”a”(small a)について
”大文字の「建築」”という言葉があります。
磯崎新氏の言葉で、
正統的に、自立した建築的思念に基づいた観念の結晶したようなもので、
必ずしも具体的な建築物に限らず、言説として組み立てられた総合的な
概念と言っていい〉(”建築のパフォーマンス”より)とのことです。
難解ですね。これは建築家間での言葉なんですが、どうしてこんなに
わかりにくい言葉なのか、、、
そんなところから、僕は”小文字の「建築」−”
rchitecuture”

単純でわかりやすく、気持ちいい空間を
自分の手も使ったりして、より安く手にし、育てていく
そのお手伝いをしたい。

時には、建築までいかないものなんかも作ったり考えたり。

そんな感じの”a”(small a) なんです。

mano”の”a”でもあるんですけど、
どちらかといえば匿名の”a”でありたい。
”Architect”でなくて”
rchitect”。
僕の思いでなく、
依頼者の思いやイメージを実現する
フィルターみたいな役割かと思っています。

 
IN BLACK
BACK