脊柱側わん症とは?


  

 脊柱側わん症とは、背骨が左右に曲がり変形してしまう病気で思春期頃に多く発見されるは、特発性(原因不明の)側わん症であり、女子は男子に比べ圧倒的に発病率が高いとされてます。

 

側わん症を発見するには

 学校保険法では学校健診の項目に脊柱変形があります。4 points checkとして、4つ
の項目をチェックします。
#1. 左右の肩の高さに違いがあるか?(立った状態で)
#2. 肩甲骨の高さ、出っ張りの左右差があるか?(立った状態で)
#3. ウエストラインが左右対称か?(立った状態で)
#4. 肋骨、腰の高さが左右で違うか?-肋骨隆起、腰の隆起-
(手のひらを合わせて、膝の間に挟んで、90度前におじぎをして調べます)