プライベートスレイブ (ラクーン)

発売:1994年 メディア:PC−98(FD3枚組)
最終更新日 2015.09.27
プライベートスレイブ プライベートスレイブ プライベートスレイブ


−概要&感想−
 主人公は「女の子の泣き顔」が好きという人には言えない性癖があった。彼には都という彼女がいるが、ごく普通の彼女にそのことを言い出せず、日々悶々としていた。そんなある日、家に妹のクラスメイト「中原 双美」が訪ねてくる。いぶかしんだ主人公であったが、デートして欲しいという申し出を了解して、原宿を歩き回ったのだが、帰りたくないという彼女のセリフに・・・というストーリーのお手軽デジタルノベル。

 エッチな漫画で知られる「海野やよい」さんが原作と原画を手がけている。エッチシーンはアニメーションする。シナリオは単純な作りで、パソコンで表示されるエロ漫画みたいなものである。

−詳細攻略−
 シナリオはほぼ一本道で単純な作りであり、30分もあればクリアできる。なお、クリアするとおまけで海野やよいさんのコメントCGを見ることができる。私が確認したバッドエンドは2つ、サブエンドが1つある(ほかにもあるかもしれないが未見)。

【 スタート 】
部屋

セーラー服姿の女の子「中原 双美」が自宅に来る

原宿でデート

ホテルに連れ込む

(選択肢)
※双美とエッチの時に、
  明るいまま → 陵辱 → 次の日に都が部屋に来て殴られる → バッドエンド
 *暗くする

都が部屋に来る

いきなり修羅場(笑)→主人公がやけど

病院で看護婦「梨穂先輩」から治療

ホテルでエッチ

自宅の前に夫婦?が引っ越し
(※窓をクリックする)

午後に訪問の約束

都が訪ねてくる

選択肢
 *都を選ぶ
  夫婦を選ぶ

都とエッチ

夫婦との会話

(選択肢)
 彼女を紹介してもらう?
  やめとく → 梨穂先輩とエッチ → サブエンディング
 *たのむ

弓野葉月と待ち合わせ

ホテルでエッチ
(※道具を全部使ってしまうと彼女が気絶して救急車が来てバッドエンドになるので程々に)

結城氏と会話
※会話シーンだけ見ると凄く奥深い内容のように思えるが気のせいか(笑)

本心を都に話す

スタッフロール

【 エンディング 】

(参考文献)
・なし


リストへ戻る