共鳴(TOMONARI)

    2015年 目次    タイトルをクリックするとそこへとびます

スペイン アンダルシア地方への旅

桶川市 いなほ保育園/中国蘇州太湖大学堂

CD「いにしへを」  3月20日発売

古箏と篠笛の響き

第2回友笛会伊那教室発表会

横笛のひびき

篠のひびき

まほらいな市民大学

セルリアンタワー能楽堂

ウェスタ川越大ホール


演奏活動について に戻る

トップページへ戻る



H27年3月19日(木)〜3月27日(金)
スペイン アンダルシア地方への旅


ウベダ・コルドバでの2回の交流演奏会と、
セビージャ、グラナダ(アルハンブラ宮殿)、古都トレド、マドリッドでの観光という、スペイン アンダルシア地方への旅、一行23名で行って参りました。

現地の民俗音楽、歌、バンドゥリア、といったものが本当にそこに住んでいる人達と一体となってあるのだということを感じさせていただけた貴重な旅となりました。

交流演奏をさせていただいていつも思うのは、現地で迎えてくださる方達のある幸せです。

笛、鼓、箏といった日本の楽器を携えて行った私達を熱く迎えてくださり、また演奏会後の交流会では私達も着物姿のまま、いざなわれるままに、フラメンコの輪に加わりました。楽しい集いでした。

3月21日




 
 
ウベダ市よりいただいたお土産

3月22日


画:山田浩氏

 

 

 
アルハンブラ宮殿 y 古都トレド


このページの初めに戻る

演奏活動について に戻る

トップページへ戻る


桶川市 いなほ保育園
H27年3月29日(日)卒園式
    8月29日(土)夏祭り
に、伺いました。

話すと長くなりますが、スペイン帰国後の卒園式がご縁で5月に高野山へ足を運び、それがきっかけとなって、

H27年11月27日(金)〜30日(月)
中国蘇州太湖大学堂 へお邪魔いたしました。

降って湧いたようなお話しでしたが、大歓迎していただき、30日のなんと、朝8:30開演で、
子供達や先生方に日本の笛を紹介することができ、幸せな時間でした。謝謝。
以下は、太湖大学堂のHPにご紹介いただいた記事です。
だいぶ以前に天津開発区で演奏した時のコンサートの写真が出てきてびっくりしました!
モンゴル出身の陳先生の馬頭琴と、それから、子供達が日本語で「故郷」を歌ってくれて、一緒に演奏しました。




このページの初めに戻る

演奏活動について に戻る

トップページへ戻る


5枚目のCD「いにしへを」 H27年3月20日 発売しました。

 
 内容についてはこちら。  
 お問い合わせはこちらからどうぞ



 伊草獅子舞笛附が一応の完成をみました。

 2000年から携わらせていただいていた獅子舞の笛附作成、15年かけて、一区切りです。
 9月12日の揃い(前夜祭)に、完成した笛附を奉納させていただきました。感無量です。
 後の方達の為に、少しでもお役に立てれば嬉しいのですが・・・
 永年お世話になりました川島町伊草獅子舞保存会の皆さま、地域の皆様、本当にありがとうございました。
 引き続き、お力になれることがありましたらお声がけいただければ幸いです。


このページの初めに戻る

演奏活動について に戻る

トップページへ戻る



H27年2月11日常陸太田
石倉♪古箏と篠笛の響き
 103スタジオ 新春コンサート
  
常陸財商 宇野さま  大変お世話になりありがとうございました。


H27年2月15日(日) ミニコンサート

戸田市笹目コミュニティセンター お声掛けありがとうございました。
実は埼玉県戸田市は個人的にゆかりある地です。よく知ったお顔にも会えました。


このページの初めに戻る

演奏活動について に戻る

トップページへ戻る


H27年4月12日(日)
第2回友笛会伊那教室発表会
 伊那市生涯学習センターホール

H27年4月13日(月)
高遠城址公園さくら祭り


13日は雨模様で、高遠閣での開催となりました。
発表会は2012年(H24年)以来2度目の開催です。前回同様、埼玉・千葉からのご参加もありました。
前回、さくらが一輪しか咲いていなかったのを、現地・伊那の皆さんが残念がって、是非もう一度!と言ってくださっての実現です。
本当にさくらは毎年違う顔を見せてくれます。雨もまたよし、です。


H27年4月18日(土)14:00〜
中銀ライフケア横浜希望が丘 篠笛コンサート
演奏:大野利可(篠笛・能管)  高木正夫(能楽解説・謡ほか)
ご報告はこちら、中銀ライフケアさまのページをご覧下さい。
http://www.lifecarehome.co.jp/news/%e7%af%a0%e7%ac%9b%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%88/

(上記HPより)

篠笛と能管の演奏者 大野利可さんと、能楽シテ方観世流 高木正夫さんをお招きして、コンサートを行いました。第1部では大野さんの横笛の演奏、第2部では高木さんの謡やお話し、大野さんとの共演を楽しみました。
大野さんの澄んだ笛の音色と、高木さんの朗々とした声が、静かなラウンジに響き渡り、ご入居の皆様は思わず聴きいっておられました。



このページの初めに戻る

演奏活動について に戻る

トップページへ戻る


H27年6月13日(土) 横笛のひびき 愛知県豊川(駅は愛知御津)の大恩寺にて

 

横笛会の重鎮、波多野さんのホームグラウンドにお招きいただきました。
鯉沼師の笛の会、既に七回目の開催だそうで、常連のお客様も多く、さすが・・と思いました。


泊めていただいた呑龍さんは、まるで博物館のように懐かしい匂いのするものがたくさん!楽しいお宿でした。


このページの初めに戻る

演奏活動について に戻る

トップページへ戻る



H27年7月5日(日) 篠のひびき 東京・初台の代々木能舞台にて
 

登録有形文化財でもあり、以前から気になっていた代々木能舞台。
前年の年末に、急であるにもかかわらず幸運にも中を拝見させていただくことができ、虜となりました。
亡き師、一噌幸政師のお名前の入った番組が展示されていたことも感慨深く、ぜひお借りしたいと思いました。
はじめは敷き舞台をお借りして小さな会でも・・・と思いましたが、おそるおそる鯉沼師匠にスケジュールをうかがったところ、客演にお招きできることと相成り、幸運であると共にかなり背筋の伸びる思いで当日を迎えました。



7月の暑さを心配しましたが、当日は小雨模様。たくさんのご来場ありがとうございました。
鯉沼師がとても真摯に取り組んでくださっているのが舞台の上で伝わり、この一瞬一瞬が二度とはない一期一会と感じました。
終演後に過分なお言葉をいただけたのも、自分にとってはこの上なく、感涙ものでした。
こんな機会を、こんな舞台を、こんな時間を、お客様として、スタッフとして、共有してくださった皆様、本当にありがとうございました。


20年ほど前のお教室以来、久しぶりにお目にかかった相澤さまよりいただきましたお便りを、ご許可いただき転載させていただきます。

「篠のひびき」。感動のひとときでした。
素晴らしい音色の中 夢のようでした。

思い出深い曲は言いようもなく懐かしく 初めて聴く曲はその物語を思いつつ
無我の境地で聞き入りました。
本当に素晴らしい演奏会 ありがとうございました。

会場の「代々木能舞台」は都心とは思えない貫禄と静かな佇まいで
古を今に伝える佐渡の能舞台を思い出しました。 
そぼ降る雨が演出効果のよう。終演後も篠の余韻が静かにひびいて
暫く立ち去り難い気持ちでした。

鯉沼先生から親しくお声をいただき 大変うれしく恐縮しております。
20数年前の教室を思い出し その時のお仲間の方達との出会いは、
今もなお幸せな気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました
先生のますますご発展をお祈りいたします。


ほかにも素敵なご感想をお寄せいただいた皆様に心より感謝申し上げます。ますます精進せねば・・


このページの初めに戻る

演奏活動について に戻る

トップページへ戻る


H27年9月29日(火)
まほらいな市民大学 
修了証書授与式 記念公演
大野利可 篠笛の調べ〜響〜
終了生の皆様にとって大切な節目の式典にて、50分間の演奏をさせていただきました。

<演奏曲目>
いにしへを
とんび〜浜千鳥
伊那節
小諸馬子唄
懐かしい日本の歌メドレー
   赤とんぼ・荒城の月・宵待草・鉄道唱歌・故郷・ふるさとの・青葉の笛
鞍馬                       ほか



H27年10月11日(日)13:30〜
世界を奏でる
 おなじみ加須市保寧寺にて。
ピアノの伊藤ルミさんと初共演させていただきました。とても素敵な方です。
和尚さんチョイスの興味深い組合せ?不思議な雰囲気のコンサートだったかもしれません。
和尚さんのご母堂さまの法事も兼ねた会の中でのコンサート。
カッチーニのアヴェマリア・・・言葉にならない想いが溢れます。ますます精進せねば・・・と、また思ってしまいました。


  いつも着付けのお世話になってます、大沼さんと。


このページの初めに戻る

演奏活動について に戻る

トップページへ戻る


H27年12月10日(木)19:00〜セルリアンタワー能楽堂にて  
一噌幸弘プロデュース 能楽堂へ行こう
和笛バロックコンチェルト

 

えらく豪華なメンバー出演のコンサートに関わらせていただきました。
夏頃から準備を始め、単に演奏のみならず一生懸命勤めたつもりですが、課題も・・・またまた、ますます精進せねば・・・です。

このコンサートの為に使用した楽器は、蘭情管の三笨調子、一笨調子、幸弘モデルの能管
いずれも唄用と言える楽器、自分にとってはかなり珍しいパターンでした。

直前の中国行きとあいまって、”音律”ということがず〜〜っと頭の中を駆け巡っています。
音が合うとか合わないとかいうのは、そもそも何だ??みたいなことです。
ヴァイオリン、チェロ、コントラバスなどの弦楽器も、尺八、篠笛などの日本の管楽器も、本来自在に微分音を作り出せる楽器なワケで。

この辺はまだまだ to be continue


このページの初めに戻る

演奏活動について に戻る

トップページへ戻る


H27年10月25日(日)13:00〜ウェスタ川越大ホール
童謡・唱歌フェスティバルIN川越 2015
   友笛会メンバー 出演。演目は川越舟歌 島原の子守唄 通りゃんせ

   会全体としては、童謡・唱歌普及推進連盟 創立10周年記念でもあり、
   川越市に新しくできた、ウェスタ川越大ホール1700名収容、満員御礼でした!。

 


連盟からちょっとイイカンジな写真をいただきました。ありがとうございます!

会の皆様の雄姿も少し。


H27年7月19日(日)
前後しますが、上記、ウェスタ川越大ホール開館記念の一環として
二日間に渡る 川越市総合文化祭 開催 の催しの最後に、
童謡・唱歌普及推進連盟が川越の歴史を織り込んだ舞台を展開しました。
秋の会のプレ企画のようなステージとなりましたが、
短い時間でぎゅっと内容の濃いステージとなり、ご好評いただけたようです。
運営に関わっている皆様のご努力、並大抵ではありません・・・


H27年11月7日(土)14:00〜 友笛会 第10回発表会&交流会 保寧寺



H27年11月23日(祝) 朝日カルチャーセンター千葉 フェスティバル2015 千葉教室の皆様出演。
                演目は 荒城の月、落葉の舞、小諸馬子唄、ひとり、黒田節
                朝日カルチャーセンター千葉については http://www.acc-c.com/music/index.html まで。 



H27年6月14日(日)囃子平成会
H27年10月12日(日)羽衣会
H27年12月27日(日)第六回一噌幸政先生を偲ぶ会
※今年は古典の会がちょっと少なめでした・・・改めてもう一歩しっかりとやりたいと思う今日この頃です。


(H27年12月29日記)


このページの初めに戻る

演奏活動について に戻る

トップページへ戻る