HEWLETT PACKARD HP-200LXの事
今更、説明するまでも無いですが、HEWLETT PACKARD社が発売している、MS DOSベースの小型PCです。LXの意味はLotus eXtendedだそうです。優秀な事で有名な内蔵アプリケーションはLotusが開発していたのです。生産完了されてしまったのが、残念です。

私が200LXを購入したのは、98年に入ってからで、すでにWindows CEなどの競合製品が多々出ていました。その時点で、すでに一世代以上古いハードウェアの200LXをなぜ選んだか。そこに、200LXのよさが隠されています。

私のお気に入りのポイントです。

200LXのキーボードは、小さいですが、入力はしやすいのです。しっかりしたキータッチと、キーの間隔がある程度確保されている為でしょう。

2000/06/26 追記

携帯電話からDDI POCKETのH"に変更しました。それに伴い、SIIのH"用通信カードMC-6550を導入。WWW/LXでメールチェックに役立てています。SIIの通信カードは、HP-200LXの動作を保証しているので、非常にありがたいです。

2003-05-07 追記

予備用にと中古美品を入手した直後、現用の32M機が、首折れ。電池の消費量が異常に多くなっていたことから、無改造2M機をメインとする。未だに200LXに変わるPDAを見つけられずにいるが、さすがに200LXでメールの読み書きをするような情熱は無くなった。キーボード付CLIEやZAURUSが気になるこの頃である。

一時期、妙にコレクター根性が盛り上がり、HP-95LXや、Omnigo100などを入手するが、まったく使用することなくお蔵入りさせている。