主を尋ね求めよ、見いだしうるうちに。
呼び求めよ、近くにいますうちに。(イザヤ書55:6)

皆さまからのQと
教会と牧師からのA

教会のことやキリスト教のこと、牧師の働きなどについて、よく皆さんから寄せられる質問と答えを問答形式にしてみました。
終わりの日、さばきの日は本当に来るのでしょうか?
 あなたの中で、その疑問あるいは関心はどこから来ているのでしょう。
 「でも、あなた、終わりの日は昨日もう来てしまいましたから。残念!」と言われたら、あなたはどうしますか。
 わたしは、慌てず騒がず、自分の生活を(もちろん他の人々を大切にして)誠実に送ることが終わりの日に備える人のあり方だと考えています。
 終わりの日とは「神さまのお考えが完全に実現する日」のことです。その日が本当に来ることを待ちながら、少しでもそのために役立とうと働くことは尊いことだと思います。
 マタイによる福音書第25章をお読みになって感想をお聞かせください。
 そうそう、ある神学者が「わたしは、終わりの時は本当に来るのかと尋ねられたら、もう昨日来てしまいましたよと答えることにしている」と言っていました。
更新日時:
2015/06/03
他の教会に在籍していますが、陪餐できますか?
 「陪餐」とは、信徒が聖餐式(ミサ)の中でキリストの体と血であるパンとぶどう酒を受けることです。
 礼拝の前に牧師にお申し出ください。
 本当は教派の間で相互陪餐の関係にあるかどうかが問われます。
 ここからはわたしの個人的見解です。その方の事情によって、例えば旅行先であるとか、ご自身の所属する教派の教会が近くにないとか、他の教派の教会で陪餐を希望する場合が出てきますね。そのような人がイエスを主と信仰告白する教会の信徒であり主イエスの養いを得ることを望んでいるのに、人が陪餐を妨げる理由はないと思うのです。
 と、言うわけで、礼拝が始まる前に牧師にご相談になってください。
更新日時:
2015/06/03
牧師、神父、司祭などの呼称に違いはありますか?
 私もいろいろに呼ばれています。
 辞書レベルのことは、面倒でも『広辞苑』のような比較的大きな辞書を引いてください。それぞれ載っていますので。
 私は、日本聖公会の司祭ですが、それは誰が認めたのでしょう。教会が認め、教区主教が司祭按手式の中で私に手を置いて(按手して)私は司祭として認められました。私が司祭という職位にあることは生涯変わりません。その司祭である私が今は教会に派遣されて牧師として働いています。私たちの教会は、北関東教区として一つの体であり、司祭は主教によって具体的宣教の働きのために各地の教会に派遣され牧師として働くわけです。
 つまり司祭は教会の職位であり、牧師は司祭としての職務の一つであると言えます。
 神父とは、教区司祭と修道司祭の総称のように用いられる言葉で、おもにカトリック教会の司祭の呼称で、聖公会の司祭にはあまり「神父」という呼称を用いません。でも、聖公会のアングロ・カトリック的立場から、「神父」という言葉を用いている人もいます。
 余談になりますが、遠藤周作氏の『沈黙』をご存知ですか。キリシタン迫害の時代に日本に潜伏した宣教師が転ぶ(棄教する)物語です。あの話の最後の方で、転んでしまった宣教師のところに裏切り者のキチジローがやってきて、赦罪(罪の赦しの祈り)を求めます。転んだ神父が執り成しをして赦罪の宣言をすることは有効?それとも無効?答えは深いですね。
 司祭になるための按手が有効であったら、神父が転ぼうがキリストを裏切ろうが、司祭であることは消えないのであって、キチジローのために祈り宣言された赦罪は有効であるとも考えられます、が、司祭は主教(司教)によって具体的な働きのために派遣されるのであり、司教は棄教者が牧師として勝手に働くことを認めないでしょう。司教が認めていない司祭の祈りは有効でしょうか。
 さて、あなたはこの神父の働きを神の愛を具現する働きとして有効であるとお考えですか。それとも教会が認めていない人の業であり無効とお考えですか。
 そうそう、まだ口の回らない稚き子が私のことを「チンプチャン」と呼んでくれました。案外本質を突いているかも、ムムッ。
更新日時:
2015/06/03
聖書の内容は全部そのまま信じるべきでしょうか?
 その答えを申し上げる前に、あなたにとって「信じる」とはどういうことかを振り返ってください。他の言葉に置き換えると、信じるとはあなたにとってどんな言葉になりますか。
 一般論ではなく、あなたには、「全部そのまま信じてはいけません」と申し上げた方が良さそうです。聖書は科学の教科書ではありませんから。
 聖書の中で、神は六日で天地を創造しますが、これは科学的事実を記しているのではありませんから、そのままあなたの信じ方で信じてはいけません。でも、この物語を通して聖書は読み手に何を伝えようとしたのかを学ぶと、聖書は真実を伝えていることが理解できるでしょう。
更新日時:
2005/03/07
聖書に差別語や差別思想がありますが・・・。
 そろそろこういう質問も来る頃かと思っていました。
 当時(今から2000年ほど前)の思想の中に、例えば「重い皮膚病」の人を排除したりたり、子どものない女性を侮蔑するようなことがありました。旧約聖書はそのような時代を背景として、イスラエルの民がどう生きたかの記録でもあります。
 聖書全体を見渡せば分かるとおり、聖書はそのような考えを支持しているのではありません。イエスはそのような世界に派遣されて、差別されている人々に関わって生きたのです。
 聖書の部分的な文言だけで、「聖書に差別語がある、不快語がある」と判断したり、だから聖書は正しくないと決めつけるのは、木を見て森を見ない過ちに向かいかねません。 
更新日時:
2008/08/17
異言についてどのように考えたらよいでしょうか?
私は、「あなたがこのような質問をしたくなるのは何故ですか?」と問い返したくなります。この質問の背後に、あなたの不安や心配が沢山あるように思われます。あなたのために祈っています。
 もしかしたら、あなたは異言を重んじる在り方に疑問をもったり悩んだりなさっているのでしょうか?それとも、あなたの周りにどなたか理解不能のことを言う人がいるのでしょうか。
 私の個人的な見解としては、異言は否定するものではありませんが、あえて積極的に採用すべき事ではなし、異言の有無によってその人の信仰を評価したりすることには賛成できません。
更新日時:
2015/06/03

PAST INDEX FUTURE

ホーム ご案内 どこにある教会? こんな教会です 教会フォトガイド
Q&A 祈りの交わり 教会の結婚式 教会年表 リンク集


Last updated: 2016/1/17
バックミュージックは『日本聖公会聖歌集』第17番
子どもたちの、朝の祈りの歌です。