
 [root@
centos]# chkconfig xrdp on   <--- 入力
 
自動起動設定の確認
 
 [root@
centos]# chkconfig --list xrdp   <--- 入力
 wrdp     0:off  1:off  2:on  3:on  4:on  5:on  6:off
   <--- 2・3・4・5 が on になっていればOK
 
Windows 機からの接続(下記例は Windows7)
『スタート』 → 『全てのプログラム』 → 『アクセサリ』 → 『リモートデスクトップ接続』をクリック
『オプション』をクリック

『コンピューター(C)』にサーバーのIPアドレス、『ユーザー名』に上記で設定したユーザー名を入れて『接続(N)』をクリック

接続先が Windows 機でないためメッセージが表示される

『はい(Y)』をクリック

『usename』に root 『password』に root のパスワードを入れて『OK』をクリック

上記で root 以外でログインすると下記のようなダイアログが表示されるので root のパスワードを入れて『認証する(A)』をクリック

戻る