麻雀幻想曲 (アクティブ)

発売:1992年6月6日 メディア:PC98(FD)

−概要&感想−
 主人公リングはとある小国の王子であったが、国を魔女によって滅ぼされ、流浪の身となっていた。彼は修行で麻雀戦士となり、将来を誓い合っていた隣国ロザリアの公女であるタニアに会いにロザリアに向かう。しかしロザリアでは、タニアの結婚相手を麻雀で決める大会が開催されようとしていた。そこで彼もその大会に参加するのであったが…というシナリオのストーリー付き脱衣麻雀ゲーム。

 脱衣麻雀にストーリーが盛り込まれたことによってキャラに対する感情移入度がパワーアップされ、なんとしても倒してやるぞ!とついつい(時間を忘れて)熱くなってしまうこと請け合いである。それにしてもこの主人公、タニアを置いて旅に出るというのはあまりにもあまりじゃないかと思うのだが…。

麻雀幻想曲II (アクティブ)

発売:1993年8月6日 メディア:PC98(FD4枚組)

−概要&感想−
 前作でパートナーのラズベリーを失った主人公リングが、彼女のなきがらを葬ろうとエルフの森へ行く途中、2人の少女にラズベリーを奪われてしまう。しかし、彼女らに再会して話を聞いてみると、ラズベリーを復活させることが可能だという。それには7つの黄金牌を集めなければならないことを聞いた主人公は、情報を収集しながら町を回り黄金牌を集め始めるのだった…というストーリーの脱衣麻雀ゲーム。

 今度は色々ないかさま技が使えるようになっているが、どれも素晴らしく有効という程ではないので、私は牌交換だけを使ってクリアした(難易度はNomal)。相変わらず美麗なCGは見栄えがするし、MIDIの音楽は旋律が綺麗で、脱衣麻雀ゲームには勿体ない気がする(失礼か^^) ところでこのラストシーン、ブレンヒルドの行く末も気にはなるが、何よりリングはタニアを迎えには行かないのか!?(笑)

 あと、このゲームの「トレーニングモード」が実に分かりやすく、初心者が麻雀を勉強するのにぴったりだと思う。ちなみに私はこのゲームの発売より遡ること9年前の1982年にPC−8801の「ウルトラ四人麻雀」(九十九電気)で勉強済。

麻雀幻想曲III (アクティブ)

発売:1995年 メディア:PC98(FD)

−概要&感想−
 前作とは全く雰囲気が変わり、ストーリーが陵辱系っぽくなった(笑) MIDIを使った音楽も秀逸であるが、それ以上にヒロインのオルトリープ姫の性格が最高に素晴らしく、笑いながら?楽しめる作品。こんなおおらかな性格のヒロインって他のエロゲーでもちょっと見たこと無いです(笑) エロシーンはオルトリープ姫のおかげ?で実に濃いが、悲しいかなシーン回想モードが無いのが実に痛い、痛すぎる。

 前作でちょっとキツ目だった強さを考慮したのか、今回のストーリーモードの配牌、ツモは実に甘〜く設定されていて、余裕で満貫以上を狙うことが可能なのでストーリーはサクサク進む。その代わり「段位認定モード」の三段目と免許皆伝モードは激ムズで、私は本物の牌を手元に置いて色々パターンを試しながらようやくクリアした。なお、アクティブのHPにこの段位認定モードの解答がアップされている。

 ストーリーモードはラストシーンのどんでん返しがちょっと唐突なので、事前にそれらしいことを匂わせておくとかの伏線を盛り込むべきだったように思う。(前作と同様)ブレンヒルドがどうなったのか気になるが、それよりもリングは何時タニアを迎えに行くつもりなのか!?(笑)

麻雀でPON! (アクティブ)

発売:1994年2月18日 メディア:PC−98(FD4枚組)
最終更新日 2015.09.25
麻雀でPON! 麻雀でPON! 麻雀でPON!

−概要&感想−
 主人公は「雀鬼」と呼ばれるほどの華麗な麻雀のテクニックを持つ打ち手で、彼に挑戦してくる多くの相手を打ち倒した結果、相手がいなくなってのんびりと麻雀をする毎日であった。そんなある日、女性3姉妹である三女「由佳」、次女「桂子」、長女「真理」の挑戦者が現れた・・・というストーリーの脱衣麻雀ゲーム。

 テーブルゲームでは定評のあるアクティブの脱衣麻雀で、イカサマ技はなくオーソドックスな作り。3回ハコにすると女体クリック式のエッチシーンがある(アニメーションあり)。
 特筆すべきはトレーニングモードで、麻雀の勉強をするのにちょうどいい作り。

(参考文献)
・なし

花よりダンゴ2 (アクティブ)

発売:1993年2月10日 メディア:PC−98(FD3枚組)
最終更新日 2015.09.25
花よりダンゴ2 花よりダンゴ2 花よりダンゴ2

−概要&感想−
 主人公「冬摩」は私立犬神学園の花札部の部長。花札部を潰そうとする生徒会会長から、8人の相手を倒せば部の存続を認め、生徒会長の座を明け渡すとの約束を取り付ける。そこで彼は部員の女の子2人と共に、生徒会長が差し向ける刺客と花札勝負をするのであった・・・というストーリーの脱衣花札ゲーム。「ばかっ花」か「こいこい」で遊ぶことができる。また、ストーリーモードとは別に「対戦ぬぎぬぎモード」があり、こちらは別のご褒美CGが用意されている。

 ストーリーモードでは、主人公と部員の女の子は色々なイカサマ技を持っていて、対戦時にイカサマ技を繰り出すことができる。相手もバシバシいかさま技を使ってくるのでクリアは結構大変。聖少女さんの描くキャラが可愛いく、なんといっても800ラインCGの胸の形が最高です(笑) この頃の聖少女さんの描くCGが一番ツボに来ます!

(参考文献)
・なし


リストへ戻る