2009年 目次  タイトルをクリックするとそこへとびます。

「川越市・オッフェンバッハ市姉妹都市提携25周年記念コンサート in Offenbach」

「童謡・唱歌フェスティバル IN 川越 2009」

「風と光と〜篠笛とパントマイムのひととき〜」

高遠さくら祭り にて 「高遠城址公園ライブ演奏」

「月光と横笛のひびき」 いわき遠野(福島県)満月祭にて

「保寧寺布薩会Specialコンサート」

「わらべ唄研修会」にて

和太鼓コンサート「路−みち−」

「桜塾公開講座 横笛コンサート 篠の音」


2008年夏に内モンゴルへ行って広〜〜い空気を吸ってから、
どちらかというとゆったりとしたスパンで気のむくまま寄り道しながらやっていくことにとても魅力を感じてしまう一方で、
2009年は
創立50年を迎えた川越少年少女合唱団の子供達と共に春のドイツ(オッフェンバッハ・ブルックザール)演奏旅行等に同行したこと、
川越プロジェクト第三弾としてパントマイムの清水きよし氏との共演、
五回目の平塚神社公演として鯉沼廣行師をゲストにお迎えしての「篠の音」など
まだまだやりたいことが自分の中に眠っているのを感じることができました。
そしてそのことを実現していく上で、たくさんの方にご協力いただけたことの巡り合わせに、またしても幸せを感じる一年でした。
更に精進して行きたいと思います。


  2009年の演奏活動から

「川越市・オッフェンバッハ市姉妹都市提携25周年記念コンサート」
H21年3月28日(土) マリーエン女学校講堂(ドイツ・オッフェンバッハ)
演奏:マリーエン女学校合唱部
    川越少年少女合唱団
    オッフェンバッハ ユーゲントコーア

帰国後、OffenbachのW.Frei氏よりOffenbachPostの記事をお送りいただきました。

「親善交流コンサート」
H21年3月29日(日)  ブルックザール教会(ドイツ・ブルックザール)
演奏:川越少年少女合唱団
    ブルックザール シュロスシュパッツェン少年合唱団

私は、川越少年少女合唱団と共に、篠笛のソリストとして参加させていただきました。
川越少年少女合唱団のプログラムは以下の通り。


 さくらさくら        日本古謡        三枝成章編曲
 こきりこ          日本古謡        岩河三郎編曲
 砂山           山田耕筰作曲     三枝成章編曲   北原白秋作詞
 荒城の月        瀧廉太郎作曲     岩河三郎編曲   土井晩翠作詞

 青葉の笛        田村虎三作曲     鯉沼廣行編曲
 子守唄メドレー     日本古謡

 ピクニック        チェコ民謡       小林秀雄編曲   萩原英一作詞
 ラデッキー・マーチ   J・シュトラウス作曲  小林秀雄編曲   阪田寛夫作詞
 流浪の民        R・シューマン作曲               石倉小三郎訳詩
 モーツァルトの百面相 W・Aモーツァルト作曲 鈴木輝明編曲  山川啓介作詞
 ハレルヤ        ヘンデル作曲      津川主一編曲・訳詩

指揮・熊谷三
ピアノ・斉藤裕美 立石将章

篠笛は、「さくらさくら」「砂山」にオブリガードを入れ、
「青葉の笛」「子守唄メドレー」のソロ演奏をしました。    

複数団体による、いつ果てるともないステージを飽きることなく聴き入ってくださる聴衆に、音楽の層の厚さを感じました。
ブルックザールでは、H10年に川越へ来日し演奏交流をしたシュロスシュパッツェン少年合唱団の、団員宅へホームステイさせていただきました。
一生懸命に音楽に打ち込む子供達と、それを暖かく見守り支えるたくさんの素敵な大人達、心に残る交流となりました。

そのほか、
「川越少年少女合唱団創立50周年記念コンサート」
H21年6月21日(日) 川越市民会館(埼玉県)

「川越少年少女合唱団ファミリーコンサート」
H21年12月6日(日) 川越市民会館(埼玉県)

にて、川越少年少女合唱団の皆さんとご一緒する機会がありました。


演奏活動について に戻る
トップページへ戻る


又、このご縁がきっかけとなって、
「童謡・唱歌フェスティバル IN 川越 2009」
H21年10月11日(日) 川越市民会館(埼玉県)
に、友笛会(ゆうじょうかい)として、読売文化センター川越教室の皆さんを中心とした生徒さん達と共に出演、
「浜千鳥」「うさぎ」「荒城の月」を演奏しました。

更に友笛会としては、
H21年11月21日(土) 保寧寺(埼玉県騎西町)にて、
発表会&交流会を持ちました。




演奏活動について に戻る
トップページへ戻る



「風と光と〜篠笛とパントマイムのひととき〜」
H21年6月27日(土)14時〜 みよしの幼稚園○ホール(埼玉県川越市)

パントマイムの清水きよしさんとの再演&新作。
今回は梅雨、初夏を意識したプログラムでした。

秘かに名づけた(?)川越プロジェクト、第三弾!!だったのですが、
川越ケーブルTVで、一部ではありますが公演そのものを取り上げていただきました。

公演のチラシはこちらから

「〜篠笛・パントマイム〜 風と光と」
H21年9月6日(日)14時〜  伊那市生涯学習センターホール(長野県)

篠笛教室ができて2年目の伊那市で、清水氏との公演をさせていただきました。
こちらは、月、秋、を意識して作った舞台でした。

篠笛とパントマイムという組み合わせが一般的とは言い難いので、
事前にイメージが湧きにくいというムズカシさがあったようなのですが、
実際にご来場くださった方には好評だったと自負しています。
独特な世界を持った清水氏のストーリー性のあるマイムは、
たくさんの方にぜひその目で体感していただきたい世界です。


演奏活動について に戻る
トップページへ戻る


高遠さくら祭り にて 「高遠城址公園ライブ演奏」
H21年4月20日(月) 11時〜 13時30分〜

伊那市観光協会のホームページはこちらから。さくら祭りの様子をご覧いただけます。

日程が前後しますが、昨年に続いての桜ライブ。今年は残念ながら葉桜となってしまいましたが、
お天気は良く、ずいぶん遠くからわざわざ聴きにいらしてくださった方もありました。

前日4月19日(日)に教室のお稽古が終わった後、
高遠さくらホテルのロビーにて急遽演奏させていただく成り行きとなり、
束の間でしたが、いろいろな出会いもあり、笛一管で何かが起こるワクワクを感じました。
北沢理光さん始め、伊那、高遠の皆様、いつもありがとうございます!!


「チャペルコンサート 横笛 七夕の調べ」
H21年7月7日(火)14時30分〜  三井ガーデンホテル2F チャペル
朝日カルチャーセンター千葉 主催

平成3年〜横笛教室の講師を勤めさせていただいている朝日カルチャーセンター千葉の主催で、
チャペルコンサートをさせていただきました。
雅楽演奏団体・伶楽舎のメンバーで笙奏者の、日比和子さんを賛助出演にお願いして、
テーマはズバリ七夕、夕暮れ〜夜空ということで、数ヶ月楽しいリハーサルを重ねました。
テーマがテーマだけに、すぐに再演、とはなっていないのが現状ですが、
一度で終わるにはちょっともったいないので、ひょっとしたら来年の七夕にまた・・
などと秘かに(?)思っています。


演奏活動について に戻る
トップページへ戻る


「月光と横笛のひびき」 いわき遠野(福島県)満月祭にて
H21年10月3日(土) 18時30分〜 月あかりひろば (入遠野小学校)
演奏:大野利可 坂本真理



各地で笛関係のイベントが多かった秋の満月のこの日、
いわき遠野満月祭実行委員会(遠野産業振興事業協同組合)のお招きで、
坂本真理さんと1時間程度の演奏をしました。
リハーサル中の夕方は強風で曇り空でしたが、本番の演奏中はみごとな満月が顔を出し、
素晴らしい雰囲気でした。
スタッフの皆様の情熱の賜物かもしれません。素敵な一夜でした。
終演後、貴重な自然薯の焼酎も、お話しと共に少々いただきました。ご馳走様でした。


演奏活動について に戻る
トップページへ戻る


「保寧寺布薩会Specialコンサート」
〜篠笛と古筝と御詠歌のコラボレーション 新しい出会いを求めて〜
H21年11月8日(日)13時20分〜



客席にお馴染みの方も多い中、御詠歌との共演という試みをしました。
テーマが「出会い」というのは、とても共鳴できることなので、
いつもこういったことに前向きでいたいと思っています。

演奏活動について に戻る
トップページへ戻る


「わらべ唄研修会」にて
H21年2月28日(土) 森のホール21(千葉県松戸市)内、和室

保寧寺のご縁で知り合った坂本雅子さんのご紹介で、
わらべ唄保育研究会を主催なさっている小林衛巳子先生の研修会で
受講生の皆さんに笛をお聞きいただきました。
とても熱心に場を作ってくださり、最後はわらべ唄と共演、という試みをしました。

会の終了後にお茶をいただきながら、保育に対する皆さんの熱心な姿勢に触れ、
多いに刺激を受けました。大事なものを大事、と言えるこだわりは母の強さだと思いました。


「モンゴルの調べ」懐石料理とともに
H21年1月17日(土)12時30分〜 懐石料理「はせ川」(埼玉県久喜市)

中国の笙、フルス(瓢箪笛)、そしてサックスも演奏する鄭俊忠さんの演奏会にご一緒しました。
鄭さんは、昨年(2008年)内モンゴルでお目にかかり、その後東京で演奏ご一緒しています。。
今回ご一緒した曲は、「敖包相会」「荒城の月」「草原の春」モンゴルの曲、日本の曲・・・
笙や、フルスは民族の響きとでもいうような、独特な味わいがあります。
ちなみに通訳は、古筝が本業のウリアナさんでした。


演奏活動について に戻る
トップページへ戻る


和太鼓コンサート「路−みち−」
H21年2月14日(土)  15時〜 南大塚ホール(東京)

和太鼓奏者 重草由美子さんのコンサート
横笛と大太鼓のための”道樞”(鯉沼廣行作曲)をご一緒させていただきました。


こどものくに保育園(埼玉県入間市)遠足=巾着田(埼玉県日高市)にて
H21年5月23日(土)

お声掛けいただきながら毎回は伺えない子供達の遠足ですが、
今年は佐藤百子さんと一緒に気持ちの良い川原で、
園児と保護者の皆様に二重奏を披露させていただきました。
そして!手作りのお弁当を美味しくいただきました。ご馳走様でした。


埼玉県比企郡川島町伊草祭礼にて獅子舞奉納 
H21年9月13日(日)
伊草獅子舞保存会の皆様との出会いから10年を迎えようとしています。
随分と若い吹き手も育って来たように思います。
今年はひとつの節目として、まだまだ改良の余地はあるものの
ようやく一通りの笛譜を揃えて保存会へお渡しすることができました。
又、「しょうてんかぐら」の復活にも踏み込み始めることができました。
10年かかってようやくご依頼の一端をなんとか捕まえることができたか・・というところでしょうか。





<つるや(埼玉県新座市)>       10月31日(土)@吉田家住宅(埼玉県比企郡小川町)
<きぬたや(東京都八王子市)>    11月 3日(祝)@八王子ノースアンジュ日本閣
<つるや(埼玉県川越市)>       11月23日(祝)@川越東武ホテル
各呉服店主催イベントにて演奏させていただきました。


演奏活動について に戻る
トップページへ戻る


「桜塾公開講座 横笛コンサート 篠の音」
H21年11月27日(金)10時〜  伊勢原公民館(埼玉県川越市)

公民館主催行事にて休憩をはさんでたっぷり二時間、笛の演奏とお話しをさせていただきました。


「大野利可横笛演奏会 篠の音」
H21年12月20日(日)14時〜 ゲスト鯉沼廣行



平塚神社での5回目の演奏会。
いつも多くの皆様においでいただき、ありがとうございます。

いただいたアンケートの中から、毎回お寄せくださる山中靖夫様の
ご感想をご紹介させていただきます。


穏やかな日曜日、忘我のひと時を過ごさせていただき、有難うございました。

さて、当日の新曲「いにしへの」はメロディがはっきりしていて親しみやすく、誰にでも好かれる名曲と思いました。
能管も良かったです。しの笛にはない雰囲気があって何か琴線に触れるものを感じました。
第2部の二重奏はまた格別の醍醐味でした。
お互い後を
追ったり、対立したり、一心同体になったりで、大いに楽しませていただきました。
鯉沼先生にはいつも変わらぬ悠揚せまらぬお姿、笛の音ますます深みが増してきてなんとも言えず心に響いてます。

大野先生にはこれからもご自愛の上、ますますご活躍さますようお祈りいたします。
では、良いお年をお迎え下さい。


師走の空気の中、忙しさの中にも焚き火を囲む地元の方達の雰囲気もどこかしら暖かく、冬の平塚神社で清々しく一年を締めくくらせていただくことができました。
この暖かい気持ちをこれからも大切にしていきたいと思います。


演奏活動について に戻る
トップページへ戻る