お嬢様くらぶ (テクノポリスソフト/DTB software)

発売:1987年4月 メディア:PC88(FD1枚組)
最終更新日 2015.07.01

−概要&感想−
 脱衣大貧民。テレクラ「お嬢様くらぶ」のオーナーである主人公が、ライバル店のオーナーたちと各店の女の子をカードに見立ててゲームをするというストーリー。勝負は全6戦で、各戦で1人ずつ女の子が登場し、1ゲームに勝つたびに女の子が脱いでいく。脱がす途中で見せるはにかんだ顔がなかなか可愛い。なお、このゲームには88版の他に98版もあるが、雑誌で見るとCGが結構異なっているようだ。おまけに付属している本物のトランプのグラフィックは「すみよし ひでかず」氏によるもの。

 テクノポリスソフト誌によると、98版には音楽が入らないかわりに内輪ネタのオマケRPGが入っているらしい。隠しコマンドで出てくるとのこと(未確認情報)。

−攻略指針−
 脱衣の条件は順位アップ(最初は3位からスタート)か1位のみなので、実質、大富豪(1位)をキープしないと服を脱いでくれない。よって「とにかく勝つ!」のみ。ラストステージは妙に手強いので脱がすのは結構難しいかも。CPUは同じ番号のカードをバラで出さない傾向が強いので、序盤に頭を取ったら1枚ずつ出していくとそのまま勝てるパターンが多い。

−裏技−
【 ステージセレクト 】
ゲーム開始時に以下のテンキーを押す
ステージ2 【1】
ステージ3 【2】
ステージ4 【1】+【2】の同時押し
ステージ5 【3】
ステージ6 【1】+【3】の同時押し

【 邪魔くさいお札を取る 】
【CAPS】と【カナ】キーをロックしてプレイ

(参考文献)
・美少女ソフト大全集(テクノポリスソフト)


まじゃべんちゃー ねぎ麻雀 (テクノポリスソフト/ONION soft)

発売:1986年10月 メディア:PC88(FD1枚組)

−概要&感想−
 元々はONIONソフトという同人サークルの作品をテクポリが市販としたもの。タイトルロゴとかが何気に格好良い。同人ゲームにありがちな隠しコマンドが多数搭載されている。ポイントが溜まると積み込み技が使えるがこれが非常に強力で、低ポイントの技(同種牌・パワフル積み込み)でさえ数え役満を狙える。ラストの最終麻雀コーナーでは牌交換のみが使用可能(他の積み込みは無効化されてしまう)。CPUの強さはそこそこ。PC88/98/X1版でCGが全て描き直されている上、X1版は声も入っている。

−裏技−
【 隠しコマンド 】
デモ画面で「*」キーを押すとセレクトメニュー
「−」キーで1部と2部をパス

【 じゃまくさいハートマークを取る 】
スタート時に「p」キーを押して「フッカツノジュモン」モードにする
88版は「ハアト トレロ」、98版は「ハート トレロ」と入力する
X1版は「ハアト キエロ」だそうです。

(※) X1版の情報はこのゲームの原画を描かれた「江南直緒」さんからお寄せ頂きました。ありがとうございます。

(参考文献)
・美少女ソフト大全集(テクノポリスソフト)


まじかるぼっくす(ハート)(テクノポリスソフト)

発売:1989年 メディア:PC98(FD1枚組)
最終更新日 2015.07.01
まじかるぼっくす まじかるぼっくす


−概要&感想−
 2つの箱のアイテムを合わせて、画面の女の子の服を脱がす脱衣神経衰弱ゲーム。N88BASICで作成されている。
キャラが進むにつれ、CPUの思考(?)ルーチンが強烈に強くなり、ラストの飛鳥などになると、こちらが何もさせてもらえないうちに全部の箱を開けられてしまうという凶悪ぶり(その割に飛鳥のキャラのCGが一番イケてないのが何ともはや・・・)。6人の女の子を全員脱がすと簡単なエンディングになり、その後は任意のキャラを選んでプレイすることが可能である。

−攻略−
 キーポイントとなるアイテムは「眼鏡」。これを取ると一定時間、全部のアイテムが丸見えになるので、(まだ空いていなければ)爆弾と悪魔のマークをすかさずチェックすること。
その他、爆弾マークはこちらが取ってしまうと一発でゲームオーバーなので回避、悪魔も引いてしまうと服を3枚も(!)着てしまうので、これも回避すること。

(参考文献)
・美少女ソフト大全集(テクノポリスソフト)


リストへ戻る