診療内容    


      診療内容のご案内

診療科目 : 小児科、内科、アレルギー科
  当医院は、小児科全般(各種健診や予防接種を含む)と内科全般(胃カメラ等の検査を含む)の他、特に気管支喘息、アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、蕁麻疹、花粉症などのアレルギー疾患の診療に力をいれております。各種アレルギー検査は勿論、食物除去・誘発試験も積極的に実施しております。
 また定期的に近隣のホテルを利用して開催しております喘息教室やアトピー教室(無料)では、院長はじめスタッフ一同が講師となり、分かりやすくアレルギー疾患の基礎からトピックスまで解説し、あらゆる質問にもお答えしております。アレルギー疾患でお悩みの方やアレルギーが疑われる方は、御気軽に御相談下さい。
 内科は、内科全般についての御相談に応じております。現在、高血圧、循環器、骨粗鬆症、糖尿病などの患者様が多い様です。勿論、咽頭炎や気管支炎などの急性炎症性疾患につきましても最善と考えられる診療を行っております。胃カメラは原則として予約制にて実施しておりますが、急患の場合はこの限りではありません。


                担当医

小児科・アレルギー科担当医 理事長   梅野 英輔
日本小児科学会専門医
日本アレルギー学会認定専門医
内科担当医 院長 古山 正大
日本内科学会認定 内科認定医
日本循環器学会認定循環器専門医

 
 
 
 
 
 




  おだいじに!

  当院のアレルギー疾患診療のスタンス

 多くの場合、アレルギーの行進(Allergic march)にたとえられる様に、アレルギーを有する人は、乳児期に食物アレルギーやアトピー性皮膚炎が発症し、幼児期に気管支喘息が、そして学童期にアレルギー性鼻炎や蕁麻疹が出現しやすいという現象が認められます(成人期に発症する喘息、蕁麻疹や花粉症、アトピー性皮膚炎はこの限りではありません)。当院では、両親や兄弟にアレルギー疾患がある場合、既に典型的なアトピー性皮膚炎がある場合や食物によるアレルギーが疑われる小児に対しては、生後4ヶ月頃よりアレルギー検査を行い、必要があると判断した場合には食物や家塵・ダニの除去の方法を指導いたします。
 食物アレルギーの乳児でも1歳ころからは、検査で陽性であっても食べても症状が出なくなる現象が認められる事が多いので(耐性の獲得)、その頃に食物負荷試験(除去していた食物を食べる検査)を行い、除去食療法を解除できるかを評価します。この時点で食べることが出来なくても、数ヵ月毎に負荷試験をくり返して評価します。また、3歳を過ぎても強い反応が出るために食物接種が出来ない小児に対しては、特異的経口耐性誘導療法を試みます。
食物アレルギーに関しては、現時点ではその治療や除去食療法の考え方も日々変化しています。最新の知見と当院独自のデータから最善と思える治療法を実践しています。アトピー性皮膚炎では、抗原の除去の他、スキンケアが重要ですが、人により相性の良い軟膏が違いますので、まず患者様にあった物を探す事からはじめています。
気管支喘息については、アレルギー検査や肺機能検査を行い、治療は勿論、病態や日常生活における注意なども診察時及び上記の喘息教室などで詳しく解説いたしております。アレルギー性鼻炎に対しては薬物療法の他、減感作療法(体質改善)なども感作アレルゲンが少ない場合には実施しています。 
 

Copyright © 2004 梅野小児科内科医院 All rights reserved.