QUAD ESL-63pro

ESL-63の名前は、ピーター・ウォーカーの手による最初のアイディアスケッチの日付が 1963年であることに由来します。 発売は1981年なので、初期のアイディアスケッチの段階から18年もの間、 慎重な開発がされてきたのでしょう。

製品化に至るまで、しっかりした開発を行い、目先の変更は行わないのが、 QUAD社の基本方針です。ESL63がフィリップスの録音モニターとして使われていたのをうけて スタジオモニター仕様のESL63Proが発売されたのが1986年になります。

余談ですが、QUADの66Pre用のリモコン、66Control Panelは非常にすばらしい操作性です。 これは、開発者が試作機を自宅に持ち帰り、使い勝手をチェックしていたそうです。 おそらく、オーディオ開発者だけでなく、利用者である家族も含めて、使い勝手の良さを追求したのでしょう。 日本のメーカーのエンジニアにも見習って欲しいやりかたです。

左の写真は我が家のESL-63Pro

ARCICI社製の専用スタンドを使い、床の強化の為、コーリアンのボードを敷いています。 ESLを持ち上げるか、角度をつけるようにセッティングして、ESLの正面が耳の位置に来るように 設置するのが良いでしょう。 また、音質向上のため、スーパーツィータとしてAIRBOWのCLT-1を、 サブウーファーとしてSA Logic D.Cube2を追加しています。

18年間の開発によって得られた進歩、ESLとESL-63の違い。

Philipsの要望でESL-63をレコーディングモニターとしてより適した仕様に変更したものが1985年発売のESL-63Proです。 私が使用しているのがこちらのタイプです。 私のESL63ProにはPRO-63というシールが貼っているので、こちらが本国での呼び名かもしれません。

ESL63ProのESL-63からの変更点は以下のとおりです。

螺旋館 TOP PAGEに戻る

QUAD(クォード)ESL988BLACK【スピーカー】 QUAD(クォード)ESL988NOUVEAU【スピーカー】 QUAD(クォード)ESL988vintage【スピーカー】 QUAD(クォード)ESL989BLACK【スピーカー】 QUAD(クォード)ESL989NOUVEAU【スピーカー】 QUAD(クォード)ESL989vintage【スピーカー】