ドイツLEONI社製 SPEAKER CABLE

色付けの少ないドイツ製のスピーカーケーブル

LEONI社はドイツに本社をがあり、ケーブル製造の大企業で、世界中に20,000人を越える従業員と60の設備をもっているそうです。 日本では、あまり知られていない会社ですが、欧州におけるBelden/CDTのような位置づけのメーカーではないかと思います。

このほかにも、スタジオユースのスピーカーケーブルなどをカタログに載せていますが、 LEONI社に直接依頼して、1990年代に一部のオーディオファンの間で評価の高かった スピーカーケーブルを特別に再生産して貰いました。

赤と青の被覆のシンプルな外観のケーブルです。被覆は非常に柔らかくしなやかなもので 日本製やアメリカ製ケーブルでは、あまり見かけないドイツ独自のタイプです。 中の芯線は極細の銅線を編みこんだもので、およそ2平方mmの断面積があります。 被覆、銅線ともに経年変化が非常に少ないのも特徴です。 銅線のスペックに関しては、メーカーが情報を開示していませんが、 表面に特殊なガス処理を行っているらしく、これが、銅線の経年変化が少ない理由のようです。 すずや銀のメッキ線と異なり、銅線の表面に異種金属を介在させないため、音に余分な癖がつきません。

ご覧の通り、内部の銅線は非常に細いので、Yラグやバナナプラグ(圧着や半田付けするタイプ)で 処理したほうが使いやすいかもしれません。

音のエッジを強調して、ハイファイ感を演出したりするような色づけがなく、非常にナチュラルな 音質です。音質的な癖が少ない為、長さの長短でも、殆ど音質に変化がありません。 愛用者の方が、60メートルの長尺と一般的に使われるであろう5メートルの音質の差を 比較する実験をおこなったところ、両者の音質の差が解らなかったそうです。 帯域、音色のバランスも非常によく、極細線を編んだものにありがちな、音のボケもありません。 品質が悪いケーブルであれば、当然、長ければ長いほど、音質は悪くなりますし、 高音質のケーブルでも、特定の色つけがあるのならば、ケーブルの長さにより音色に変化が出る筈です。 このことからも、このケーブルが如何に品質が高く、固有の音質を持たないものか、お分かりと思います。

ケーブル固有の音質によってシステムの調整をしようとしている方には向きませんが、 ケーブル固有の音を嫌い、アンプやスピーカー本来の音を聞きたいと思う方には、 最適な選択肢の一つとお勧めできます。

ビンテージオーディオから、現代のハイエンドオーディオまで幅広い機器に、よくマッチします。 ビンテージ機器の特徴的な音を活かす意味でも、現代オーディオ機器のニュートラルで色付けの 少ない音を楽しむためにも、ケーブルで音質を演出しては本末転倒です。

赤青セットを3500円/m(税込み + 送料一律500円)でお分けいたします。 赤青セットで、通常のスピーカーケーブルとして使用しますので、 たとえば、左右のスピーカーに2mずつ使いたい場合、赤青セットが4m 3500x4+500=14500円になります。

特に使い方に指定はありませんが、ケーブル表面にLEONIの文字の刻印がありますので、 ケーブルの方向を管理したい場合は、 アンプ → LEONIの文字の方向 → スピーカー と合わせると良いでしょう。

このLEONIケーブルの購入を希望されるかたや興味をお持ちの方は、下記フォームから、Web Master宛にご連絡ください。 販売は、管球王国の特集記事にも登場している川崎のVintage Audio SHOP、TAF経由ですので安心していただけます。

私のオーディオ仲間に、モニターをお願いしたので、興味をもたれた方は、こちらのレビューも参考にしてください。

螺旋館 Blog

螺旋館 TOP PAGEに戻る