DIN-RCA変換アダプターの自作

QUAD 33+303、初期型の44+405やNAIMは入力にDINプラグを採用しているため、一般的な市販のオーディオケーブルを使うためには、 RCAピンからDINへの変換が必要になります。 ちょっとした工夫でDINとRCAの変換アダプターが出来るので、ご紹介します。 個人的にはアンプ本体側のプラグの付け替えは、外観を損なうのでお勧めしません。 そこまでやるなら、自分で良質なケーブルを使ったDINケーブルを作ったほうが良いと思います。

DIN_RCA変換

材料は以下の通り。勿論、切り売りのラインケーブルとRCAジャック、RCAプラグを用いても好結果が得られるでしょう。 あまり太くて硬いケーブルを使うと、DIN端子を痛める可能性があるので、気をつけてください。 今回は、簡単のために、市販の音声延長ケーブルを使います。

  1. DINプラグ x 2
  2. 音声用延長ケーブル(片方がRCAピン、一方がRCAジャックのもの。推奨ケーブルを下に示した)

最近、DINプラグは入手が難しいですが、私は秋葉原のパーツショップで入手しました。 東急ハンズの電子パーツ売り場でも見かけることがあります。 QUADの場合、プリ、パワー間の接続ケーブルは4PのDIN。プリ、パワー間の接続は5PのDINが使われています。

音声延長ケーブルを切って、RCAジャック側をDINプラグに半田付けすれば、 写真のように、RCAケーブルをDINに変換するアダプターが完成します。 同様に、もう一方は、DIN〜RCAの接続ケーブルに加工すると無駄がないでしょう。

DINのピンの何処に接続すればよいかについては、アンプのマニュアルなどに記載がある筈です。 QUADの33プリの場合、端子盤に記載されていました。

螺旋館 TOP PAGEに戻る