ALTEC 409-8D

構成はコーン型ウーファーとコーン型ツィータの8インチ同軸ユニット。古くからある構内放送用などのPA用のスピーカーユニットである。

製品の歴史は古く、409B → 409-8C → 409-8D → 409-8E → CD408-8A と、モデルチェンジを繰り返し、 現在も続いている。なお、現行機種のCD408-8Aが、409の名前を使っていないのは、ブランド名の契約条件が 関係しているようだ。一時期、現在はALTECブランドは消滅し、Electro VOICEブランドで、ALTEC社製品の 系統のものが販売されていたが、現在は新体制のALTECにより生産されている。iPodのアクセサリスピーカーを 作っているブランドとは、実体が違うという話も聞くが、私には良くわからない。

かつて、ALTECの輸入元のエレクトリから、409Bを国産の箱にいれた、DIGというシステムが発売されていたが、 本来は、409の系統はオーディオ用ではなく、壁に埋め込んで、館内放送用のような用途に使っていたユニットである。

フレームはプレス、マグネットは10cm口径の405-8Hと同等サイズのものが使われている。 プロ用らしく、部品を効率的に共有しているのだろう。

ユニット単体で鳴らしてみると、とにかく、声が良く通る。目的にかなった音が出る。 音楽用にどうか?といわれると、別に良いものがあるとは思うが…


ALTEC GREENが綺麗。端子盤の上についている金具は、インピーダンスマッチング用のトランスを設置する為のスペース。

2002-05-02追記

409-8C, 409-8Dと所有していたが、409Bを入手したため、手放した。 このシリーズでは、唯一409Bが音楽用として使えると思う。

螺旋館 TOP PAGEに戻る

アルテック製ユニット使用4インチ・フルレンジモニタBALLAD Ba2044インチ・フルレンジモニタ アルテック製ユニット使用4インチ・フルレンジモニタBALLAD Ba4044インチ・フルレンジモニタ アルテック製ユニットの15インチ・デュブプレックスモニタBALLAD Ba62015インチ・デュブプレッ...